« 【第15回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第17回】おんな城主 直虎 »

【第16回】おんな城主 直虎

●第16回 「綿毛の案」 2017年4月23日放送

◎ 中野直之 (矢本悠馬)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 旅の男 (柳楽優弥)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ なつ (山口紗弥加)
△ しの (貫地谷しほり)
△ 商人 (飯尾和樹)
△ 僧侶 (やす)
△ 山伏 (G.G.佐藤)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 昊天 (小松和重)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、井伊直虎(柴咲コウ)と行動を
共にする、井伊家家臣の中野直之(矢本悠馬)を選んだ
訳なんですけど・・・。

やはり、同じく、家臣の奥山六左衛門(田中美央)と共に、
回を重ねるごとに、次第にキャラが立って来て、ドラマの
全体の流れの中でも、大変に、重要なアクセントになって
いますよね~!!(ホントに・・・)

まあ、基本的なキャラ設定については、直之が、武勇に
優れた短気な性格で、六左衛門が、情にもろく気が長い
性格という、全く正反対で、視聴者的にも、非常に分かり
易い仕様になっているんですが・・・。(フフフ・・・)

ある意味、漫才コンビのような、ボケと、ツッコミの要素も
入っていて、過去の大河ドラマと比べてみても、なかなか
面白いパターンだと言えるんでしょうかね!?(笑)

いや、過去の作品では、黒澤映画の「隠し砦の三悪人」
(1958年)の中に出て来た、千秋実さんと、藤原釜足さん
のコンビ設定が、あまりにも有名なんですけど・・・。

後に、「スター・ウォーズ」(1977年)の、C-3POと、R2-D2の
モデルになったことは、今更、説明するまでもないことです
からね~!!(フフフ・・・)

まあ、今回の直之と六左衛門の二人に関しても、ここまでの
有名どころと、対等に張り合うのは、なかなか難しいことかと
思うんですが・・・。(ハハハ・・・)

逆に、柴咲コウさん演じる、直虎との3人組として考えた場合、
新たな見どころは、十分に作り上げることが出来ると思うので
ハードルは超高目で、期待している次第です・・・。(笑)

Taiga058

Taiga059

Taiga060

また、今週から登場した、龍雲丸役の柳楽優弥さんも、
大変、注目しながら見ていたんですけど・・・。

まずは、ちょっとだけ、顔見せ程度の出演ということで、
とりあえず、理解すべきだったんでしょうかね!?(笑)

それでも、何か、柳楽さんが持っている独特の空気感
というか、その場を圧倒するような、雰囲気をビンビン
と醸し出していて、思わず、TV画面に釘付けになって
しまったのは、私だけではないんでしょうなぁ~!!

以前にも書いたように、個人的に、柳楽優弥さんには、
架空のオリジナル・キャラではなくて、実際の歴史上の
登場人物で、主役とガチで対峙するキレキレの悪役を
お願いしたかったんですけど・・・。

この龍雲丸一派が、一体、どのように直虎&井伊家に
関わって来るのか、やはり、ここら辺に関しては、当然、
脚本担当の森下佳子さんが持っているフリーハンドの
部分に頼ることになるんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

過去の大河ドラマでも、「武田信玄」(1988年)の、八重
(小川真由美)や、「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)
の、加納随天(平幹二朗)など、架空のキャラが立って
いる作品にハズレはないと思っているんですが・・・。

この柳楽優弥さん演じる龍雲丸も、何となく、長年の勘で
実際に作品の評価を左右するような、重要な存在になる
予感もしている今日この頃です・・・。(フフフ・・・)

Taiga062

Taiga063

Taiga072

あと、オープニングのクレジットを見て、お笑いコンビの
ずんの飯尾和樹さんと、やすさんの二人が気になって
いた方も、多かったと思うんですが・・・。(笑)

いや、登場した時に、あまりにもキャラ設定が濃過ぎて、
一瞬、出落ちのような感じになっていたのは、気のせい
だったんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

また、西武ライオンズファンとしては、あのG.G.佐藤さん
の名前を見て、妙に、ワクワク感が止まらなかったのも
事実だったんですが・・・。(フフフ・・・)

出来ることなら、もう少し、柴咲@直虎との絡みがあれば
良かったんですけど、まあ、大河ドラマ、初出演としては、
仕方がないところだったんでしょうかね!?(笑)

それから、小野家に戻った、なつ役の山口紗弥加さんの
立ち位置も、なかなか物語の中で美味しい役どころでは
ないかと思って見ているんですが・・・。

もちろん、今後、義理の兄でもある小野政次(高橋一生)と
恋愛感情のようなものが生まれて来ると思うので、楽しみな
部分でもあるんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、ここら辺の、「さじ加減」を間違えてしまうと、微妙な
感じにもなってしまうので、脚本&演出としても、ある意味、
重要な腕の見せどころと言えるんでしょうなぁ~!!(笑)

Taiga066

Taiga070

Taiga068

|

« 【第15回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第17回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第15回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第17回】おんな城主 直虎 »