« 【第35回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第37回】おんな城主 直虎 »

【第36回】おんな城主 直虎

●第36回 「井伊家最後の日」 2017年9月10日放送

◎ 井伊直虎 (柴咲コウ)
○ 龍雲丸 (柳楽優弥)
▲ 虎松 (寺田心)
注 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ しの (貫地谷しほり)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ なつ (山口紗弥加)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 松下源太郎 (古舘寛治)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 春 (西原亜希)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 於大の方 (栗原小巻)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 北条氏康 (鶴田忍)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、サブタイトルの「井伊家最後の日」にも
あるように、やはり、井伊家の再興を断念した井伊直虎
(柴咲コウ)に差し上げることにしました・・・。

まあ、再興することにより、家臣たちを再び戦に駆り出し、
新たな、悲劇を生んでしまうと考えた末の、苦渋の選択
だった訳なんですが・・・。

ここら辺の、内面的な苦しみや、心の葛藤などを見事に
演じていたと思うので、改めて、柴咲@直虎が持っている
ポテンシャルの高さを実感している次第です・・・。

それでも、まさか、最後に、龍雲丸(柳楽優弥)の告白を
自然な感じで、あっさりと受け入れてしまうとは、完全に
想定外だった訳なんですけど・・・。(ハハハ・・・)

いや、逆に、ここまでぶっ飛んだ脚本になると、清々しい
感じもするので、自分としては、来週以降のストーリーが、
更に楽しみになったような気もするんですが、大河ドラマ
としては、どうだったんでしょうかね!?(フフフ・・・)

まあ、次回予告の映像を見ると、還俗した直虎(とわ)の
髪型が、妙に、印象的だったと思うんですが・・・。

これまでは、尼僧姿と、おかっぱ仕様だったこともあって、
長い髪の感じが、めっちゃ、色っぽく見えたのは、たぶん、
私だけではないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

Taiga262

Taiga265

Taiga266

何か、ネット上などでは、あまりにも、高橋一生さん演じる
小野政次の強烈な最期を描いてしまったので、脚本家の
森下佳子さんの「燃え尽き症候群」(?)との指摘もあった
そうなんですが・・・。(フフフ・・・)

まあ、今週のような、更なる、ビックリ展開になってしまうと、
高橋一生さんの熱烈なファンの方としても、何となく、納得
行かない部分もあるんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

もちろん、架空のキャラとしては、これまでの大河ドラマの
中でも、ワイルドカードとして、自由に活躍している前例も
山ほどある訳なんですが・・・。

ここら辺に関しては、ちょっとでも、「さじ加減」を間違えて
しまうと、ドラマ全体に変な悪影響を及ぼしてしまうことも、
十分に、有り得ることですからね~!!(ホントに・・・)

まあ、あの「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)の中に
出て来た、加納随天(平幹二朗)ぐらいの凄いキャラに
なってしまうと、逆に、大河ファンの脳裏には、ガッツリ
と焼き付いてしまうと思うんですが・・・。(ハハハ・・・)

今回の龍雲丸についても、ここまで来たら、中途半端な
感じではなく、何か、架空のキャラとしては、思い切って
爪跡を残して貰いたいなぁ~と、期待している今日この
頃です・・・。(フフフ・・・)

いや、その点では、松平健さんが演じる、武田信玄公の
マツケンサンバ風、「死によったダンス」などは、十分に
印象に残るものだったとは思うんですが・・・。(笑)

まあ、普通は、ここまでやってしまうと、信玄公を慕って
いる、地元の山梨の方々が、どのように思っているのか
ちょっと、心配になってしまいますけどね~!!(笑)

Taiga269

Taiga270

Taiga271

そして、今週は、家康の生母の於大の方(栗原小巻)が
初登場ということで、注目して見ていた方も、多かったと
思うんですが・・・。

● 大河ドラマでの栗原小巻さんの配役

・ 「三姉妹」 (1967年) : 雪(ヒロインの末妹) 役
・ 「樅ノ木は残った」 (1970年) : たよ 役
・ 「新・平家物語」 (1972年) : 北条政子 役
・ 「黄金の日日」 (1978年) : 美緒 役

・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 於大の方 役

いや、以前にも、書いたように、今回、栗原小巻さんは
あの「黄金の日日」以来、39年ぶりの、大河ドラマへの
出演ということになるんですね~!!(驚)

まあ、今週の場合は、顔見せ程度のワンシーンの登場
だけ(?)だったとは思うんですが・・・。(フフフ・・・)

今後は、瀬名(菜々緒)との関係性など、重要な部分を
担って行くことになるんでしょうかね!?(たぶん・・・)

いや、於大の方に付いて来た侍女などは、新たな波乱
の要因になって行くような気もするんですけど・・・。

この侍女役の佐藤玲さんの公式ブログをチェックしたら、
本日と、次回は、10月1日の放送分に出演予定という
ことで、そこまで、重要なところでは絡むことはないんで
しょうかね!?(どうなんでしょうか!?)

あと、相変わらず、虎松役の寺田心くんは、引いてしまう
ぐらい上手いなぁ~という、印象なんですが・・・。(笑)

柴咲@直虎とのセリフが重なるシーンなどは、9歳にして
ここまで出来るのかと、ちょっと、普通に、驚いてしまった
次第です・・・。(ハハハ・・・)

Taiga273

Taiga274

Taiga275

|

« 【第35回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第37回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第35回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第37回】おんな城主 直虎 »