« 【第27回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第29回】おんな城主 直虎 »

【第28回】おんな城主 直虎

●第28回 「死の帳面」 2017年7月16日放送

◎ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 今川氏真 (尾上松也)
△ 春 (西原亜希)
△ 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
△ 北条幻庵 (品川徹)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 水野 (長江英和)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)
※ 今川義元 (春風亭昇太)

今週に関しては、サブタイトルの、「死の帳面」にもある
ように、そのまま、「デスノート」とも言うべき、最近では
一番、面白い内容だったと思うんですが・・・。(笑)

やはり、MVPについても、もちろん、寿桂尼役の浅丘
ルリ子さんの圧倒的な存在感にやられてしまったので、
ここは、文句なしに差し上げることにしました・・・。

それにしても、武田信玄役の松平健さんと、寿桂尼役
の浅丘ルリ子さんとの、大物ツーショットを見てしまうと、
何となく、古き良き大河ドラマが、帰って来たような気も
するんですが・・・。(フフフ・・・)

松平@信玄の、「化け物かあのババアは」のセリフに
思わず、ニヤリと笑ってしまったのは、たぶん、私だけ
ではないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

公式サイトのインタビュー記事でも、浅丘ルリ子さんは、
信玄と寿桂尼との対面シーンは、狐と狸の化かし合い
のような感じで、それぞれに、表裏があって、なかなか
面白かったと語っているんですが・・・。

何か、台本のト書きにも、(演技で)とか、(絶対しないと
思いつつ)などと、裏側の心理状態も、詳細に書き込ま
れていたようで、ここら辺の、丁寧なドラマ作りが見応え
のあるシーンに繋がっているんでしょうなぁ~!!

あと、浅丘さんご自身が、もう少し若かったら、ぜひとも
寿桂尼の人生を、大河ドラマでやりたかったとも語って
いたんですが・・・。

永井路子さんの「姫の戦国」という、寿桂尼が主人公の
傑作小説もあるようなので、ここは、NHKの制作サイド
としても、マジで考えても、イイような気もするんですが、
果たして、どうなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga122

Taiga124

Taiga121

あと、今週、初登場だった、武田信玄役の松平健さんも
相変わらず、イイ味を出していたと思うんですが・・・。

たぶん、あの揉み上げ姿に関しては、昔の教科書にも
載っていた、有名な高野山成慶院所蔵の、貫禄のある
肖像画を参考にしていたんでしょうかね!?(笑)

いや、自分達の世代では、あの肖像画=信玄公という
イメージが強いので、全く違和感なく入って行けたとは
思うんですが・・・。(フフフ・・・)

何か、最近では、いろいろと多角的な検証も行われて
いて、教科書などでも、「伝武田信玄像」と書かれるか、
採用を見送られるケースも増えているようですね・・・。

●大河ドラマでの松平健さんの配役

・ 「花神」 (1977年) : 時山直八 役
・ 「草燃える」 (1979年) : 北条義時 役
・ 「峠の群像」 (1982年) : 石野七郎次 役

・ 「元禄繚乱」 (1999年) : 色部又四郎 役
・ 「利家とまつ」 (2002年) : 柴田勝家 役
・ 「義経」 (2005年) : 武蔵坊弁慶 役

・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 武田信玄 役

ちなみに、松平健さんの、大河ドラマでの配役は、この
ような感じになっている訳なんですが・・・。

やはり、個人的に、 「利家とまつ」の柴田勝家役などは、
親父様と呼ばれて、慕われていたこともあって、かなり、
印象に残っている、役どころだったんでしょうかね!?

また、再放送で見た、「草燃える」の北条義時役なども、
強烈に脳裏に焼き付いているんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、最初に登場した頃は、純朴で爽やか青年のような
感じだったんですが、次第に権力を握って行くと、冷徹な
政治家へと変わってしまうところが、大変、興味深い部分
だったと思いますよね~!!(ホントに・・・)

もちろん、今回の武田信玄役でも、大いに期待している
ところなんですが、これまでのイメージを払拭するような
お茶目なマツケン@信玄公を楽しんで見て行きたいとは
思っております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga128

Taiga129

Taiga126

そして、今週は、今川氏真役の尾上松也さんの演技も
素晴らしかったと思うので、準MVPと言っても良かった
と思うんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、これまで、描かれて来た、既存の氏真像を変えて
しまうような、深い内面部分までも演じていたと思うので、
高く評価している人も、多いのではないでしょうかね!?

まあ、浅丘ルリ子さん演じる、祖母の寿桂尼との微妙な
距離感や、複雑な心境の変化なども含めて、十二分に
見応えがあったと思うんですが・・・。

今回は、正室の春(西原亜希)との関係なども、丁寧に
描かれていて、ここら辺も、物語の中に、自然な感じで
入って行けた要因でもあるんでしょうかね!?

いや、尾上@氏真の扇子を、西原@春が直すシーンは、
大変、印象に残るワンカットだったと思うんですが・・・。

自分の中では、西原亜希さんの評価も、うなぎ登りで
急上昇した部分だったと思いますよね~!!(笑)

あと、今週は、今川家に粛清されてしまった、水野役の
長江英和さんも、大河ファンには、おなじみの俳優さん
なんですけど・・・。(フフフ・・・)

やはり、あの「風林火山」(2007年)の本間江州役として
記憶している方も多いと思うので、個人的には、もう少し
重要な場面で、見せ場があっても良かったと思っている
ところなんですが・・・どうなんでしょうかね!?(笑)

Taiga135

Taiga137

Taiga133

|

« 【第27回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第29回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第27回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第29回】おんな城主 直虎 »