« 【第19回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第21回】おんな城主 直虎 »

【第20回】おんな城主 直虎

●第20回 「第三の女」 2017年5月21日放送

◎ 高瀬 (髙橋ひかる)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 しの (貫地谷しほり)
△ なつ (山口紗弥加)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 虎松 (寺田心)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ たけ (梅沢昌代)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 旅の男 (柳楽優弥)
△ 昊天 (小松和重)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、サブタイトルの「第三の女」にも
あるように、直親(三浦春馬)の娘と名乗って、井伊谷に
やって来た少女、高瀬(髙橋ひかる)に差し上げることに
しました・・・。

まあ、もちろん、デビューして間もない15歳ということで、
まだ、多少、ぎこちない部分も、あったとは思うんですが、
ここは、これからの、期待値も含めての評価ということで
自分としては、一応、納得はしている次第です・・・。(笑)

いや、ちょっとした、信州弁のイントネーションなどは、
見た目以上に難しかったと思うので、それなりに苦労
していた感じもするんですが・・・。

全体の流れの中で見ても、何となく、独特の空気感を
醸し出していたので、とりあえず、今回、大河ドラマの
初出演としては、十分に及第点だったとは思っており
ます・・・。(フフフ・・・)

ちなみに、この高瀬姫は、後に、史実的には、異母弟の
直政の家臣となった、川手良則という人物に嫁ぐことに
なるそうですが・・・。(なるほど・・・)

これから、ストーリー的にも、どのぐらいの出演回数が
あるのか、マニアックなファン目線としても、大変、興味
深いものがありますからね~!!(ハハハ・・・)

いや、現時点では、幼い直政役の寺田心くんが8歳で、
今後、青年期の直政役を演じる24歳の菅田将暉さん
に変わってから、姉弟の実年齢が逆転現象を起こして
しまうことになるんですが・・・。

ここら辺の、微妙な見た目の違和感は、ドラマ全体の
流れからも、重要な部分かと思うので、この高瀬姫に
関しては、ある程度、ワンポイントの出演と考えた方が
イイんでしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga013

Taiga012

Taiga014

それから、今週は、高瀬の一件で、直虎(柴咲コウ)と、
しの(貫地谷しほり)との、絆が深まるという、ある意味、
大変、重要な回だったと思うんですが・・・。

いや、既に亡くなってフェードアウトした準主役クラスの
登場人物を、ここまでディスった脚本も、なかなか珍しい
ことだったと思いますけどね~!!(ハハハ・・・)

何か、貫地谷しほりさんの、インタビュー記事によると、
この高瀬が、絡んで来る話の台本を貰った時は、まだ
三浦春馬さんが演じる直親との撮影中だったとのこと
ですが・・・。

三浦春馬さんご自身も、「ちょっと、役作りが変わって
来るな」と言っていたそうですが、あの笑顔も根本的に
変わって来てしまいますからね~!!(ハハハ・・・)

特に、「俺は、しのに井伊を捧げる」という、シーンでは、
その合間に、複雑な表情をされていたようですが・・・。

いや、脚本家の森下佳子さんのイケメンに対して持って
いる逆説的なイメージというか、実際には真理をついて
いる感じもするので、ここら辺は、女性にしか書けない
部分でもあるんでしょうなぁ~!!(笑)

ちなみに、しの(貫地谷しほり)については、今後の展開
に関して言うと、あの松下常慶(和田正人)の兄の松下
清景と再婚することになるようですが・・・。

やはり、その後、直政が家康に仕えることになる、第一
ステップとして考えた場合は、歴史的に見ても、重要な
出来事だったと言えるんでしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga015

Taiga016

Taiga017

そして、先週も書いたように、「おんな城主 直虎」を見た
後は、時代劇専門チャンネルで「毛利元就」(1997年)の
総集編をガッツリと楽しんでしまったんですが・・・。

まあ、本音を言うと、総集編では、ちょっと、物足りない
ところもあるんですが、それなりに、美味しいシーンは、
十二分に堪能することは出来たでしょうかね!?(笑)

いや、特に、尼子経久役の緒形拳さんの存在感には、
何度見ても、釘付けになってしまうと思うんですが・・・。

当時、60歳の還暦を迎えようとしている、緒形拳さんの
演技としては、元就役だった、当時32歳の中村橋之助
(現・中村芝翫)さんを、圧倒していたことは、ある程度、
仕方がないことだったんでしょうなぁ~!!(笑)

あと、今回の、「おんな城主 直虎」では、ナレーションを
担当している中村梅雀さんが、この時は元就の家臣の
志道広良役を好演しているんですが・・・。

いや、当時、まだ42歳と、若かったということもあって、
颯爽としていて、めっちゃカッコ良いイメージもあるので、
まだ見ていない方には、ぜひとも、お薦めの人物として
紹介しておきます・・・。(ハハハ・・・)

あとは、小早川家家臣の、椋梨景勝役の舟木一夫さん
なども、個人的には、大好きなんですけど・・・。(笑)

とにかく、脚本家の内館牧子さんの腕が冴えマクって
いるので、やはり、全50話のフルサイズで、もう一度、
楽しみたい作品でもありますかね!?(フフフ・・・)

Taiga020

Taiga022

Taiga024

|

« 【第19回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第21回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第19回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第21回】おんな城主 直虎 »