« 【第38回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第40回】おんな城主 直虎 »

【第39回】おんな城主 直虎

●第39回 「虎松の野望」 2017年10月1日放送

◎ 松下虎松 (菅田将暉)
○ 奥山亥之助 (井之脇海)
▲ 井伊直虎 (柴咲コウ)
注 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ しの (貫地谷しほり)
△ なつ (山口紗弥加)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 高瀬 (朝倉あき)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 松下源太郎 (古舘寛治)
△ 鷹匠・ノブ (六角精児)
△ 石川数正 (中村織央)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 榊原康政 (尾美としのり)
△ 徳川信康 (平埜生成)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、やはり、松下虎松役の菅田将暉さんを
置いて、他には無いと思うんですが・・・。(ハハハ・・・)

個人的な感想を言うと、脚本的なスケジュールとしては、
今から2カ月ぐらいは、早く登場させても良かったような
気もするんですが・・・どうだったんでしょうかね!?(笑)

いや、本音の部分としては、菅田将暉さん演じる、井伊
直政が主演の大河ドラマでも、全く、問題は無かったと
思っているんですが・・・。(フフフ・・・)

もちろん、この段階で、菅田@虎松が、生きて来るのは、
これまでの、様々な物語の積み重ねがあってこそという
基本的なところは、とりあえず、押さえておくべきなんで
しょうかね!?(ハハハ・・・)

それでも、本格的に登場した初回で、このようにキャラが
立っていて、視聴者サイドを、グッとTV画面に引き付ける
存在感は、流石の一言だったと思うんですが・・・。

直虎役の柴咲コウさんも、今までとは違って、ある程度、
落ち着いた感じで、意識的に一歩引いた演技をしている
ことも、菅田@虎松が、良く見える要因になっているんで
しょうなぁ~!!(ホントに・・・)

まあ、出来ることなら、直政バージョンで、関ヶ原の戦い
ぐらいまでは、描いて欲しいところなんですけど・・・。

直虎が亡くなった、本能寺の変が起こった年で、最終回を
迎えてしまうと、ちょっと、中途半端な感じもするんですが、
ここら辺は、脚本的にも、難しい部分なんでしょうかね!?

Taiga015

Taiga001

Taiga004

それから、奥山亥之助役の井之脇海さんも、良い感じで
仕上がっていて、菅田@虎松を、家臣として絶妙な位置
から、サポートしていると思うんですが・・・。

いや、主演クラスの登場人物の家臣が、ビシっと決まると
見応えが倍増することが、大河ドラマの、お約束事項でも
ありますからね~!!(これは、ホントに・・・)

また、高瀬役の髙橋ひかるさんも、今週から、朝倉あき
さんに替わって、どうなってしまうのか心配していた人も
多かったと思うんですが・・・。

こちらも、比較的、自然な感じで、NEW高瀬にチェンジ
することが出来たと思うので、これからも、今まで通りに
安心して、井伊家ファミリーとして見て行けるような気は
しております・・・。(ハハハ・・・)

そして、菅田@虎松が、井伊を名乗る展開については、
誰が見ても、松下家に対する処遇として、可哀想だった
と思うんですが・・・。

史実的には、跡取りがいなくなった、松下家には、あの
中野直之(矢本悠馬)の次男が、後に、養子として入る
ことになるそうですね・・・。(なるほど・・・)

あと、今週から、登場した、鷹匠・ノブ(本多正信)役の
六角精児さんも、相変わらず、良い味を出していたと
思うんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、昨年の、「真田丸」(2016年)で、本多正信役は、
重厚感溢れる、あの近藤正臣さんが演じているので、
比較して見ることも、一興なんでしょうかね!?(笑)

Taiga006

Taiga007

Taiga008

また、先週から新シリーズが始まった、土曜時代ドラマの
「アシガール」(2017年)も、今後のために、一応、チェック
しておいたんですけど・・・。(笑)

いや、軽~く、見ていたんですけど、これが、想像していた
以上に、なかなか面白かったというのが、第一印象でした
かね!?(ハハハ・・・)

まあ、あの森本梢子さんの少女漫画が原作ということで、
ファンの方も、かなり、多い作品かと思うんですが・・・。

やはり、この手の人気連載漫画をドラマ化する場合は、
ある程度、キャスティングの部分が、重要ということは、
初回~第2回を見て、素人目にもよ~く理解することが
出来ましたよね・・・。(フフフ・・・)

その主演の黒島結菜さんについては、大河ドラマファン
としても、既に、「花燃ゆ」(2015年)の、高杉雅役として
お馴染みかと思うんですが・・・。

今回のドラマも、まずは、内容の方は、置いておいても、
黒島結菜さんの、目映いばかりの演技&可愛らしさを
堪能するドラマと考えるべきなんでしょうかね!?(笑)

個人的には、今回、それなりに、実績を作っておけば、
近いうちに、朝ドラの主演のオファーもあるような気も
するんですが・・・。(フフフ・・・)

ちょっと、今のうちに、◎黒島結菜さんの、単勝馬券を
こっそりと、買っておきたい人は、たぶん、私だけでは
ないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

しかし、それにしても、戦国時代へのタイムスリップもの
(漫画+ドラマ+映画)が、ここまで増えてしまったのも
ビックリする、今日この頃なんですが・・・。(ホントに・・・)

いや、どの作品に関しても、ハズレが少なくて、そこそこ
面白く仕上がってしまうのが、何か、我々の琴線に深く
触れるものがあるんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

Taiga019

Taiga021

Taiga009

|

« 【第38回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第40回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第38回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第40回】おんな城主 直虎 »