« 【第36回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第38回】おんな城主 直虎 »

【第37回】おんな城主 直虎

●第37回 「武田が来たりて火を放つ」
 2017年9月17日放送

◎ 井伊直虎 (柴咲コウ)
○ 龍雲丸 (柳楽優弥)
▲ 高瀬 (髙橋ひかる)
注 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ あやめ (光浦靖子)
△ たまき (染野有来)
△ 八助 (山中崇)
△ 角太郎 (前原滉)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 榊原康政 (尾美としのり)
△ 佐久間信盛 (坂西良太)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、それぞれ印象に残るシーンが
多かったので、いろいろと迷ってしまったんですが・・・。

やはり、総合的に判断して、主演の井伊直虎(柴咲コウ)
に差し上げることにしました・・・。

今回は、柴咲@直虎が、井伊谷の一農婦として、平穏な
日々を送っている中、武田軍の、遠江への侵攻が始まり、
再び危機にさらされてしまう内容だったんですが・・・。

甲冑姿になって、近藤康用(橋本じゅん)に、開城を迫る
場面は、なかなか見応えがあったと、高く評価をしている
次第です・・・。(フフフ・・・)

ただし、ストーリーの展開上、大変に重要と思っていた
三方ヶ原の戦いを、ほとんど、スルーしてしまったのが、
ちょっと、勿体ないような気もしたんですが・・・。(笑)

いや、確か、時代考証の小和田哲男先生も、ここら辺は、
特に、専門分野だったと思うので、もう少し、詳細に作り
込んでも良かったですかね!?(ホントに・・・)

もちろん、超有名な、家康が敗走する際に、糞を漏らした
逸話は、ドラマとしても入っていたと思うんですが・・・。

せめて、浜松城まで追って来た、武田軍の山県昌景隊の
動きなどは、ワンカットぐらい映像として挟んで欲しかった
ですかね!?(ハハハ・・・)

Taiga279

Taiga280

Taiga281

あと、今週は、高瀬(髙橋ひかる)の武田の間者としての
正体も、明らかになった回だったと思うんですが・・・。

いや、間者として、ここまで引っ張るなら、武田との伏線の
シーンを、もうちょこっと丁寧に描いた方が、後から効いて
来たような感じもするんですが・・・なかなか、脚本としても
難しい、さじ加減だったんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、確かに、最初に登場した時に、崖によじ登って花を
摘んで来たところなどは、それなりに、間者説を匂わせて
いたと思うんですが・・・。

今から思うと、松下常慶(和田正人)が現れた時の、何か
思わせぶりな、高瀬の表情なども、ここに、繋げるための
長~い伏線だったのかと、納得してしまいました・・・。(笑)

ちなみに、高瀬姫については、史実的に見ても、実在の
人物だったということで、後に、井伊直政の家臣となった
川手良則と結婚するそうですが・・・。

もちろん、直政役が、菅田将暉さんに替わることによって、
その姉役の高瀬姫が、現在15歳の髙橋ひかるさんでは、
ちょっと、ドラマの展開上、見た目の釣り合いが取れない
のも、事実だったんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

まあ、オスカーサイドから、最後に見せ場を作って欲しい
との要望もあったのかも(?)知れませんが・・・。(笑)

個人的には、なかなか、存在感があって、将来性のある
女優さんと評価しているので、また次の作品で出会える
ことを、楽しみに待ちたいとは思っております・・・。

Taiga284

Taiga283

Taiga282

それから、今週から、榊原康政役の尾美としのりさんも
初登場ということで、注目して見ていた方も、多かったと
思うんですが・・・。

・ 「草燃える」 (1979年) : 北条泰時 役
・ 「北条時宗」 (2001年) : 足利利氏 役
・ 「平清盛」 (2012年) : 平維綱 役
・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 榊原康政 役

やはり、オールド・ファンとしては、大河ドラマというよりも、
大林宣彦監督の「転校生」(1982年)、「時をかける少女」
(1983年)、「さびしんぼう」(1985年)などの作品の方が、
記憶に残っているんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、自分としては、「鬼平犯科帳」シリーズの同心役や、
朝ドラ、「あまちゃん」(2013年)での父親役などの印象が
強いんですけど・・・。(フフフ・・・)

とにかく、どのドラマの、どんな役でも、その場の空気に
自然な感じでハマって、絶妙な存在感を醸し出している
稀有な俳優さんと言えるんでしょうかね!?

今回の榊原康政役も、今後、直政役の菅田将暉さんに
深く関わって行く人物だけに、かなり期待しているところ
なんですが・・・。

いまだに、本多忠勝役の、髙嶋政宏さんなど、いわゆる
「徳川四天王」を演じる、俳優陣の出番が、少ないような
気もするので、特に、これから後半の活躍には注目して
見て行きたいとは思っております・・・。(フフフ・・・)

そして、予想していた通りに、瀬戸方久(ムロツヨシ)と、
あやめ(光浦靖子)が結ばれたということで・・・。(笑)

こちらの方は、初回から見ている、コアなファンとしても、
納得の行く展開だったんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga285

Taiga286

Taiga287

|

« 【第36回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第38回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第36回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第38回】おんな城主 直虎 »