« 【第18回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第20回】おんな城主 直虎 »

【第19回】おんな城主 直虎

●第19回 「罪と罰」 2017年5月14日放送

◎ 井伊直虎 (柴咲コウ)
○ 小野但馬守政次 (高橋一生)
▲ 旅の男 (柳楽優弥)
注 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 昊天 (小松和重)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、いろいろと面白い場面が多かったので、
迷ってしまったんですが、ここは素直に主演の井伊直虎
(柴咲コウ)に差し上げることにしました・・・。

いや、ストーリーの主な内容としては、近隣の近藤家や、
井伊家領内の山の木々を盗伐されて、その犯人を捕獲
する一連の流れだったと思うんですが・・・。

物語の本筋からは、ちょっと逸れてしまった展開にしては、
なかなか、各シーンが、興味深く描かれていて、最後まで
画面に見入ってしまったのは、たぶん、私だけではないん
でしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、その中でも、近藤康用役の橋本じゅんさんなどは、
めっちゃ個性的で、ある意味、「出落ち」のような感じで
描かれていたと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

これから、井伊谷三人衆の面々は、直虎たちにとっても、
大きな影響力を持って行くと思うので、あえて濃いキャラ
仕様に設定したのは、ドラマにアクセントを加えるという
ことでも、大正解だったと思いますけどね~!!(笑)

ちなみに、公式サイトに載っていた、橋本じゅんさんの
インタビュー記事によると、近藤康用の衣装は、すねの
部分にも武器が入っている完全装備のようですが・・・。

何か、全ての支度が終了するまで、2時間も掛かるそう
なので、改めて、俳優陣&スタッフサイドの苦労が、よく
分かりますよね~!!(ホントに・・・)

Taiga001_4

Taiga002

Taiga003

また、最後の方で、直親の娘であることを名乗る、少女が
登場して、その場の空気が変わってしまったんですが・・・。

やはり、この謎の少女役の高瀬を演じる、髙橋ひかるさん
に関しては、初の大河ドラマ出演ということで、美味しい役
を貰ったなぁ~という、印象が強いんでしょうかね!?

●髙橋ひかる

・ 生年月日 : 2001年9月22日 (15歳)
・ 出生地 : 滋賀県
・ 血液型 : O型
・ 事務所 : オスカープロモーション
・ 全日本国民的美少女コンテスト : グランプリ受賞

まあ、2014年の国民的美少女コンテストでのグランプリ
受賞ということで、もちろん、事務所サイドとしても金の
卵として、大事に育てている最中かと思うんですが・・・。

2012年にグランプリを受賞した、吉本実憂さんも、あの
「軍師官兵衛」(2014年)では、黒田長政(松坂桃李)の
側室役として、大河デビューを果たしているので、最近
では、受賞=即出演という、セットで覚えておいた方が
イイんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

いや、もちろん、ルーツを探ってみると同じオスカー所属
としては、元祖・国民的美少女の後藤久美子さんが有名
なんですけど・・・。

まあ、あの「独眼竜政宗」(1987年)の愛姫(少女期)役は、
今となっては、その後の「美少女枠」の立ち位置を決める
伝説の配役だったんでしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

Taiga006

Taiga007

Taiga008

ちなみに、主演である直虎役の柴咲コウさんが、1981年
生まれの現在35歳ということなので、15歳の髙橋ひかる
さんとは、母娘ほどの年齢差がある訳なんですが・・・。

このキャリアの差を、どのように画面の中から探り出して
見て行くのか、ここら辺は、マニアックな目線でも楽しみな
部分ではないでしょうかね!?(フフフ・・・)

まあ、寿桂尼役の浅丘ルリ子さんのことなどを考えると、
1940年生まれで、現在、76歳ということなので、ここまで
行ってしまうと、もう、キャリアの差とか言ってる場合では
ないんですけど・・・。(凄いですよね・・・)

やはり、同じ舞台に立ってしまうと、そこにはベテランや
新人の区別はない、お互いに、真剣勝負の場になって
しまう感じなんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

あと、来週のKEYポイントとして、元許嫁VS元妻という
ことが、書いてあったんですけど、個人的には、もう少し
脚本的には、女同士のドロドロ感を出しても、イイような
気もするんですが・・・。

まあ、ここら辺の、「さじ加減」を間違えてしまうと、作品
全体のイメージにも影響して来るので、なかなか冒険は
出来ないものなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

自分としては、このような微妙なところをサラっと描いて
しまうのは、内館牧子さんあたりは、大河ドラマなどでも
上手いなぁ~と、思って見ていたんですけど・・・。

今度、時代劇専門チャンネルで、「毛利元就」(1997年)の
総集編が放送されるようなので、女同士の様々な確執も
含めて、楽しみに拝見したいと思っております・・・。(笑)

Taiga009

Taiga010

Taiga011

|

« 【第18回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第20回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第18回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第20回】おんな城主 直虎 »