« 【第37回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第39回】おんな城主 直虎 »

【第38回】おんな城主 直虎

●第38回 「井伊を共に去りぬ」 2017年9月24日放送

◎ 井伊直虎 (柴咲コウ)
○ 龍雲丸 (柳楽優弥)
▲ 高瀬 (髙橋ひかる)
注 松下虎松 (菅田将暉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 福蔵 (木下隆行)
△ 富介 (木本武宏)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)
※ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)

今週のMVPに関しては、先週に引き続き、いろいろと
面白いシーンが多かったと思うので、迷ってしまった訳
なんですが・・・。(フフフ・・・)

まあ、毎度おなじみ、ここは、無難な落としどころという
ことで、主演の井伊直虎(柴咲コウ)に、差し上げること
にしました・・・。

もちろん、柴咲@直虎が、龍雲丸(柳楽優弥)と一緒に
堺に旅立つストーリー展開は、脚本家の森下佳子さん
のフリーハンドの部分なんですけど・・・。

井伊谷の人々を守ることを中心に考えて来た、直虎の
心情を思う、柳楽@龍雲丸の行動パターンは、何気に
腑に落ちる感じはしましたかね!?(ハハハ・・・)

まあ、個人的には、このまま堺に行った場合の、直虎&
龍雲丸のフィクション部分(?)としての物語を、ぜひとも
書いて欲しかったような気もするんですが・・・。(笑)

いや、今回は、大河ドラマの中で描く、架空の人物像の
難しさということも、一視聴者目線としても、十分に理解
することが出来たとは思っております・・・。(フフフ・・・)

ちなみに、堺に一人で向かった、龍雲丸は、後に、家康
一行の、あの「伊賀越え」に関わって来るかも知れない
との、ネット上での書き込みも見たんですが・・・。

なるほど、そこまで先のことを考えての伏線なら、森下
佳子さんの脚本には、改めて、座布団一枚!!という
感じなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga290

Taiga291

Taiga294

それから、オープニングのクレジットに(回想)ではない
寿桂尼(浅丘ルリ子)とあったので、何となく、不思議な
感じがしていたんですけど・・・。(フフフ・・・)

いや、まさか、武田信玄(松平健)の相手をする遊女が
顔を上がると、寿桂尼だったという、「落ち」は、ちょっと
想定外の展開だったでしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、その前に、今川氏真(尾上松也)が、笙を吹いて
召喚していたシーンもあったので、ピンと来た人もいた
とは思うんですが・・・。

ある意味、今週のMVPは、あの顔を上げたワンカット
だけで、寿桂尼役の、浅丘ルリ子さんに差し上げても
良かったですかね!?(ハハハ・・・)

また、今回は、マツケン@信玄も、想像していた以上に
強烈な印象を残したと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

ネット記事によると、あの信玄のメイクは、見た目よりも
大変ということで、坊主頭に、ヒゲのスタイルになるまで
何と、2時間以上も掛かるそうですからね~!!

それでも、ここまで、お茶目な感じで仕上がった信玄公も
初めて、体験することが出来た感じもするので・・・。(笑)

やはり、ここら辺は、俳優として、様々な引き出しを持って
いる、松平健さんの多彩な部分を、改めて、実感している
人も、多いのではないかと!?(ホントに・・・)

Taiga296

Taiga297

Taiga298

あと、今週は、CS時代劇専門チャンネルで、放送されて
いる、大河ドラマ[総集編]劇場も、ガッツリと見てしまった
訳なんですが・・・。(ハハハ・・・)

今週から、あの「風林火山」(2007年)ということで、何か
久しぶりに、名作を堪能した感じだったでしょうかね!?

まあ、もちろん、今から10年前の作品ということもあって、
出演者の方々も、微妙に若かったと思うんですが・・・。

今回、虎松(寺田心)のお母さん役の貫地谷しほりさんも
当時は、まだ、21歳ということで、妙に、初々しい感じが
ビンビンと伝わって来ましたかね!?(フフフ・・・)

また、武田信玄役の市川亀治郎(現・市川猿之助)さんと、
その弟の、武田信繁役の嘉島典俊さんが、リアル兄弟の
ように、似ていたんだなぁ~と、改めて、驚いているところ
なんですが・・・。(ホントに・・・)

これは、この二人をキャスティングした時点で制作サイド
としても、ある程度、ドンピシャでハマることを、確信して
いたんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

そして、武田家臣の駒井政武役を演じていた、高橋一生
さんも、当時は、まだ、26歳と若いので、まだ見ていない
ファンの方も、必見かと思うんですが・・・。(笑)

長年の大河ファンとしても、今回の小野政次役と比較して
見てみると、また何か、マニアックな新発見があるのかも
知れませんよね~!!(フフフ・・・)

Taiga300

Taiga301

Taiga302

|

« 【第37回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第39回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第37回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第39回】おんな城主 直虎 »