« 【第41回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第43回】おんな城主 直虎 »

【第42回】おんな城主 直虎

●第42回 「長篠に立てる柵」 2017年10月22日放送

◎ 井伊万千代 (菅田将暉)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 徳川家康 (阿部サダヲ)
注 本多正信 (六角精児)
△ 小野万福 (井之脇海)
△ 高瀬 (朝倉あき)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 武田勝頼 (奥野瑛太)
△ 徳川信康 (平埜生成)
△ 大久保忠世 (渡辺哲)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 石川数正 (中村織央)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 榊原康政 (尾美としのり)
★ 南渓和尚 (小林薫)
※ 織田信長 (市川海老蔵)

今週のMVPに関しては、いろいろな場面で、見どころが
多かったので、かなり、迷ってしまったんですが・・・。

やはり、井伊万千代(菅田将暉)の、例の「ふんどし姿」の
インパクトが、あまりにも、強烈だったので、ここは素直に
選ぶことにしました・・・。(ハハハ・・・)

いや、過去の大河ドラマでも、ここまで、「色小姓」という
単語まで出して、詳細に描かれたことも、あまり無かった
ような気もするんですが・・・。(ホントに・・・)

まあ、大名クラスの武将の小姓になることは、出世への
「特急券」を得たことにも等しいという、当時の一般的な
裏事情については、ある程度、理解しておくべきなんで
しょうかね!?(フフフ・・・)

もちろん、ドラマの中にも出て来た、武田信玄と高坂弾正、
また、織田信長と前田利家との関係などは、特に有名で、
歴史的な史料でも、描かれていることなんですが・・・。

普通に考えた場合、主君に対して、それだけ、お側近くに
仕えている関係性の方が、家臣として一歩抜け出すには、
重要なことなんでしょうなぁ~!!

それでも、この手のストーリーが、直球で描かれたことに
関しては、大河史に残るようなエポック・メイキングなこと
だったと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

ここら辺は、脚本家の森下佳子さんの思い切った決断を
高く評価したいところでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga052

Taiga055

Taiga064

また、公式サイトに載っていた、中野直之(矢本悠馬)と、
奥山六左衛門(田中美央)の、例の、「ユキロック」コンビ
の対談も、興味深く読ませて頂いたんですけど・・・。

改めて、この二人に関しては、物語の中盤から、終盤に
掛けて、我々が、思っていた以上に、重要なアクセントに
なっていたんだなぁ~と、納得してしまいました・・・。(笑)

何か、田中美央さんは、高橋一生さん演じる、小野政次
役に憧れて、その演技を自分に取り入れて、監督さんに
ダメ出しをされたそうですが・・・。(ハハハ・・・)

高橋一生さんと一緒のシーンの時、「静」の演技で行ける
と思ってやってみたら、監督さんが飛んで来て、「六左さん
それいらない!!」と言われたそうですからね・・・。(笑)

逆に、矢本悠馬さんの方は、高橋一生さんや、市原隼人
さんのクールな感じの芝居を、どんどん取り入れて行った
そうなんですが・・・。(なるほど・・・)

確かに、最初の頃の反抗的な切れキャラが、落ち着いた
感じのカッコ良さに変わって行ったのが、見ていても、よく
分かる部分でしたからね~!!(フフフ・・・)

まあ、今週の市川海老蔵さん演じる織田信長との対面の
場面も、一つの大きな見どころだったと思うんですが・・・。

やはり、田中美央さんの必要以上の大きなリアクションは、
見ていても、面白いなぁ~と、思わず、TV画面に見入って
しまったのは、私だけではないんでしょうかね!?(笑)

Taiga051

Taiga059

Taiga057

あと、今年の大河ドラマも、クランクアップのニュースが
入って来て、主演の柴咲コウさんをはじめ、これまでに
出演して来た、俳優陣の皆さんには、お疲れ様の一言
を贈りたいところなんですが・・・。

記事によると、最後のシーンは、思い出の、浜松市の
「久留女木の棚田」で撮影されたということで、これは
初回から見ているファンの方にとっても、十分に納得
の出来るロケ地だったと思いますよね~!!(笑)

まあ、この棚田の風景の中で、柴咲@直虎が、最後を
迎えるということは、ある程度、想定の範囲内だったと
思うんですが・・・。(フフフ・・・)

主人公が亡くなるまでを描く、いわゆる、大河ドラマの
お約束事項(?)については、別に、変則バージョンを
認めても、イイような気もするんですが・・・ここら辺は、
難しい判断が必要なんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

個人的には、終盤に入って、菅田将暉さんが中心の
直政(万千代)パートが、それなりに、面白いだけに、
もう少し、時間を掛けて、丁寧に描いても良かったと
思っているところなんですが・・・。

ダブル主演とまでは行かなくても、せめて、関ヶ原の
戦いぐらいまで、菅田@直政バージョンで見たかった
なぁ~と、何度も書いているように、ちょっと、不満が
残っている、今日この頃です・・・。(ハハハ・・・)

今後のサブタイトルを見ると、最終回の前の第49回が
「本能寺が変」(?)ということなので、ちょっと、心配な
部分もあるんですけど・・・。(フフフ・・・)

あの市川海老蔵さんの信長だったら、時間のある限り
詳細に描いて欲しいなぁ~と、期待している方も多いと
思いますけどね~!!(いや、ホントに・・・)

Taiga066

Taiga067

Taiga065

|

« 【第41回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第43回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第41回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第43回】おんな城主 直虎 »