« 【第11回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第13回】おんな城主 直虎 »

【第12回】おんな城主 直虎

●第12回 「おんな城主直虎」 2017年3月26日放送

◎ 次郎法師 (柴咲コウ)
○ 小野但馬守政次 (高橋一生)
▲ 井伊直親 (三浦春馬)
注 祐椿尼 (財前直見)
△ しの (貫地谷しほり)
△ なつ (山口紗弥加)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 今村藤七郎 (芹澤興人)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 中野直由 (筧利夫)
△ 新野左馬助 (苅谷俊介)
△ 井伊直平 (前田吟)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、サブタイトルの「おんな城主直虎」にも
あるように、もちろん、主演の柴咲コウさんに差し上げ
ようと思っているところなんですが・・・。

やはり、おんな城主となって登場する、最後のワンカット
のシーンに、序盤の3カ月分のストーリーが、全て凝縮
されていたような感じもしましたよね~!!

まあ、例の「ハマーン・カーン仕様」の、おかっぱの髪型
については、予告編の映像でも、何度も見ていたので、
多少、今更感もあった訳なんですが・・・。(フフフ・・・)

当然、最初に見た時と、12話分を全てコンプリートした
後では、かなり、イメージ的に違った印象を受けたのは、
自分の中でも、不思議な感覚だったでしょうかね!?

あと、今週は、小野政次(高橋一生)が、ダークサイドに
落ちてしまった感じで、いよいよ、満を持して井伊谷へと
戻って来る展開だったんですが・・・。

相変わらず、高橋一生さんの役作りというか、演技面でも
最初の頃とは、全く、違った感じになっていて、これはもう、
流石と言うしかないんでしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

いや、個人的に、高橋一生さんは、良い人イメージがある
だけに、ストーリー的には、悪役の方が、逆に、バッチリと
決まってしまう印象もあるんですが・・・。(笑)

これから、中盤の物語が生きて来るのは、ある意味、小野
政次の存在に掛かっていると思うので、更に期待しながら
見て行こうとは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga292

Taiga293

Taiga291

そして、今週は、今後の井伊家にとって大きな影響力を
持つことになる、いわゆる、「井伊谷三人衆」も登場して、
ストーリー的にも、幅が出て来たと思うんですが・・・。

● 井伊谷三人衆

・ 鈴木重時 (菅原大吉)
・ 近藤康用 (橋本じゅん)
・ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)

まあ、演じる側も、なかなか、渋い俳優陣を選んでいて、
たぶん、どこかで、一度見たことがあるなぁ~と、ピンと
来た人も、多かったんでしょうかね!?(フフフ・・・)

ちなみに、鈴木重時役の菅原大吉さんは、あの朝ドラの
「あまちゃん」(2013年)で、渡辺えりさんの旦那さん役で
地元でブティックを経営している設定でしたよね・・・。

近藤康用役の橋本じゅんさんは、大河ではお馴染みで、
「風林火山」(2007年)の常田隆永役などは、特に印象に
残っている配役だったでしょうか!?

あと、菅沼忠久役の阪田マサノブさんは、「信長協奏曲」
(2014年)の丹羽長秀役として、記憶に新しいところなん
ですが、何となく、思わず見入ってしまうような、面白い
俳優さんですよね~!!(フフフ・・・)

いや、今後、この井伊谷三人衆が、果たしてドラマの中で
どこまで活躍するのかは、まだ分かりませんが・・・。(笑)

徳川家康が遠州に勢力を伸ばして行く、足掛かりにもなる
中心的な人物たちなので、歴史学的にも、大変、興味深い
ところですよね~!!(ホントに・・・)

しかし、公式サイトの登場人物の相関図を見ると、既に
死去して、白黒の画像に変わっている人たちが、増えて
いて、妙に、寂しい限りなんですが・・・。(フフフ・・・)

何か、例年以上に、主役サイドで、簡単にフェードアウト
してしまう登場人物が多いような気がするのは、私だけ
なんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga281

Taiga280

Taiga289

それから、来年の大河ドラマ、「西郷どん」(2018年)の
準主役とも言える、大久保利通役に、あの瑛太さんが
抜擢されたそうですが・・・。

いや、考えてみれば、「篤姫」(2008年)での肝付尚五郎
(小松帯刀)役以来、10年ぶりの大河出演ということで、
改めて、時の流れの早さに驚いているファンの方も多い
と思いますけどね~!!(フフフ・・・)

まあ、その「篤姫」に関しては、全50回の平均視聴率が
【24.5%】という、今となっては信じられない位の、お化け
大河だった訳なんですけど・・・。(凄いですよね・・・)

だからこそ、瑛太さん=小松帯刀という、脳裏に焼き付い
ている強烈なイメージを払拭するのも、結構、大変なこと
なんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

もちろん、「西郷どん」の中でも、小松帯刀役の方は出て
来ると思うんですが、何となく、視聴者的には、混同して
しまう可能性も、多少はあるんでしょうかね!?(笑)

何度も書いているように、「篤姫」で、島津斉彬役だった
高橋英樹さんが、「翔ぶが如く」(1990年)では、その弟
の島津久光役を演じていたので、妙に、変な感じがした
のも事実なんですが・・・。(フフフ・・・)

やはり、来年の「西郷どん」でも、島津斉彬役については、
ドラマの全体の展開としても、我々が想像している以上に
重要な役どころになるんでしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

ちなみに、篤姫役として、あの宮崎あおいさんを使うような
超ウルトラ×反則技もあると思うんですが、流石にこれは
NHKサイドとしても、禁じ手なんでしょうかね!?(笑)

Taiga273

Taiga277

Taiga276

|

« 【第11回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第13回】おんな城主 直虎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第11回】おんな城主 直虎 | トップページ | 【第13回】おんな城主 直虎 »