« 【第20回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第22回】おんな城主 直虎 »

【第21回】おんな城主 直虎

●第21回 「ぬしの名は」 2017年5月28日放送

◎ 井伊直虎 (柴咲コウ)
○ 旅の男 (柳楽優弥)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ たけ (梅沢昌代)
△ 力也 (真壁刀義)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ カジ (吉田健悟)
△ ゴクウ (前田航基)
△ たまき (染野有来)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 中村与太夫 (本田博太郎)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、井伊直虎(柴咲コウ)か、旅の男
(柳楽優弥)かで、迷ってしまったんですけど・・・。

まあ、今回は、トータル的に見て、主演である、柴咲@直虎
の方に、差し上げることにしました・・・。(笑)

個人的には、架空の登場人物でもある、盗賊団のかしらを
中心としたストーリーだっただけに、もう少し、派手な感じで
冒険しても良かったと思っているんですが・・・。

いや、これまでの作品と比べてみても、残念ながら、何となく、
柳楽優弥さんの配役としての魅力が出ていないような感じが
しているのは、たぶん、私だけではないんでしょうなぁ~!!

まあ、以前に、「信長協奏曲」(2014年)では、織田信行役を
熱演していて、柴咲コウさんとも共演しているんですが・・・。

この時の存在感は、見ていても半端なくて、思わず、画面に
釘付けになってしまいましたからね~!!(ホントに・・・)

いや、それでも、まだ、現時点では、この盗賊団のかしらの
名前が分かっただけの展開で、井伊家の人々との関わりに
ついては、これから膨らませて行くと思うんですが・・・。

大河ドラマ全体の流れとして見ても、中盤での大変重要な
部分かと思うので、やはり、ここら辺は、脚本担当でもある
森下佳子さんの、お手並み拝見と言ったところなんでしょう
かね!?(フフフ・・・)

Taiga026

Taiga031

Taiga032

あと、盗賊団の、龍雲丸の配下の中に、めっちゃ可愛い
女の子がいたような気がするんですが・・・。(笑)

OPのクレジットでは、染野有来(そめのゆら)さんという
ことですが、一瞬の登場でも、この娘は、誰なんだろうと
視聴者サイドに印象付けただけで、大河ドラマとしては
大正解だったと思いますけどね~!!(ハハハ・・・)

何か、染野有来さんは、ジュノンガールズコンテストで
グランプリを獲得して、現在、売り出し中の、若手女優
とのことですが・・・。(なるほど・・・)

高瀬役の髙橋ひかるさんなども含め、将来有望な若手
俳優陣と出会うことも、ある意味、大河ドラマの醍醐味
と言えることですからね~!!(ハハハ・・・)

いや、最近では、「平清盛」(2012年)で、源頼朝役を
演じた、当時14歳だった中川大志くんが、「真田丸」
(2016年)では、イケメンの豊臣秀頼役として、戻って
来た、素晴らしい前例もあるので・・・。

これから、数年後には、髙橋ひかるさんや、染野有来
さんなども、今度は、もう少し、色っぽい役どころとして
見たいような感じもしますかね!?(フフフ・・・)

まあ、長年のマニアックな、大河ドラマ・ファンとしては、
このような、カムバック・サーモン方式(?)を心待ちに
しているところも、多分にあるので・・・。(ハハハ・・・)

大河ドラマで育った俳優さんが、もう一度、大河ドラマで
花を咲かせることは、ある意味、視聴者への恩返しとも
言えることなんでしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

Taiga027

Taiga028

Taiga029

それから、今週は、気賀の有力な町衆の中村与太夫を
演じる、本田博太郎さんも登場して、ストーリー全体にも
更なる、幅が出て来たと思うんですが・・・。

やはり、大河ドラマには、「花神」(1977年)から出演して
いる大ベテランで、一癖も二癖もある難しい役をサラっと
演じてしまう印象が強いんでしょうかね!?(笑)

● 大河ドラマでの本田博太郎さんの配役

・ 「花神」 (1977年) : 高橋熊太郎 役
・ 「黄金の日日」 (1978年) : 番頭 役
・ 「徳川家康」 (1983年) : 本多正純 役
・ 「信長 KING OF ZIPANGU」 (1992年) : 荒木村重 役

・ 「元禄繚乱」 (1999年) : 稲葉正休 役
・ 「武蔵 MUSASHI」 (2003年) : 田口玄竜 役
・ 「龍馬伝」 (2010年) : 小曽根乾堂 役
・ 「花燃ゆ」 (2015年) : 富永有隣 役

・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 中村与太夫 役

特に、最近では、 「花燃ゆ」(2015年)での富永有隣役
などは、記憶に新しいところなんですが・・・。

牢獄に収監されている囚人役ということで、ここら辺は、
本田博太郎さんの怪演なしには、語れない部分だった
と思いますからね~!!(ハハハ・・・)

何か、今回の中村与太夫役も、自ら台本を読んでから
衣装用のスケッチを描いて、そのプランが100%採用
されたそうですが・・・。(なるほど・・・)

いや、衣装の段階から、役作りをしている、俳優さんも
なかなか、珍しいような気もするんですが、その配役に
対する、細かな、こだわりに関しては、半端ない感じが
ビンビンと伝わって来ますからね~!!

とにかく、気賀の町のオープンセットも、素人目に見ても
かなりの予算を掛けているような感じもするので、今後、
中盤以降のストーリーには、ハードル高目で期待したい
とは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga030

Taiga033

Taiga035

|

« 【第20回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第22回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第20回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第22回】おんな城主 直虎 »