« 【第32回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第34回】おんな城主 直虎 »

【第33回】おんな城主 直虎

●第33回 「嫌われ政次の一生」 2017年8月20日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ なつ (山口紗弥加)
注 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 力也 (真壁刀義)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、もちろん、誰が見ても、小野政次役の
高橋一生さんを選ぶしかないと思うんですが・・・。(笑)

いや、今回の、高橋@政次の最期のシーンは、長年の
大河ドラマの中でも、ある意味、エポックメイキング的な
衝撃的なラストだったような気もしますけどね~!!

まあ、自分としては、処刑される高橋@政次を、陰から
直虎(柴咲コウ)が、涙をこらえて、お経をあげるような
軽いイメージで見ていたんですけど・・・。(フフフ・・・)

いや~!!まさかの、柴咲@直虎自らが、槍を取って、
高橋@政次に最期のとどめを刺す展開とは、想像すら
していなかったですからね~!!(ホントに・・・)

「地獄へ落ちろ、小野但馬、地獄へ」
「ようも、ようも、ここまで、我を欺いてくれたな」
「遠江一、日本一の卑怯者と、未来永劫、
  語り伝えてやるわっ!!」

何か、制作統括の岡本幸江プロデューサーのコメント
によると、お互いを罵り合っているように見えて、実は
「誓いの言葉」になっている、究極のラブシーンだった
ということなんですが・・・。(なるほど・・・)

ここら辺は、脚本担当の森下佳子さんも、一か八かの
思い切った、賭けをしたなぁ~と、その手腕を高く評価
しているのは、私だけではないんでしょうなぁ~!!

Taiga216

Taiga218

Taiga217

しかし、柴咲@直虎に刺された直後、全てを悟り切って、
穏やかに微笑むところなどは、やはり、高橋一生さんの
俳優としてのポテンシャルの高さを、十二分に物語って
いると思うんですが・・・。(凄いですよね・・・)

いや、これだけ、リアルな磔のシーンを見せ付けられて
しまったら、もしも、子供の頃なら、相当なトラウマとして
残ってしまったんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

まあ、今週の放送回が、終了してしまうと、間違いなく
「高橋一生ロス」問題が発生すると、ネット上などでも、
早くから、指摘されていたんですけど・・・。(笑)

この最期の凄い展開を見てしまったら、そんな小さな
問題などは、遙かに超えてしまって、何か、別次元の
領域まで行ってしまった感覚なんでしょうかね!?

個人的には、現在の高橋一生さんが36歳ということで、
たぶん、40歳前後(?)ぐらいで、今度は、大河ドラマの
主役のオファーが必ずあると予想しているんですが・・・。

今から、高橋一生さんに似合う歴史上の人物は、一体
誰なんだろうと思いを巡らせているのは、ファン以外の
方でも、結構、多いような気もしますけどね~!!(笑)

とにかく、今回の小野政次役に関しては、最高の演技を
長いスパンで、たっぷりと見せて頂いたので、また次の
ドラマ(出来ることなら時代劇)での出会いを、楽しみに
待ちたいとは思っております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga219

Taiga221

Taiga222

それから、来年2018年の正月時代劇が、三谷幸喜さん
脚本の「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」に
決まったということですが・・・。

何か、前野良沢や、杉田玄白らによる、「解体新書」の
出版の経緯を描く、いわゆる「蘭学事始」のドラマという
ことで、これは、新春から、かなり期待出来るような気も
しますけどね~!!(ホントに・・・)

・ 前野良沢 (片岡愛之助)
・ 杉田玄白 (新納慎也)
・ 平賀源内 (山本耕史)
・ 田沼意次 (草刈正雄)

ちなみに、主なキャストは、このような感じになっている
ようですが、もちろん、昨年の「真田丸」ファミリーという
ことで、三谷ファンとしても、間違いなく、たまらないもの
があるんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

特に、個人的には、「真田丸」では、あの豊臣秀次役を
大熱演した、新納慎也さんバージョンの杉田玄白役が、
めっちゃ、楽しみなんですけど・・・。

ご本人の公式ブログでも、喜びが伝わって来て、今回の
ドラマを宣伝するために、先週からTwitterも、始められた
そうですからね~!!(フフフ・・・)

あと、正月時代劇の中で、というよりも、三谷作品の中
でも、ある意味、最高傑作と思っているのが、「新選組!!
土方歳三 最期の一日」(2006年)なんですけど・・・。

今回は、その時の、山本耕史&片岡愛之助の名コンビも
入っているので、何となく、「神ドラマ」の匂いがプンプンと
するのは、まあ、当然のことなんでしょうなぁ~!!(笑)

Taiga227

Taiga226

Taiga223

|

« 【第32回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第34回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第32回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第34回】おんな城主 直虎 »