« 【第33回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第35回】おんな城主 直虎 »

【第34回】おんな城主 直虎

●第34回 「隠し港の龍雲丸」 2017年8月27日放送

◎ 龍雲丸 (柳楽優弥)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
注 中野直之 (矢本悠馬)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ なつ (山口紗弥加)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 山村修理 (相島一之)
△ 尾藤主膳 (朝倉伸二)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
△ 力也 (真壁刀義)
△ ゴクウ (前田航基)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ カジ (吉田健悟)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
★ 南渓和尚 (小林薫)
※ 小野但馬守政次 (高橋一生)

今週のMVPは、サブタイトルの「隠し港の龍雲丸」にも
あるように、もちろん、龍雲丸役の柳楽優弥さんに差し
上げようと思っているんですが・・・。

先週、あの高橋一生さんが演じる、小野政次の壮絶な
最期を見てしまった後だけに、また夢落ちとは言えども、
今度は、柳楽@龍雲丸ということで、ちょっと視聴者的
には、キツイものがありましたかね!?(ハハハ・・・)

まあ、堀川城での悲劇については、戦国期に起こった
歴史上の事実でもあるので、ある程度、詳細な感じで
描くべきかとは思うんですが・・・。

やはり、領民なども含まれていたと思うので、森下佳子
さんも、脚本を書く上で、表現方法としては、なかなか、
難しい部分もあったんでしょうかね!?(ホントに・・・)

そこで、架空の龍雲党という、盗賊団の一味を作って、
当時の流れ者や、船乗り、鉱山で働いていたものたち
など、どこからも、束縛されない自由な立場の人々を
あえて、登場させたと思うんですが・・・。

ここら辺は、今週に至るまでの一連の展開の中からも、
ある意味、堀川城に立て籠もって抵抗した人々の象徴
として、考えるべきなんでしょうなぁ~!!

何か、カジ役の吉田健悟さんは、決定稿を読んだ時に、
唐突に無差別な死を与えられ、その中の名もなき一人
として忘れられることに戸惑ったと、ツイートしている訳
なんですが・・・。(なるほど・・・)

いや、このことに関しては、最初から見ている、龍雲党
の熱烈なファンの方でなくても、十分に、同意出来ると
思いますけどね~!!(フフフ・・・)

Taiga230

Taiga231

Taiga232

そして、その徳川軍の堀川城攻めで、何となく、悪役の
ような扱いになってしまった、酒井忠次(みのすけ)なん
ですけど・・・。

いや、これは、長年の大河ドラマ・ファンとしては、納得
行かない人も、多いんでしょうかね!?(フフフ・・・)

まあ、あの「徳川家康」(1983年)の中では、長篠の戦い
の「鳶ヶ巣山攻防戦」などが有名なんですけど・・・。

軍議での、酒井忠次(福田豊土)の発案を、織田信長
(役所広司)が一蹴して、その後、忠次を、密かに呼び
寄せて作戦を決行させたのは、今でも、鮮明に記憶に
残っている、名場面ですからね~!!(ホントに・・・)

たぶん、今後、家康(阿部サダヲ)と、瀬名(菜々緒)や、
嫡男の信康との関係が悪化して行く中、徳川家の家臣
として、大きく関わって行くと思うので、それなりに伏線
として描かれている訳なんですが・・・。

まあ、信長からの詰問を受けた時、弁明の使者として
安土城へと赴くシーンなどは、かなり、重要なシーンの
ような気もするんですけどね~!!(フフフ・・・)

あと、本多忠勝役の、髙嶋政宏さんが、今の段階では、
ちょっと、活躍する場面が少ないような感じもするので、
ここら辺は、宝の持ち腐れにならないように、ぜひとも
お願いしたいとは思っております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga236

Taiga237

Taiga242

それから、時代劇専門チャンネルの大河ドラマ[総集編]
劇場で、「利家とまつ」(2002年)も、久しぶりにガッツリと
見てしまった訳なんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、改めて、今から、15年も前の作品なんだなぁ~と、
何となく、感慨深い気持ちになってしまった、日曜日の夜
でした・・・。(遠い目・・・)

まあ、もちろん、ストーリーの中では、桶狭間の戦いの
シーンなども、当然、描かれていたんですけど・・・。

この時の、今川義元の衣装などを見ると、甲冑などは
身に着けてなくて、完全に京風の貴族のような衣装で
超×厚化粧だったですからね~!!(なるほど・・・)

いや、今川軍の陣中に、十二単を着た、女官のような
感じの人が居たのは、ちょっと、どう見ても、やり過ぎ
だったと思うんですが・・・。(ハハハ・・・)

まあ、その時代によって、歴史上の人物のイメージが
変わって行くのは、ある程度、仕方がないことなんで
しょうなぁ~!!(フフフ・・・)

また、今回、久々に見て、前田利家(唐沢寿明)の弟の
佐脇良之(竹野内豊)が、めっちゃ、カッコ良く描かれて
いたような気もするんですが・・・。

あの三方ヶ原の戦いで、戦死したところなどは、かなり、
印象に残る名場面だったと、今更ながら、高く評価して
いる次第です・・・。(ハハハ・・・)

Taiga234

Taiga241

Taiga245

|

« 【第33回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第35回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第33回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第35回】おんな城主 直虎 »