【第33回】おんな城主 直虎

●第33回 「嫌われ政次の一生」 2017年8月20日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ なつ (山口紗弥加)
注 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 力也 (真壁刀義)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、もちろん、誰が見ても、小野政次役の
高橋一生さんを選ぶしかないと思うんですが・・・。(笑)

いや、今回の、高橋@政次の最期のシーンは、長年の
大河ドラマの中でも、ある意味、エポックメイキング的な
衝撃的なラストだったような気もしますけどね~!!

まあ、自分としては、処刑される高橋@政次を、陰から
直虎(柴咲コウ)が、涙をこらえて、お経をあげるような
軽いイメージで見ていたんですけど・・・。(フフフ・・・)

いや~!!まさかの、柴咲@直虎自らが、槍を取って、
高橋@政次に最期のとどめを刺す展開とは、想像すら
していなかったですからね~!!(ホントに・・・)

「地獄へ落ちろ、小野但馬、地獄へ」
「ようも、ようも、ここまで、我を欺いてくれたな」
「遠江一、日本一の卑怯者と、未来永劫、
  語り伝えてやるわっ!!」

何か、制作統括の岡本幸江プロデューサーのコメント
によると、お互いを罵り合っているように見えて、実は
「誓いの言葉」になっている、究極のラブシーンだった
ということなんですが・・・。(なるほど・・・)

ここら辺は、脚本担当の森下佳子さんも、一か八かの
思い切った、賭けをしたなぁ~と、その手腕を高く評価
しているのは、私だけではないんでしょうなぁ~!!

Taiga216

Taiga218

Taiga217

しかし、柴咲@直虎に刺された直後、全てを悟り切って、
穏やかに微笑むところなどは、やはり、高橋一生さんの
俳優としてのポテンシャルの高さを、十二分に物語って
いると思うんですが・・・。(凄いですよね・・・)

いや、これだけ、リアルな磔のシーンを見せ付けられて
しまったら、もしも、子供の頃なら、相当なトラウマとして
残ってしまったんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

まあ、今週の放送回が、終了してしまうと、間違いなく
「高橋一生ロス」問題が発生すると、ネット上などでも、
早くから、指摘されていたんですけど・・・。(笑)

この最期の凄い展開を見てしまったら、そんな小さな
問題などは、遙かに超えてしまって、何か、別次元の
領域まで行ってしまった感覚なんでしょうかね!?

個人的には、現在の高橋一生さんが36歳ということで、
たぶん、40歳前後(?)ぐらいで、今度は、大河ドラマの
主役のオファーが必ずあると予想しているんですが・・・。

今から、高橋一生さんに似合う歴史上の人物は、一体
誰なんだろうと思いを巡らせているのは、ファン以外の
方でも、結構、多いような気もしますけどね~!!(笑)

とにかく、今回の小野政次役に関しては、最高の演技を
長いスパンで、たっぷりと見せて頂いたので、また次の
ドラマ(出来ることなら時代劇)での出会いを、楽しみに
待ちたいとは思っております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga219

Taiga221

Taiga222

それから、来年2018年の正月時代劇が、三谷幸喜さん
脚本の「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」に
決まったということですが・・・。

何か、前野良沢や、杉田玄白らによる、「解体新書」の
出版の経緯を描く、いわゆる「蘭学事始」のドラマという
ことで、これは、新春から、かなり期待出来るような気も
しますけどね~!!(ホントに・・・)

・ 前野良沢 (片岡愛之助)
・ 杉田玄白 (新納慎也)
・ 平賀源内 (山本耕史)
・ 田沼意次 (草刈正雄)

ちなみに、主なキャストは、このような感じになっている
ようですが、もちろん、昨年の「真田丸」ファミリーという
ことで、三谷ファンとしても、間違いなく、たまらないもの
があるんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

特に、個人的には、「真田丸」では、あの豊臣秀次役を
大熱演した、新納慎也さんバージョンの杉田玄白役が、
めっちゃ、楽しみなんですけど・・・。

ご本人の公式ブログでも、喜びが伝わって来て、今回の
ドラマを宣伝するために、先週からTwitterも、始められた
そうですからね~!!(フフフ・・・)

あと、正月時代劇の中で、というよりも、三谷作品の中
でも、ある意味、最高傑作と思っているのが、「新選組!!
土方歳三 最期の一日」(2006年)なんですけど・・・。

今回は、その時の、山本耕史&片岡愛之助のコンビも
入っているので、何となく、神ドラマの匂いがプンプンと
するのは、まあ、仕方がないことなんでしょうなぁ~!!

Taiga227

Taiga226

Taiga223

| | コメント (0)

【第32回】おんな城主 直虎

●第32回 「復活の火」 2017年8月13日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ なつ (山口紗弥加)
注 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 虎松 (寺田心)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、やはり、小野政次役の高橋一生さんを
選ぶしかないと思っているんですが・・・。

これで、3週連続ということで、ここら辺は、視聴者サイド
としても、想定内の展開というか、いよいよ、脚本的にも
高橋@政次の最高の見せ場がやって来たと思った方が
イイんでしょうかね!?(フフフ・・・)

何か、最新のインタビュー記事によると、約10カ月間に
及ぶ撮影の終盤では、次第に政次と同化して行く感覚が
あったそうですが・・・。(凄いことですな・・・)

いや、お芝居をしながら、「今が、最高だ!」と思う瞬間も
何回もあったということで、本当に素晴らしい現場を経験
していたんだなぁ~と、見ている側としても、嬉しくなって
しまうような、「神コメント」でしたかね!?(ハハハ・・・)

まあ、小野政次に関しても、井伊谷を乗っ取った悪人とも
言われている中、高橋さんご自身としても、別の視点から
分析されていたようですが・・・。

小野家代々の墓が、直虎と同じ井伊家の菩提寺・龍潭寺
にあることからも、これまでの定説とは、また違った見方も
出来ると語っていましたからね・・・。(なるほど・・・)

もちろん、このようなグレーゾーンの部分を、どのようにして
演じるかが、役者としての真骨頂かと思うんですが・・・。

今回の小野政次役は、脚本的にも、想像していた以上に
見事にハマった配役だったと言えるんでしょうかね!?

Taiga193

Taiga201

Taiga195

また、今週は、その高橋@政次を陰から支える、山口
紗弥加さん演じる、義妹のなつも、なかなか、イイ味を
出していたと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

高橋@政次から、「俺と一緒にならぬか」と言われた後、
ジャストタイミングで、ポロっと流した涙が、妙に印象に
残った人も、多かったのではないかと!?(笑)

何か、山口さんは、台本を読んで、政次という人物は、
無意識のうちに母性本能を刺激する、女性からすると
危険な男性だと思っていたそうで・・・。(ハハハ・・・)

いろいろな意味で、人たらしというか、罪な男ということで、
「悔し~」と思いながら演じていたそうですからね~!!

個人的に、山口紗弥加さんは、今回のなつ役を通して、
また、女優として、新たな魅力が倍増したような感じも
するんですが・・・。(フフフ・・・)

毎年、何本もオファーが来る、各ドラマには欠かすことが
出来ない、名バイプレーヤーということも、十分に納得の
名演技だったなぁ~と、高く評価している次第です・・・。

もちろん、また次回以降の大河ドラマや、別のドラマでも
ぜひ見たいなぁ~と、期待しているファンの方も、たくさん
いると思うんですが・・・。

いや、これだけ、色っぽい雰囲気を出せる女優さんなので、
思い切って、もう一皮剥けてもイイいような気もするんです
けど・・・ここら辺は、どうなんでしょうかね!?(笑)

Taiga190

Taiga191

Taiga192

それから、今週から登場した、本多忠勝役の髙嶋政宏
さんも、気になる存在だったんですが・・・。

今回は、顔見せ程度(?)ということで、もう少し、出番が
あっても、良かったような気もしますけどね~!!(笑)

●大河ドラマでの髙嶋政宏さんの配役

・ 「独眼竜政宗」 (1987年) : 片倉小十郎重綱 役
・ 「毛利元就」 (1997年) : 尼子晴久 役
・ 「利家とまつ」 (2002年) : 徳川家康 役
・ 「八重の桜」 (2013年) : 槇村正直 役

・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 本多忠勝 役

ちなみに、髙嶋政宏さんの過去の大河ドラマの配役は、
このような感じになっているんですけど・・・。

いや、どれもインパクトが強い役どころで、それぞれの
名シーンが脳裏に焼き付いている人も、かなり、多いと
思いますけどね~!!(ホントに・・・)

個人的には、「毛利元就」の尼子晴久役などは、最高に
良かったと、高く評価しているんですが・・・。(フフフ・・・)

最期のシーンで、正室のみつ(岩崎ひろみ)に、毒を盛ら
れて、絞め殺されるところなどは、長年の大河ドラマファン
としても、ちょっと、衝撃的過ぎましたからね~!!(汗)

まあ、今回の本多忠勝役の場合は、昨年の「真田丸」の
藤岡弘、さんバージョンと、比べられてしまうこともあると
思うんですが・・・。

また違った、豪快な忠勝役を見ることが出来るような気も
するので、何とか、少しでも、多くの場面で活躍することを
一応、期待はしております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga187

Taiga188

Taiga196

| | コメント (0)

【第31回】おんな城主 直虎

●第31回 「虎松の首」 2017年8月6日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 奥山六左衛門 (田中美央)
注 中野直之 (矢本悠馬)
△ 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 虎松 (寺田心)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ なつ (山口紗弥加)
△ 亥之助 (荒井雄斗)
△ 中野直久 (山田瑛瑠)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 福蔵 (木下隆行)
△ 富介 (木本武宏)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、先週に引き続き、小野政次役の高橋
一生さんに、差し上げようと思っているんですが・・・。

やはり、井伊家と今川家の間で、大変、難しい演技力が
要求される中、素人目でも、いとも簡単に、こなしている
ように見えるのが、流石の一言なんでしょうかね!?

まあ、今川家の目付役としての表向きの顔と、井伊家の
家臣としての、裏の顔を使い分けをして、視聴者サイドと
しても、ハラハラしている部分もあると思うんですが・・・。

ちょっとした、顔の表情の変化や、微妙な仕草によって、
ここら辺の、細かなニュアンスを伝えて行くのは、俳優と
しても、相当に、難易度が高い演技力が必要とされるん
でしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

いや、先週も書いたように、最近では、その小野政次に
対する評価も、様々な視点からの検証により、いろいろ
と変わって来ているようですが・・・。

当時、武田信玄の駿河侵攻や、徳川家康の遠江侵攻が
始まる危機的な状況下の中で、井伊家を専横することが、
時間的にも、また、物理的にも可能だったのかどうかは、
もう少し、状況証拠を積み上げて行くことも、必要なんで
しょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga176

Taiga179

Taiga178

まあ、このような永禄年間後半の遠江周辺の出来事を
語るには、井伊谷三人衆の行動も、大きく関わって来る
とは思うんですが・・・。

当時、今川家の傘下に入っていた彼らが、どのような
タイミングで離反して、その後、徳川家に付き従ったの
かは、大変、興味深いところですからね~!!

もちろん、目まぐるしく情勢が変化する中、地方の領主
たちも、生き残りを掛けて、厳しい選択を迫られて行く
訳なんですが・・・。

やはり、地政学的にも、有力大名が激突する要衝の地
でもあり、浜名湖沿岸という、経済的にも、重要な地域
の領主たちだったというのは、一応、理解しておくべき
ポイントなんでしょうかね!?(フフフ・・・)

個人的には、この井伊谷三人衆と、小野政次の微妙な
関係性などは、ドラマを展開する上でも、大変、難しい
ハンドリングが必要になって来ると思うんですが・・・。

まあ、これから、小野政次の最期の描写なども含めて、
脚本家・森下佳子さんの、一番の腕の見せどころでは
ないかと期待しております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga181

Taiga182

Taiga186

それから、NHKの公式サイトで募集していた、中野直之
(矢本悠馬)と、奥山六左衛門(田中美央)のコンビ名が、
「ユキロック」に決まったということですが・・・。(笑)

何か、田中美央さんのブログによると、かなり、悩みに
悩んで、本人たちが選んだそうですね・・・。(フフフ・・・)

いや、この二人に関しては、自分も含めて、今回の大河
ドラマで初めて知ったという方も多いと思うんですが・・・。

特に、田中美央さんの、あの味のある演技については、
もう、ドラマには、欠かすことが出来ない存在と言っても
過言ではないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

まあ、今週の場合は、虎松(寺田心)を守って、鳳来寺へ
旅立つシーンなどが、印象に残ったんですけど・・・。

鎖帷子を付けた、完全装備(?)ということで、今までとは
違った凜々しい感じに仕上がっていて、たぶん、メイク的
にも、戦闘仕様になっていたんでしょうかね!?(笑)

Taiga175

Taiga183

Taiga184

| | コメント (0)

【第30回】おんな城主 直虎

●第30回 「潰されざる者」 2017年7月30日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
注 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ カジ (吉田健悟)
△ 福蔵 (木下隆行)
△ 富介 (木本武宏)
△ 八助 (山中崇)
△ 角太郎 (前原滉)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、いろいろと、迷ったんですが、やはり、
重要なシーンでの存在感が目立った、小野政次役の
高橋一生さんに差し上げることにしました・・・。

まあ、ラストでの、「俺を信じろ、信じろ、おとわ」からの
次回予告での、「地獄へは、俺が行く」のセリフ回しで
シビれてしまった人も、多かったと思うんですが・・・。

これは、もしも、高橋@政次が、退場してしまった時の
いわゆる、「高橋一生ロス」は、我々が、想像している
以上に、間違いなく、大きなものになってしまうような
気もしますからね~!!(ホントに・・・)

何か、今年の上半期ブレイク俳優ランキングなどでも、
各世代で、ダントツの第1位ということなんですが・・・。

これから、10月からの朝ドラや、フジの月9などにも
出演が決まっているそうなので、とりあえず、ファンの
皆さんとしても、ホッとしているところもあるんでしょう
かね!?(フフフ・・・)

いや、小野政次に対する、奸臣の通説も、最近では
様々な検証から、見直されているようなので、最期の
描き方なども、大変に興味深い部分なんですが・・・。

まあ、NHKサイドとしても、これぞ、高橋一生という
最高の見せ場を作っていると思うので、ハードルは
超高目で期待している次第です・・・。(ハハハ・・・)

Taiga166

Taiga167

Taiga168

あと、来週、8月4日(金)放送の、「あさイチ」プレミアム
トークコーナーに、その高橋一生さんの出演が決まった
ということですが・・・。(なるほど・・・)

これは、熱烈なファン以外の方でも、とりあえず、録画を
して、チェックしておく必要があるんでしょうかね!?(笑)

いや、自分としては、以前、「スタジオパーク」に出演した
時の印象が強かったので、今回も、密かに期待している
一人なんですが・・・。(フフフ・・・)

この時に、あの「耳をすませば」(1995年)の天沢聖司役の
裏話をしていて、録音が終わった、1週間後に声変わりが
始まって、2週間後には、ガラガラ声になっていたそうです
からね~!!(凄いことですよね・・・)

もちろん、この当時の高橋一生さんは、まだ中学3年生の
14歳だったということで、まさに、間一髪の「奇跡の録音」
だった訳なんですが・・・。

結果的に、「耳をすませば」の出演が、俳優になる一つの
キッカケにもなったそうなので、ある意味、人生の重要な
岐路だったということなんでしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

・第31回 「虎松の首」 (8月6日)
・第32回 「復活の火」 (8月13日)
・第33回 「嫌われ政次の一生」 (8月20日)

ちなみに、今後の「おんな城主 直虎」のサブタイトルに
ついては、このような感じになっているんですけど・・・。

たぶん、これを見る限りでは、高橋一生さんの出演は、
ラスト3回ということなので、十二分に、噛みしめながら
堪能したいとは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga164

Taiga174

Taiga165

また、今週から始まった、海外ドラマ、「女王ヴィクトリア
愛に生きる」も気になっていたので、とりあえず録画して
見ていたんですけど・・・。(フフフ・・・)

これが、ほとんど、予備知識が皆無だったにも関わらず、
なかなか面白い内容で、最後まで、ガン見してしまった
というのが、本音でしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、大まかなストーリーに関しては、あの大英帝国を
長きに渡って治めた、ヴィクトリア女王の若き日の愛と
孤独を描いた歴史ドラマということなんですが・・・。

ヴィクトリア女王役の、女優さん(ジェナ・コールマン)も、
かなり、良い感じに仕上がっているので、それだけでも
見る価値があるような気もするんですが・・・どうなんで
しょうかね!?(ハハハ・・・)

いや、確か、あの「映像の世紀」では、ヴィクトリア女王
の葬儀の映像が流れて、当時イギリスに留学していた
若き日の夏目漱石が、その葬列を見物したことも紹介
されていたんですが・・・。

やはり、ヨーロッパ王室の要とも言われていた、女王が
亡くなったことで、戦争の世紀に突入する歴史の大きな
曲がり角だったんだなぁ~と、改めて、納得してしまった
今日この頃です・・・。

まあ、その女王が、どのように、運命の男性と出会って、
周囲の反対を押し切って結婚に至るまでが、主な内容
かと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

たぶん、ここら辺の19世紀の「ヴィクトリア朝」時代に
興味がある方には、必見のドラマかと思うので、一応、
お薦めだけはしておきます・・・。(笑)

Taiga159

Taiga161

Taiga162

| | コメント (0)

【第29回】おんな城主 直虎

●第29回 「女たちの挽歌」 2017年7月23日放送

◎ しの (貫地谷しほり)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 虎松 (寺田心)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 朝比奈泰勝 (ヨシダ朝)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 武田信玄 (松平健)
△ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、徳川と、井伊との同盟の証に
松下家に嫁ぐことになった、しの(貫地谷しほり)を選ぶ
ことにした訳なんですけど・・・。

やはり、大事な跡継ぎでもある、虎松(寺田心)との母子
関係や、直虎(柴咲コウ)との関わりなど、心情の変化を
見事に演じていたと高く評価をしております・・・。

いや、虎松役を演じている、寺田心くんも、相変わらず、
流石の一言だったんですけど、2008年生まれの9歳に
して、ここまでの演技が出来ることも、ちょっと信じられ
ないことですからね~!!(ホントに・・・)

何か、公式サイトの中で、貫地谷しほりさんが、見た目は
子供で、頭脳は大人のような「名探偵コナン」を見ている
ような感じと答えているんですが・・・。(ハハハ・・・)

今回、改めて、母親役を演じてみて、芸達者なところを
ヒシヒシと感じているんでしょうなぁ~!!(笑)

あと、演出についても、貫地谷@しのが、柴咲@直虎の
おでこを、ピタっと止めるシーンなど、なかなか、面白い
仕草だなぁ~と、思って見ていたんですけど・・・。

ここら辺は、細かなところなんですが、貫地谷しほりさん
の女優としての可愛らしい部分を、十二分に引き出して
いたような感じもしますよね~!!(フフフ・・・)

Taiga145

Taiga144

Taiga143

それから、貫地谷しほりさんと、大河ドラマとの相性の
良さを感じている方も、多いと思うんですが・・・。

●大河ドラマでの貫地谷しほりさんの配役

・ 「風林火山」 (2007年) : ミツ 役
・ 「龍馬伝」 (2010年) : 千葉佐那 役
・ 「八重の桜」 (2013年) : 高木時尾 役
・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : しの 役

やはり、自分も含めて、最初は、「風林火山」のミツ役で
ドップリと、ハマってしまった感じなんでしょうかね!?

いや、考えてみれば、この時の、貫地谷しほりさんは、
まだ22歳で、同年の秋から、朝ドラ「ちりとてちん」の
主役に抜擢される訳なんですが・・・。

ある意味、ミツ役が、結果的に、公開オーディションの
ような形になっていたんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

まあ、今回が、幼い子供の母親役ということで、次回の
大河ドラマで、果たして、どのような役が回って来るのか
今から、非常に楽しみなところなんですけど・・・。(笑)

たぶん、30代半ばぐらいになって、更に演技にも磨きが
掛かって来ると思うので、ここは、ファンの皆さんとともに
首を長くして待つことにしましょう・・・。(ハハハ・・・)

Taiga150

Taiga151

Taiga152

あと、今週は、あやめ役の光浦靖子さんが、ストーリー
の展開上、貫地谷@しのの、「当て馬」(?)的な感じに
なっていたんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、この光浦さん演じる、あやめには、何とか、幸せに
なって貰いたいと思っているは、たぶん、私だけではない
ような気もしますけどね~!!(ホントに・・・)

何か、ネット上では、瀬戸方久(ムロツヨシ)を、婿として
迎える案も出ているようですが・・・。(ハハハ・・・)

まあ、ここまでフリーハンドとして描いてしまうと、完全に
コメディ・パートになってしまいますからね~!!(笑)

いや、父親の、新野左馬助(苅谷俊介)が亡くなった後、
家中を取り仕切って、二人の妹も、無事に嫁がせている
ので、最初から見ている視聴者の方にとっても、かなり
思い入れがあると思うんですが・・・。(フフフ・・・)

もしも、光浦@あやめの花嫁姿を見ることが出来れば、
思わず、感動で目頭が熱くなってしまうのは、必至かと
思うんですけど・・・まあ、ここら辺の冒険は、なかなか
難しいところなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

それでも、寺田心くんたちとは、仲良くなって、帰りには、
一緒に、「大判焼き」などを食べているそうですが・・・。

気持ちは、完全に、親戚のおばちゃん状態だと、ネット
記事には、書いてありましたね・・・。(フフフ・・・)

Taiga155

Taiga156

Taiga158

| | コメント (0)

【第28回】おんな城主 直虎

●第28回 「死の帳面」 2017年7月16日放送

◎ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 今川氏真 (尾上松也)
△ 春 (西原亜希)
△ 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
△ 北条幻庵 (品川徹)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 水野 (長江英和)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)
※ 今川義元 (春風亭昇太)

今週に関しては、サブタイトルの、「死の帳面」にもある
ように、そのまま、「デスノート」とも言うべき、最近では
一番、面白い内容だったと思うんですが・・・。(笑)

やはり、MVPについても、もちろん、寿桂尼役の浅丘
ルリ子さんの圧倒的な存在感にやられてしまったので、
ここは、文句なしに差し上げることにしました・・・。

それにしても、武田信玄役の松平健さんと、寿桂尼役
の浅丘ルリ子さんとの、大物ツーショットを見てしまうと、
何となく、古き良き大河ドラマが、帰って来たような気も
するんですが・・・。(フフフ・・・)

松平@信玄の、「化け物かあのババアは」のセリフに
思わず、ニヤリと笑ってしまったのは、たぶん、私だけ
ではないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

公式サイトのインタビュー記事でも、浅丘ルリ子さんは、
信玄と寿桂尼との対面シーンは、狐と狸の化かし合い
のような感じで、それぞれに、表裏があって、なかなか
面白かったと語っているんですが・・・。

何か、台本のト書きにも、(演技で)とか、(絶対しないと
思いつつ)などと、裏側の心理状態も、詳細に書き込ま
れていたようで、ここら辺の、丁寧なドラマ作りが見応え
のあるシーンに繋がっているんでしょうなぁ~!!

あと、浅丘さんご自身が、もう少し若かったら、ぜひとも
寿桂尼の人生を、大河ドラマでやりたかったとも語って
いたんですが・・・。

永井路子さんの「姫の戦国」という、寿桂尼が主人公の
傑作小説もあるようなので、ここは、NHKの制作サイド
としても、マジで考えても、イイような気もするんですが、
果たして、どうなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga122

Taiga124

Taiga121

あと、今週、初登場だった、武田信玄役の松平健さんも
相変わらず、イイ味を出していたと思うんですが・・・。

たぶん、あの揉み上げ姿に関しては、昔の教科書にも
載っていた、有名な高野山成慶院所蔵の、貫禄のある
肖像画を参考にしていたんでしょうかね!?(笑)

いや、自分達の世代では、あの肖像画=信玄公という
イメージが強いので、全く違和感なく入って行けたとは
思うんですが・・・。(フフフ・・・)

何か、最近では、いろいろと多角的な検証も行われて
いて、教科書などでも、「伝武田信玄像」と書かれるか、
採用を見送られるケースも増えているようですね・・・。

●大河ドラマでの松平健さんの配役

・ 「花神」 (1977年) : 時山直八 役
・ 「草燃える」 (1979年) : 北条義時 役
・ 「峠の群像」 (1982年) : 石野七郎次 役

・ 「元禄繚乱」 (1999年) : 色部又四郎 役
・ 「利家とまつ」 (2002年) : 柴田勝家 役
・ 「義経」 (2005年) : 武蔵坊弁慶 役

・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 武田信玄 役

ちなみに、松平健さんの、大河ドラマでの配役は、この
ような感じになっている訳なんですが・・・。

やはり、個人的に、 「利家とまつ」の柴田勝家役などは、
親父様と呼ばれて、慕われていたこともあって、かなり、
印象に残っている、役どころだったんでしょうかね!?

また、再放送で見た、「草燃える」の北条義時役なども、
強烈に脳裏に焼き付いているんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、最初に登場した頃は、純朴で爽やか青年のような
感じだったんですが、次第に権力を握って行くと、冷徹な
政治家へと変わってしまうところが、大変、興味深い部分
だったと思いますよね~!!(ホントに・・・)

もちろん、今回の武田信玄役でも、大いに期待している
ところなんですが、これまでのイメージを払拭するような
お茶目なマツケン@信玄公を楽しんで見て行きたいとは
思っております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga128

Taiga129

Taiga126

そして、今週は、今川氏真役の尾上松也さんの演技も
素晴らしかったと思うので、準MVPと言っても良かった
と思うんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、これまで、描かれて来た、既存の氏真像を変えて
しまうような、深い内面部分までも演じていたと思うので、
高く評価している人も、多いのではないでしょうかね!?

まあ、浅丘ルリ子さん演じる、祖母の寿桂尼との微妙な
距離感や、複雑な心境の変化なども含めて、十二分に
見応えがあったと思うんですが・・・。

今回は、正室の春(西原亜希)との関係なども、丁寧に
描かれていて、ここら辺も、物語の中に、自然な感じで
入って行けた要因でもあるんでしょうかね!?

いや、尾上@氏真の扇子を、西原@春が直すシーンは、
大変、印象に残るワンカットだったと思うんですが・・・。

自分の中では、西原亜希さんの評価も、うなぎ登りで
急上昇した部分だったと思いますよね~!!(笑)

あと、今週は、今川家に粛清されてしまった、水野役の
長江英和さんも、大河ファンには、おなじみの俳優さん
なんですけど・・・。(フフフ・・・)

やはり、あの「風林火山」(2007年)の本間江州役として
記憶している方も多いと思うので、個人的には、もう少し
重要な場面で、見せ場があっても良かったと思っている
ところなんですが・・・どうなんでしょうかね!?(笑)

Taiga135

Taiga137

Taiga133

| | コメント (0)

【第27回】おんな城主 直虎

●第27回 「気賀を我が手に」 2017年7月9日放送

◎ 龍雲丸 (柳楽優弥)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
△ 大沢基胤 (嶋田久作)
△ 中安兵部 (吉見一豊)
△ 山村修理 (相島一之)
△ 竹田高正 (長尾卓磨)
△ 力也 (真壁刀義)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ カジ (吉田健悟)
△ ゴクウ (前田航基)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、サブタイトルの「気賀を我が手に」にも
あるように、「チーム井伊」として、物語が動いていたと
思うので、一人に絞るのは、なかなか難しいところなん
ですが・・・。

それでも、やはり、ここは、結果的に、城の普請を請け
負うことになった、龍雲丸(柳楽優弥)に差し上げること
にしました・・・。(フフフ・・・)

まあ、今週の場合は、演出的にも、ダイナミックな船上
でのシーンから、今度は、普請する小さな城の模型に
映像が変わるところなど、かなり工夫して撮影していた
とは思うんですが・・・。

その新たに築かれた城のセットなども、細かな部分まで
リアルに、再現されていて、思わず、一体、どのぐらいの
予算が掛かっているんだろうと、余計な、心配をしていた
のは、私だけではないんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

あと、これだけの湿地に築城するには、相当に、杭打ち
などをやって、基礎を固めておかないと、すぐに、傾いて
しまうような気もするんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、たとえ、フィクションとは言えども、龍雲党の様々な
分野での技術レベルの高さは、ある意味、戦国時代最強
と言っても、決して過言ではないんでしょうかね!?(笑)

もちろん、ここまで、ストーリー展開に深く関わってしまうと
龍雲丸の最後をどのように持って行くのか、大変に難しい
ところかと思うんですが・・・。

まあ、ここら辺は、脚本担当の森下佳子さんの、さじ加減
一つで決まると思うので、、大いに期待しながら楽しみに
待つことにしましょう!!(ハハハ・・・)

Taiga102

Taiga103

Taiga104

また、今週は、あれほど、切れる悪役だった、関口氏経
(矢島健一)が、いとも簡単に、瀬戸方久(ムロツヨシ)の
鼻薬に、やられてしまった感じだったんですが・・・。(笑)

いや、あの手この手で、人を籠絡するような役どころは、
やはり、誰が見ても、ムロツヨシさんにドンピシャだった
ような気もしますよね~!!(ハハハ・・・)

この関口氏経という人物に関しては、井伊次郎(直虎)
宛てに、徳政令の実施を求める書状などが残っていて、
もちろん、今川家にとっても、重要な家臣だったことは
間違いないようですが・・・。

特に、地元・蜂前(はちさき)神社に伝わる、関口氏経と
次郎直虎との連署状は有名ということで、現在、直虎の
花押が記された、唯一の古文書ということですね・・・。

そして、浜松市の周辺の地図見て、確認したんですけど、
その蜂前神社は、あの三方ヶ原の古戦場の、すぐ近くに
建っていて、改めて、納得してしまったんですが・・・。

いや、普通に考えても、よく焼けないで、このような重要な
書状が残っていたなぁ~と、地元の人たちが、大切に保管
していたことも、十分に理解することが出来ました・・・。

まあ、これから、武田信玄(松平健)の遠江侵攻によって、
井伊谷も含めて、この地域は、大変な事態が待ち受けて
いる訳なんですが・・・。

また、別の視点から、戦国時代の大きなうねりを俯瞰する
ことが出来ると思うので、ここら辺の展開も、期待しながら
見て行きたいとは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga097

Taiga100

Taiga101

それから、次回予告で、あの品川徹さんが、チラっとだけ
映っていたような気もするんですが、たぶん、北条幻庵役
として、来週から、登場するんでしょうかね!?

● 大河ドラマでの品川徹さんの配役

・ 「元禄繚乱」 (1999年) : 矢頭長助 役
・ 「功名が辻」 (2006年) : 松永久秀 役
・ 「風林火山」 (2007年) : 北条氏綱 役

・ 「八重の桜」 (2013年) : 眼医者 役
・ 「花燃ゆ」 (2015年) : 大深虎之丞 役
・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 北条幻庵 役

やはり、個人的には、「功名が辻」での松永久秀役や、
「風林火山」での、北条氏綱役などが、印象に残って
いるんですが・・・。

もしも、今回、北条幻庵役ということになれば、北条
氏綱とは、兄弟の役ということになるんですね・・・。

いや、自分としては、北条早雲からの、北条五代の
物語などは、今後、大河ドラマとしての大きなテーマ
にもなる、貴重な題材とも思っているんですが・・・。

北条幻庵についても、マニアックなファンが、かなり、
多い人物かと思うので、品川徹さんバージョンとして、
何とか、次へと繋がる、存在感を示して欲しいところ
なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

まあ、「白い巨塔」(2003年)ファンとしては、もう病理学の
大河内教授役として、あまりにも、有名なんですけど・・・。

僅かなカットでも、品川徹さんが登場すれば、画面の中の
空気が、ガラっと変わってしまうような、稀有な俳優さんと
言えるんでしょうかね!?(ホントに・・・)

Taiga090

Taiga091

Taiga105

| | コメント (0)

【第26回】おんな城主 直虎

●第26回 「誰がために城はある」 2017年7月2日放送

◎ 中村与太夫 (本田博太郎)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 伊勢屋 (松尾貴史)
△ 鈴木屋 (前田淳)
△ 熊野屋 (小倉一郎)
△ 舞坂屋 (春海四方)
△ 大沢基胤 (嶋田久作)
△ 中安兵部 (吉見一豊)
△ 山村修理 (相島一之)
△ 竹田高正 (長尾卓磨)
△ 尾藤主膳 (朝倉伸二)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、ストーリーの展開上、誰にする
のか、いろいろと迷ってしまったんですが・・・。(笑)

やはり、気賀の町衆で、元締め的存在の、中村与太夫
(本田博太郎)を選ぶことにしました・・・。(フフフ・・・)

いや、今週は、今川家側が、気賀に城を築き、遠江の
国衆の大沢基胤(嶋田久作)に治めさせる命を出した
ことから、町自体が二つに割れ、大きな騒動になって
しまう内容だったんですが・・・。

気賀の商人たちの、「築城賛成派」と、「築城反対派」の
それぞれの立場の違いなど、なかなか詳細に描かれて
いて、脚本的には、かなり、高く評価したい部分だったで
しょうかね!?(ホントに・・・)

まあ、室町時代から、戦国時代に掛けての、商人たちに
よる中世の地方自治などは、大変に興味深いところでも
あるんですが・・・。

大河ドラマでは、「黄金の日日」(1978年)でも、描かれて
いた、堺の豪商集団の会合衆などは、そのような中でも
特に、有名なものだったんでしょうかね!?(フフフ・・・)

今回の気賀の町の歴史についても、詳しく調べていけば、
ドラマを見る上で、また、違った角度から、新たな発見も
あるとは思うんですが・・・。

例えば、地図を俯瞰して見るだけでも、浜名湖を挟んで、
三河と遠江の超重要な交通の要所だったことは、素人目
にも、すぐに、分かることですからね~!!(ハハハ・・・)

Taiga073

Taiga071

Taiga074

また、今週は、大沢基胤の家臣たちも、新たに登場して、
個性豊かな俳優陣が揃っている感じなんですが・・・。

その中でも、相島一之さんを見るたびに、あの「JIN-仁-」
(2009年)に出て来た、漢方医の人だと、思ってしまうのは、
たぶん、私だけではないんでしょうかね!?(フフフ・・・)

もちろん、今回の脚本担当も、同じ、森下佳子さんという
ことで、ひょっとしたら、何らかの推薦枠も、あったかも(?)
知れないところなんですが・・・。(笑)

画面に登場しただけで、思わず注目してしまう俳優さんも
なかなか珍しいと思うので、今後も、活躍する機会がある
ことを、密かに期待したいとは思っております・・・。

あと、吉見一豊さんも、「軍師官兵衛」(2014年)の吉川
元春役など、もう、大河ドラマでは、おなじみの俳優さん
なんですけど・・・。(フフフ・・・)

先程、過去ログをチェックしたら、第34回の「九州出陣」
(2014年8月24日放送)では、◎MVPを差し上げていた
んですね・・・。(なるほど・・・)

もちろん、このような、芸達者なベテラン俳優陣が、名を
連ねていると、見ていても安心感があるというか、ドラマ
全体にも、幅が出て来ると思うんですが・・・。

今後は、あの井伊谷三人衆との絡みというか、この時期
における、三河&遠江の、各城の攻防戦なども、たぶん、
過去のドラマでは、見ることが出来ない、超マニアックな
部分なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga085

Taiga086

Taiga087

それから、先日、新たなキャストの発表もあって、今後の
楽しみが、更に増えたと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

・ 本多忠勝 (高嶋政宏)
・ 榊原康政 (尾美としのり)
・ 本多正信 (六角精児)
・ 松下源太郎 (古舘寛治)

・ 小野亥之助 (井之脇海)
・ 中野直久 (冨田佳輔)
・ 高瀬 (朝倉あき)

やはり、本多忠勝役の高嶋政宏さんの場合は、昨年の
「真田丸」(2016年)での、あの「藤岡弘、さんバージョン」
との比較もあるので、期待しているファンの方も、多いと
思いますけどね~!!(ハハハ・・・)

まあ、これまでの印象から、かなり、豪快な感じの演技に
なると思うんですが、主君の家康(阿部サダヲ)との関係
なども含めて、個人的には、詳細に、描いて欲しいところ
なんですけど・・・う~ん、どうなんでしょうかね!?(笑)

あと、ちょっと、意外だったのは、本多正信役の六角精児
さんなんですけど、過去の正信役と比べても、タイプ的に
違う感じがして、ここら辺は、逆の意味で、大変、興味深い
部分なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

また、高瀬役に関しては、髙橋ひかるさんから、朝倉あき
さんに替わるということで、ここら辺も、何となく、そのまま
でも、大丈夫だったような気もするんですが・・・。

やはり、今後、虎松(井伊直政)役が、あの菅田将暉さん
に替わった時、現在15歳の、髙橋ひかるさんが、姉役に
なってしまうと、違和感があるので、とりあえず、仕方が
ないところだったんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

Taiga080

Taiga079

Taiga084

| | コメント (0)

【第25回】おんな城主 直虎

●第25回 「材木を抱いて飛べ」 2017年6月25日放送

◎ 井伊直虎 (柴咲コウ)
○ 小野但馬守政次 (高橋一生)
▲ 今川氏真 (尾上松也)
注 関口氏経 (矢島健一)
△ 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
△ 力也 (真壁刀義)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ カジ (吉田健悟)
△ ゴクウ (前田航基)
△ 虎松 (寺田心)
△ 春 (西原亜希)
△ なつ (山口紗弥加)
△ 梅 (梅沢昌代)
△ 祐椿尼 (財前直見)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、素直に主演の井伊直虎(柴咲コウ)を
選んだ訳なんですけど・・・。(フフフ・・・)

やはり、今川から謀反を疑われ、駿府まで申し開きに
行く展開は、このドラマの序盤からの「中核部分」かと
思うので、面白くなるのは、ある意味、お約束の流れ
だったんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

いや、長年の大河ファンとしても、桶狭間の戦い以降、
たぶん、今川家が、あっという間に、衰退してしまった
印象もあったと思うんですが・・・。(ホントに・・・)

ここまで、今川氏真(尾上松也)が、太守として大いに
活躍するストーリーに関しては、かなり、新鮮な感じで
捉えている方も多いんでしょうかね!?(フフフ・・・)

これは、公式サイトでの、尾上松也さんのインタビュー
記事にも載っていたんですが、やはり、桶狭間で父の
義元が亡くなった時点で、今川家が滅亡という解釈は、
ある程度、仕方がないことだったと思うんですが・・・。

後を継いだ氏真の苦悩と生き方は、見る人に何か突き
刺さるものがあるような気がするので、そこら辺を自分
の中で模索して行きたいとは語っていましたね・・・。

いや、個人的には、今回の尾上松也さんの、氏真役に
ついては、それなりに高い評価なんですけど・・・。(笑)

何か、悪役に徹しきれない、ちょっと、お茶目な感じも
して、氏真が出てくると、古き良き王道の大河ドラマが
帰って来たような不思議な安心感があるのは、私だけ
なんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga054

Taiga055

Taiga053

あと、相変わらず、小野政次役の高橋一生さんの演技も
益々、冴え渡っていると思うんですが・・・。(ホントに・・・)

いや、普通に、小野政次が、フェード・アウトしてしまった
あとは、高橋一生さんの沢山のファンの方々も、一斉に
離れてしまう可能性も、大いにあるんでしょうなぁ~!!

何か、2017年の、「上半期ブレイク俳優ランキング」でも、
高橋一生さんは、ダントツの第1位ということですが・・・。

もちろん、大河ファンとしては、「風林火山」(2007年)の
駒井政武役や、「軍師官兵衛」(2014年)での井上九郎
右衛門役などで、既にお馴染みなので、今更感が強い
訳なんですけど・・・。(ハハハ・・・)

まあ、今回の、小野政次役については、過去の配役に
プラスして、得体の知れない凄みのようなものを感じて
いるファンの方も、多いんでしょうかね!?(フフフ・・・)

そして、今週は、その高橋一生さん演じる、小野政次に
密かな思いを寄せている、なつ(山口紗弥加)が大胆な
行動を取って、ちょっと、驚いているんですが・・・。(笑)

山口紗弥加さん、ご自身は、高橋@政次に、抱きつく
シーンについては、かなり緊張して体が動かず、所作
の先生から、「こうやればいいんだよ」と、お手本まで
見せてもらったそうですね・・・。(ハハハ・・・)

たぶん、プロフを見ると、高橋一生さんと、山口紗弥加
さんは、同じ、堀越高校出身ということで、年齢的には、
山口さんの方が、一学年上かと思うんですが・・・。

ここら辺の、昔から、知っているもの、同士ということで、
逆に、親密なシーンなどは、何となく、やり難い部分も
あったんでしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga057

Taiga058

Taiga060

それから、新たな登場人物の発表もあって、個人的には、
めっちゃ、楽しみなんですけど・・・。(ホントに・・・)

・ 武田信玄 (松平健)
・ 於大の方 (栗原小巻)

まあ、松平健さんも、栗原小巻さんも、大河ドラマでは、
もう、お馴染みの、俳優さんなので、既に、ハードルは
超×高目で期待している次第です・・・。(ハハハ・・・)

特に、松平健さんの公式サイトの画像は、ほとんどの
人がイメージしている、「信玄入道」そのままの感じで、
思わず、ニヤリと笑ってしまったんですが・・・。

何か、チーフPのコメントによると、「泰然として力強く、
でもちょっと面白い信玄公を演じて下さっています。」
ということで、松平健さんが持っているコメディ要素が
入っている部分もあるんでしょうかね!?(フフフ・・・)

また、栗原小巻さんの方は、「黄金の日日」(1978年)
での美緒役が、自分としては、もう、完全に、脳裏に
焼き付いている訳なんですけど・・・。

考えてみれば、今から、39年前の作品ということで、
時の流れの早さを、ひしひしと感じている、オールド
ファンの方も、かなり、多いんでしょうかね!?(笑)

あと、於大の方役としては、「徳川家康」(1983年)の
大竹しのぶさんが、印象に残っているんですが・・・。

この時は、幼い家康(竹千代)を産んで、すぐに離別
させられてしまう運命を見事に演じていたと思うので、
今回の、栗原小巻さんバージョンでは、また、違った
感じを楽しみたいと思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga062

Taiga064

Taiga063

| | コメント (0)

【第24回】おんな城主 直虎

●第24回 「さよならだけが人生か?」
 2017年6月18日放送

◎ たけ/梅 (梅沢昌代)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 庵原助右衛門 (山田裕貴)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 桔梗 (吉倉あおい)
△ 桜 (真凛)
△ しの (貫地谷しほり)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 織田信長 (市川海老蔵)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、もちろん、直虎(柴咲コウ)の
長年の乳母だった、たけ(梅沢昌代)を選ぶしかないと
思うんですが・・・。

いや、直虎との最後の別れの場面では、思わずジーン
と来てしまって、ティッシュが必要だった視聴者の方も
多かったんでしょうかね!?(フフフ・・・)

ところが、その数分後に、まさか、まさかのたけの姪の
梅役として再登場ということで、たぶん、先ほどの涙を
返してくれと思ってしまった人は、私だけではないんで
しょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

何か、公式サイトの梅沢昌代さんのインタビュー記事
の中でも、南渓和尚役の小林薫さんから、「俺の涙を
返せ!!」と言われたそうですが・・・。(笑)

いや、ここまで、「大どんでん返し」のストーリー展開で
視聴者サイドを、あっと言わせたと思うので、脚本家の
森下佳子さんをはじめ、担当スタッフの方々も、ガッツ
ポーズが出たんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

個人的にも、初回から、ずっと出続けていた乳母役の
たけが、ここで、フェードアウトしてしまうのは、ちょっと
勿体ないような感じがしていたんですけど・・・。(笑)

予想外の、初号機から→2号機へのモデルチェンジと
いうことで、やはり、梅沢昌代さんの演技プランとして、
どこら辺が変わっているのか!?マニアックな感じで
見て行きたいとは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga048

Taiga049

Taiga051

それから、今週から、織田信長役の市川海老蔵さんが
初登場ということで、楽しみにしていた方も、多かったと
思うんですが・・・。

流石に、画面の空気が、一瞬のうちに変わったというか、
海老蔵さんのオーラのようなものを、十二分に感じ取る
ことは出来ましたかね!?(お見事でございました・・・)

ただし、長年の大河ドラマ・ファンとしては、この時期の
描き方としては、ちょっと、家康に対して、高圧的過ぎる
ような感じもしたんですが・・・。

たぶん、1567年(永禄10年)の時点では、家康を丁重に
迎え入れて、対等な同盟関係だったような気もするので、
まるで家臣のような描写に違和感を持ってしまったのも
仕方がないことなんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

それでも、個人的には、小説&大河での「徳川家康」が
完全に、デフォルト(標準)になっているので、ある意味、
「山岡荘八フィルター」(?)が掛かっているのも、事実
なんですが・・・。(ハハハ・・・)

滝田栄さんが演じる、重厚感溢れる家康像と、今回の
阿部サダヲさんの、家康像とは、新たな解釈の違いで、
別物として見た方がイイんでしょうかね!?(笑)

もちろん、神格化されていない、等身大の家康像という
ことで、スタッフサイドも考えていると思うんですが・・・。

これからの半年間で、どこら辺まで確変して行くのか、
井伊直政(菅田将暉)との関係なども含めて、かなり
期待の出来る部分なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga042

Taiga041

Taiga044

あと、今週は、初登場の、庵原助右衛門(山田裕貴)も、
大変、好印象だったと思うんですが・・・。(ホントに・・・)

何か、山田裕貴さんは、松下常慶役の和田正人さんと
同じ、ナベプロのD-BOYSに所属しているということで、
これからも、様々なドラマで、注目して行くべき俳優さん
なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

ちなみに、この庵原助右衛門という登場人物に関しては、
いろいろ検索してみると、かなり、波瀾万丈の人生だった
ようですが・・・。

今川家の全盛期を築き上げた、あの太原雪斎を輩出した
名門の出身でありながら、その後、8人もの主君に仕える
という、まさに、壮絶な戦国時代のド真ん中を生き抜いて
来た、気骨溢れる武将と言えるんでしょうかね!?

いや、もちろん、後に、井伊直政にも仕えることになる訳
なんですが、すぐに、喧嘩別れをして、井伊家を出奔して
諸国放浪の身になってしまうそうですが・・・。

また、その後、井伊家に再び帰参して、結局、この庵原家
については、代々、彦根藩の井伊家の家老として、栄えて
行くことになるそうですね・・・。(なるほど・・・)

個人的には、この庵原助右衛門(朝昌)の目線から、戦国
時代を俯瞰して見るのも、なかなか、面白い試みのような
気もするんですが・・・。

まあ、スピンオフとしてドラマ化するには、少し、マニアック
過ぎる歴史上の人物なんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga045

Taiga046

Taiga038

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ギャンブル | 映画・テレビ | 芸能・アイドル