« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

【最終回】花燃ゆ

◎ 楫取美和 (井上真央)
○ 楫取素彦 (大沢たかお)
▲ 毛利安子 (田中麗奈)
注 毛利元徳 (三浦貴大)
△ 伊藤博文 (劇団ひとり)
△ 津田梅子 (知花くらら)
△ 船津伝次平 (石原良純)
△ 星野長太郎 (大東駿介)
△ 鈴木栄太郎 (相島一之)
△ 杉民治 (原田泰造)
△ 杉亀 (久保田磨希)
△ 杉滝 (檀ふみ)
△ 阿久沢権蔵 (江守徹)
★ 阿久沢せい (三田佳子)

まずは、今年も、1年間無事に完走することが出来て、
ひとまず、ホッとしているところなんですが・・・。

主演の楫取美和を演じ続けて来た井上真央さんには、
改めて、お疲れ様の一言を贈りたいですよね~!!

まあ、今年の場合は、途中から、視聴率のことなども
あって、いろいろと、中には厳しい意見も、あったとは
思いますが・・・。

初回から、全くブレずに、ここまで、主演という重責を
果たしたことに関しては、お世辞抜きで、素直に評価
したい部分でしょうかね!?(ホントに・・・)

いや、あれだけ多くの俳優陣や、様々なスタッフ陣を
従え、1年間という長丁場を乗り切った精神力だけで、
普通に凄いことだなぁ~と、思ってしまうんですが・・・。

当日のネットニュースでも、井上真央さんが、山口の
防府市にある、楫取夫妻の墓前を訪ねて、最終回の
報告をしたそうですが、相当のプレッシャーがあった
ことだけは、確かだったんでしょうなぁ~!!

あと、これは、昨年「軍師官兵衛」の終了時に主演の
岡田准一さんのインタビュー記事でも、印象に残って
いることなんですが・・・。

大河ドラマをやり遂げたことで、次の作品を演じた時に
確信に変わるのではないかと語っていて、もしかしたら、
今回の井上真央さんにも、同じような感覚があるような
気もするんですが、どうなんでしょうかね!?(笑)

まあ、もちろん、井上真央さんの次回作には、ハードル
超高目仕様で、大いに期待したいと思っております・・・。

Taiga190

Taiga186

Taiga185

● 「花燃ゆ」 各回MVP受賞者

【第1回】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
【第2回】 小田村伊之助 (大沢たかお)
【第3回】 杉梅太郎 (原田泰造)
【第4回】 杉百合之助 (長塚京三)
【第5回】 杉文 (井上真央)

【第6回】 高須久子 (井川遥)
【第7回】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
【第8回】 久坂玄瑞 (東出昌大)
【第9回】 高杉晋作 (高良健吾)
【第10回】 吉田稔麿 (瀬戸康史)

【第11回】 小田村伊之助 (大沢たかお)
【第12回】 久坂文 (井上真央)
【第13回】 小野為八 (星田英利)
【第14回】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
【第15回】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)

【第16回】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
【第17回】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
【第18回】 久坂文 (井上真央)
【第19回】 松浦亀太郎 (内野謙太)
【第20回】 久坂玄瑞 (東出昌大)

【第21回】 久坂文 (井上真央)
【第22回】 高杉晋作 (高良健吾)
【第23回】 久坂玄瑞 (東出昌大)
【第24回】 久坂文 (井上真央)
【第25回】 吉田稔麿 (瀬戸康史)

【第26回】 久坂玄瑞 (東出昌大)
【第27回】 久坂文 (井上真央)
【第28回】 銀姫 (田中麗奈)
【第29回】 国島 (白石加代子)
【第30回】 銀姫 (田中麗奈)

【第31回】 日出 (江口のりこ)
【第32回】 高杉晋作 (高良健吾)
【第33回】 杉百合之助 (長塚京三)
【第34回】 坂本龍馬 (伊原剛志)
【第35回】 高杉晋作 (高良健吾)

【第36回】 久坂美和 (井上真央)
【第37回】 楫取素彦 (大沢たかお)
【第38回】 久坂美和 (井上真央)
【第39回】 楫取素彦 (大沢たかお)
【第40回】 久坂美和 (井上真央)

【第41回】 久坂美和 (井上真央)
【第42回】 楫取素彦 (大沢たかお)
【第43回】 久坂美和 (井上真央)
【第44回】 久坂美和 (井上真央)
【第45回】 楫取素彦 (大沢たかお)

【第46回】 楫取素彦 (大沢たかお)
【第47回】 楫取寿 (優香)
【第48回】 久坂美和 (井上真央)
【第49回】 久坂美和 (井上真央)
【最終回】 楫取美和 (井上真央)

● 「花燃ゆ」 MVP受賞回数 (2回以上)

【第1位】 楫取美和 (井上真央)・・・ 15回
【第2位】 楫取素彦 (大沢たかお)・・・ 7回
【第3位】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)・・・ 6回
【第4位】 久坂玄瑞 (東出昌大)・・・ 4回
【第4位】 高杉晋作 (高良健吾)・・・ 4回
【第6位】 杉百合之助 (長塚京三)・・・ 2回
【第6位】 吉田稔麿 (瀬戸康史)・・・ 2回
【第6位】 銀姫・毛利安子 (田中麗奈)・・・ 2回

Taiga188

Taiga187

Taiga189

そして、毎年恒例、上記のように、各回MVP受賞者を
まとめた上で、年間MVPと、それぞれ、各賞を選んで
行きたいと思うんですが・・・。

【年間MVP】 楫取美和 (井上真央)
【殊勲賞】 楫取素彦 (大沢たかお)

【敢闘賞】 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
【敢闘賞】 久坂玄瑞 (東出昌大)
【敢闘賞】 高杉晋作 (高良健吾)

【技能賞】 楫取寿 (優香)
【技能賞】 毛利安子 (田中麗奈)
【技能賞】 辰路 (鈴木杏)

【功労賞】 杉百合之助 (長塚京三)
【功労賞】 杉滝 (檀ふみ)

【特別賞】 椋梨藤太 (内藤剛志)
【特別賞】 井伊直弼 (高橋英樹)
【特別賞】 阿久沢せい (三田佳子)

まあ、年間MVPに関しては、主演の井上真央さんで
間違いないと思うんですが・・・。(ハハハ・・・)

実は、前半の第20回終了時点で、各回MVPを僅か
3回しか取っていなかったので、主演の方が、初めて
年間MVPを逃すのかと、ちょっと、心配していたのも
事実だったでしょうかね!?(フフフ・・・)

あと、殊勲賞としては、もちろん、初回から~最終回
まで、一貫して主演の井上真央さんを演技面からも
サポートして、もう一人の主演俳優だったとも言える
大沢たかおさんで仕方がないところなんですが・・・。

やはり、大沢さんがTV画面に登場した時の圧倒的な
存在感というか、安定感は、流石の一言だったと思い
ますからね~!!(ホントに・・・)

また、敢闘賞の吉田寅次郎(伊勢谷友介)、久坂玄瑞
(東出昌大)、高杉晋作(高良健吾)の三人に関しては、
ストーリー上においても、大変、重要な登場人物だった
訳なんですが・・・。

主演の井上真央さんとの関わり方で、歴史上の偉大な
人物たちの新たな側面を見ることが出来たという点では、
大河ドラマ・ファンとしても、高く評価したい部分だったで
しょうかね!?(フフフ・・・)

それから、特別賞の椋梨藤太(内藤剛志)、井伊直弼
(高橋英樹)、阿久沢せい(三田佳子)の三人は、井上
真央さんサイドにとって、大きな壁として立ちはだかる
存在だったと思うんですが・・・。

重厚なベテラン俳優陣の立ち位置としては、TV画面を
引き締める効果が大きいものなんだなぁ~と、改めて
実感したような気もしますよね~!!(ハハハ・・・)

そして、最後に、功労賞としては、井上真央さんの両親
役として、心身共に支えていたと思う、長塚京三さんと、
檀ふみさんを選ぶことにしました・・・。

Taiga205

Taiga206

Taiga207

あと、こちらも、毎年おなじみのことなんですが、主演や
各賞を取った女優さん以外の方で、最優秀ヒロイン賞を
選びたいと思っているんですが・・・。

◎ 高杉雅 (黒島結菜)
○ 鞠 (石橋杏奈)
▲ 高須久子 (井川遥)
注 高須糸 (川島海荷)
△ 入江すみ (宮崎香蓮)
△ 吉田ふさ (小島藤子)
△ 日出 (江口のりこ)
△ 志乃 (高橋由美子)
△ 津田梅子 (知花くらら)
△ 幾松 (雛形あきこ)
★ 椋梨美鶴 (若村麻由美)

やはり、高杉晋作の妻役だった黒島結菜さんは、登場
した瞬間から、素人目線でも、キラリと光るものがあり
ましたからね~!!(ホントに・・・)

以前にも書いたんですが、昨年の「軍師官兵衛」の中で
黒田長政の正室役を演じた高畑充希さんが、来年度の
朝ドラに抜擢された前例もあるので・・・。

ひょっとしたら、その次あたりの、朝ドラ主演の最有力
候補なのかも、知れませんよね~!!(フフフ・・・)

まあ、個人的には、この時に、黒田長政の継室役だった
吉本実憂さんとの、一騎打ちではないかと予想している
ところなんですが・・・。

ここら辺の、大手事務所同士の駆け引きなども含めて、
注目して見て行きたいとは思っております・・・。(笑)

それから、野山獄の囚人だった、高須久子役の井川遥
さんと、娘役の川島海荷さんとの関係性なども、かなり
印象に残っているんですが・・・。

特に、井川遥さんの、あの妙に色っぽい感じは、自分も
含めて、男性視聴者の心を奪ってしまったのは、事実
だったんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

ということで、今年も「花燃ゆ」に関わった全ての出演者、
そして、スタッフの皆様には、改めまして、感謝の一言を
贈りたいと思っております・・・。

●最終回 「いざ、鹿鳴館へ」 2015年12月13日放送

Taiga195

Taiga202

Taiga209

| | コメント (0)

【第49回】花燃ゆ

◎ 久坂美和 (井上真央)
○ 楫取素彦 (大沢たかお)
▲ 楫取久米次郎 (市川理矩)
注 辰路 (鈴木杏)
△ 秀次郎 (大八木凱斗)
△ 鈴木栄太郎 (相島一之)
△ 入江すみ (宮崎香蓮)
△ 吉田ふさ (小島藤子)
△ 杉民治 (原田泰造)
△ 杉亀 (久保田磨希)
△ 杉滝 (檀ふみ)
△ 毛利安子 (田中麗奈)
△ 毛利都美子 (松坂慶子)
△ 阿久沢権蔵 (江守徹)
★ 阿久沢せい (三田佳子)

今週のMVPは、サブタイトルの、「二人の再婚」の通り、
最終的な局面を迎えた、美和(井上真央)と、楫取素彦
(大沢たかお)の2択だった訳なんですけど・・・。

やはり、ここは、義兄の素彦のプロポーズを受け入れた
美和の心の葛藤を見事に演じていたと思うので、素直に
井上真央さんに差し上げることにしました・・・。(笑)

いや、これは初回から見ているファンの方には、当然の
ことかと思うんですが、とにかく、井上真央さんの細かな
心理描写の演技が素晴らしくて、思わず見入ってしまう
シーンも、多かったような気もするんですが・・・。

まあ、出来ることなら、このような熱演が、視聴率アップに
結び付けば良かったなぁ~と、ストーリー構成なども含め、
全体的な評価に関しては、ちょっと心残りの部分もあった
今年の大河ドラマだったでしょうかね!?(ホントに・・・)

個人的には、途中から参加して、ラストの「群馬パート」を
ここまでまとめ上げた脚本家の小松江里子さんの腕前に
ついては、もちろん、それなりに評価をせざるを得ないと
思っているんですが・・・。(フフフ・・・)

テコ入れとして、当初の二人の脚本家を変更してしまった
一連の流れに関しては、一般の視聴者としても、何となく
戸惑ってしまったところもあったんでしょうかね!?

Taiga169

Taiga170

Taiga171

そこで、来週で、今年度の、「花燃ゆ」も、最終回を迎える
ということで、ここ10年間の大河ドラマの順位付けなどを
改めて、やってみようかと思っているんですけど・・・。

いや、いざ選んでみると、なかなか難しいものだなぁ~と、
かなり、悩んでしまったのも事実でしょうかね!?(笑)

●大河ドラマ・ベスト10 (2006年~2015年放送分限定)

【第1位】 「風林火山」 (2007年)
【第2位】 「龍馬伝」 (2010年)
【第3位】 「篤姫」 (2008年)
【第4位】 「平清盛」 (2012年)
【第5位】 「軍師官兵衛」 (2014年)

【第6位】 「功名が辻」 (2006年)
【第7位】 「八重の桜」 (2013年)
【第8位】 「天地人」 (2009年)
【第9位】 「花燃ゆ」 (2015年)
【第10位】 「江~姫たちの戦国~」 (2011年)

自分としては、「風林火山」の第1回の「隻眼の男」から、
第11回の「信虎追放」のワンクール分は、歴代の大河
作品の中でも、最高傑作の部類に入るのではないかと
高く評価しているところなんですが・・・。

やはり、個人的な趣味として、男臭い硬派大河を上位に
持って来てしまったのは、ある程度、仕方がないことなん
でしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、来年の「真田丸」(2016年)では、この「風林火山」で
主演だった内野聖陽さんが、今度は、主演の真田信繁の
宿敵の徳川家康役を演じるということで、今から、めっちゃ
楽しみなんですが・・・。(フフフ・・・)

何か、記者会見の時に、「三谷さんの描く家康は、思わず
台本を落としそうになるくらい奇想天外でした」というような
コメントも出しているようなので、これはハードル超高目で
期待するしかないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

Taiga178

Taiga179

Taiga180

あと、これは以前にも書いたことなんですが、「風林火山」
では、真田信繁の祖父の真田幸隆のことを詳細に描いて
いるので、予習としては最適かと思うんですが・・・。(笑)

・ 真田幸隆 (佐々木蔵之介)
・ 忍芽 (清水美砂)

この時、真田幸隆の妻の忍芽が、来年の「真田丸」では、
信繁の祖母役として、草笛光子さんが演じるということで、
長年の大河ファンとしても、思い入れが強くなってしまう
のは、当然のことなんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

いや、「風林火山」の真田一族は、所領を追われて、浪人
として各地を放浪する姿も描かれているので、ここら辺の
時代背景などを詳しく知りたい方にも、ぜひとも、お薦めを
しておきます・・・。(フフフ・・・)

それから、あの「武田信玄」(1988年)では、橋爪功さんが
演じる真田幸隆役も、かなり、印象に残っている人が多い
と思うんですが・・・。

晴信が湖衣姫との婚儀の際、碁盤を持って登場し、領地を
賭けて勝負を挑んで来たシーンは、今でも、鮮明に脳裏に
焼き付いていますからね~!!(フフフ・・・)

ということで・・・先日、「真田丸」のメインポスターも、公開
されて、来年の放送に向け、テンションも徐々に上がって
いる状況なんですが・・・。

今回、「真田丸」のノベライズに関しては、事前に読んで
おくべきなのかどうなのか!?ちょっと迷っているところ
でしょうかね!?(ハハハ・・・)

●第49回 「二人の再婚」 2015年12月6日放送

Taiga165

Taiga176

Taiga177

| | コメント (0)

【第48回】花燃ゆ

◎ 久坂美和 (井上真央)
○ 楫取素彦 (大沢たかお)
▲ 秀次郎 (大八木凱斗)
注 西郷従道 (飯田基祐)
△ 星野長太郎 (大東駿介)
△ 鈴木栄太郎 (相島一之)
△ 中原復亮 (堀井新太)
△ 工藤長次郎 (尾上寛之)
△ 杉民治 (原田泰造)
△ 杉亀 (久保田磨希)
△ 杉滝 (檀ふみ)
△ 毛利安子 (田中麗奈)
△ 阿久沢権蔵 (江守徹)
★ 阿久沢せい (三田佳子)

いよいよ、今年の大河ドラマも、第48回の放送分が
終了ということで、最終回を目前に、ラスト2回を残す
のみとなってしまった訳なんですが・・・。

初回から、ここまで、ガッツリと見てしまうと、物語の
整合性などは、あまり気にすることなく、無事に完走
することだけを気にしてしまうのは、毎年おなじみで
仕方がないことなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

いや、明治期の「群馬パート」に入ってから、脚本家の
小松江里子さんの苦労なども、素人目にも良く分かる
ことなので、一概に評価してしまうのも、何となく、気が
引けるところなんですが・・・。(フフフ・・・)

やはり、幕末期から→明治時代へと、ストーリーが引き
継がれて行く大河ドラマに関しては、当然のことながら、
後半の明治に入ってからの物語の組立て方が、非常に
難しいものなんだなぁ~と、ここに来て、改めて実感して
いる次第です・・・。(ホントに・・・)

まあ、今回の、「花燃ゆ」についても、ラストの3回は、
主人公の美和(井上真央)と、義兄の楫取素彦(大沢
たかお)が、一体、どのような流れで再婚するまでに
至るのか、1年間のドラマの締めとしても、大変注目
されている部分かと思うんですが・・・。

あの阿久沢夫妻が、二人の再婚をここまで後押しする
展開については、ちょっと、視聴者的にも想定外だった
と言えるんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga164

Taiga161_2

Taiga162

あと、今週、登場した、西郷従道役の飯田基祐さんも、
なかなかの存在感があってTV画面を引き締めていた
と思うんですが・・・。

出来ることなら、このような渋い俳優さんは、ドラマの
中核部分として、もう少し、じっくりと見たかったところ
でしょうかね!?(フフフ・・・)

・ 「元禄繚乱」 (1999年) : 原田源四郎 役
・ 「新選組!」 (2004年) : 尾形俊太郎 役
・ 「風林火山」 (2007年) : 芦田信守 役
・ 「軍師官兵衛」 (2014年) : 井手友氏 役

・ 「花燃ゆ」 (2015年) : 西郷従道 役

ちなみに、飯田基祐さんの過去の大河ドラマの配役
に関しては、こんな感じになっているんですが・・・。

やはり、ドラマの中核部分というよりも、それぞれの
ストーリーの中で、かなり、重要な役割を持っている
脇役でのキャスティングが続いている、印象なんで
しょうかね!?(フフフ・・・)

まあ、もちろん、大河ドラマは、出演する、俳優さんの
人数も多いので、その中で視聴者を引き付けるような
一瞬の輝きを見せる人こそが、ある意味、陰のMVP
とも言えると思うんですが・・・。

そのような、美味しいサブキャラの俳優さんを選んで
行けば、また違った視点から、大河ドラマの全体像も
俯瞰することが出来るんでしょうかね!?

Taiga155

Taiga160

Taiga163

それから、公式サイトの方に、演出担当の末永創さん
のインタビュー記事が載っていたんですが・・・。

やはり、美和と楫取が、再婚に至る回は、それぞれ
のスタッフも、同じ家族の一員のようにジ~ンと来た
ようですね~!!(フフフ・・・)

いや、もちろん、初回から見ている、視聴者としても
幼い時代からの流れを、追体験しているので、井上
真央さん演じる美和には、ぜひとも、幸せになって
欲しいところなんですが・・・。(ハハハ・・・)

客観的に見ても、大河ドラマの主人公としては、吉田
松陰の妹、久坂玄瑞の妻、そして楫取素彦の妻という
立場からは、当然のことながら、どうしても、抜け出す
ことは、出来なかったんでしょうかね!?

ここら辺に関しては、「八重の桜」(2013年)の主人公
だった、新島八重(綾瀬はるか)と、比較検討出来ると
思うんですが・・・。

まあ、八重の場合は、会津藩の砲術師範の家に生まれ、
実際に、鶴ヶ城の籠城戦では、スナイパーとして戦った
最大の見せ場もありましたからね~!!

いや、もちろん、ここまで、大河ドラマが長く続いていると
日本の歴史上で活躍した、女性主人公の選択肢の幅も
かなり、狭まっているとは思うんですが・・・。

再来年の、「おんな城主 直虎」(2017年)で、井伊直虎
役を演じる柴咲コウさんについては、いろいろな意味も
含めて、大いに期待したいとは思っております・・・。

●第48回 「富岡製糸場の危機」 2015年11月29日放送

Taiga151

Taiga152

Taiga154

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »