« 【第23回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第25回】おんな城主 直虎 »

【第24回】おんな城主 直虎

●第24回 「さよならだけが人生か?」
 2017年6月18日放送

◎ たけ/梅 (梅沢昌代)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 庵原助右衛門 (山田裕貴)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 桔梗 (吉倉あおい)
△ 桜 (真凛)
△ しの (貫地谷しほり)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 織田信長 (市川海老蔵)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、もちろん、直虎(柴咲コウ)の
長年の乳母だった、たけ(梅沢昌代)を選ぶしかないと
思うんですが・・・。

いや、直虎との最後の別れの場面では、思わずジーン
と来てしまって、ティッシュが必要だった視聴者の方も
多かったんでしょうかね!?(フフフ・・・)

ところが、その数分後に、まさか、まさかのたけの姪の
梅役として再登場ということで、たぶん、先ほどの涙を
返してくれと思ってしまった人は、私だけではないんで
しょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

何か、公式サイトの梅沢昌代さんのインタビュー記事
の中でも、南渓和尚役の小林薫さんから、「俺の涙を
返せ!!」と言われたそうですが・・・。(笑)

いや、ここまで、「大どんでん返し」のストーリー展開で
視聴者サイドを、あっと言わせたと思うので、脚本家の
森下佳子さんをはじめ、担当スタッフの方々も、ガッツ
ポーズが出たんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

個人的にも、初回から、ずっと出続けていた乳母役の
たけが、ここで、フェードアウトしてしまうのは、ちょっと
勿体ないような感じがしていたんですけど・・・。(笑)

予想外の、初号機から→2号機へのモデルチェンジと
いうことで、やはり、梅沢昌代さんの演技プランとして、
どこら辺が変わっているのか!?マニアックな感じで
見て行きたいとは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga048

Taiga049

Taiga051

それから、今週から、織田信長役の市川海老蔵さんが
初登場ということで、楽しみにしていた方も、多かったと
思うんですが・・・。

流石に、画面の空気が、一瞬のうちに変わったというか、
海老蔵さんのオーラのようなものを、十二分に感じ取る
ことは出来ましたかね!?(お見事でございました・・・)

ただし、長年の大河ドラマ・ファンとしては、この時期の
描き方としては、ちょっと、家康に対して、高圧的過ぎる
ような感じもしたんですが・・・。

たぶん、1567年(永禄10年)の時点では、家康を丁重に
迎え入れて、対等な同盟関係だったような気もするので、
まるで家臣のような描写に違和感を持ってしまったのも
仕方がないことなんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

それでも、個人的には、小説&大河での「徳川家康」が
完全に、デフォルト(標準)になっているので、ある意味、
「山岡荘八フィルター」(?)が掛かっているのも、事実
なんですが・・・。(ハハハ・・・)

滝田栄さんが演じる、重厚感溢れる家康像と、今回の
阿部サダヲさんの、家康像とは、新たな解釈の違いで、
別物として見た方がイイんでしょうかね!?(笑)

もちろん、神格化されていない、等身大の家康像という
ことで、スタッフサイドも考えていると思うんですが・・・。

これからの半年間で、どこら辺まで確変して行くのか、
井伊直政(菅田将暉)との関係なども含めて、かなり
期待の出来る部分なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga042

Taiga041

Taiga044

あと、今週は、初登場の、庵原助右衛門(山田裕貴)も、
大変、好印象だったと思うんですが・・・。(ホントに・・・)

何か、山田裕貴さんは、松下常慶役の和田正人さんと
同じ、ナベプロのD-BOYSに所属しているということで、
これからも、様々なドラマで、注目して行くべき俳優さん
なんでしょうかね!?(フフフ・・・)

ちなみに、この庵原助右衛門という登場人物に関しては、
いろいろ検索してみると、かなり、波瀾万丈の人生だった
ようですが・・・。

今川家の全盛期を築き上げた、あの太原雪斎を輩出した
名門の出身でありながら、その後、8人もの主君に仕える
という、まさに、壮絶な戦国時代のド真ん中を生き抜いて
来た、気骨溢れる武将と言えるんでしょうかね!?

いや、もちろん、後に、井伊直政にも仕えることになる訳
なんですが、すぐに、喧嘩別れをして、井伊家を出奔して
諸国放浪の身になってしまうそうですが・・・。

また、その後、井伊家に再び帰参して、結局、この庵原家
については、代々、彦根藩の井伊家の家老として、栄えて
行くことになるそうですね・・・。(なるほど・・・)

個人的には、この庵原助右衛門(朝昌)の目線から、戦国
時代を俯瞰して見るのも、なかなか、面白い試みのような
気もするんですが・・・。

まあ、スピンオフとしてドラマ化するには、少し、マニアック
過ぎる歴史上の人物なんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga045

Taiga046

Taiga038

|

« 【第23回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第25回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第23回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第25回】おんな城主 直虎 »