« 【第3回】花燃ゆ | トップページ | 有馬記念キャンペーン当選 »

【第4回】花燃ゆ

◎ 杉百合之助 (長塚京三)
○ 吉田寅次郎 (伊勢谷友介)
▲ 杉文 (井上真央)
注 小田村伊之助 (大沢たかお)
△ 杉梅太郎 (原田泰造)
△ 金子重輔 (泉澤祐希)
△ 小田村寿 (優香)
△ 杉滝 (檀ふみ)
△ 杉亀 (久保田磨希)
△ 杉敏三郎 (大橋律)
△ 平六 (春風亭昇太)
△ 玉木文之進 (奥田瑛二)
△ 周布政之助 (石丸幹二)
△ 椋梨藤太 (内藤剛志)
★ 毛利敬親 (北大路欣也)

今週のMVPは、息子の寅次郎のために、切腹の覚悟を
決めていた、父の杉百合之助(長塚京三)に差し上げる
ことにしました・・・。

もちろん、今回の一番の見どころとしては、黒船に乗り
込むという国禁を犯した、吉田寅次郎(伊勢谷友介)と、
そのことで翻弄される、それぞれ家族たちの立ち位置を
丁寧に描いていたと思うんですが・・・。

やはり、大河ドラマとしては、ヒロインの父親を演じさせ
たら、右に出る者はいない、長塚京三さんの名演技を
十二分に、堪能出来たことではないかと!?(笑)

個人的には、篤姫の父親だった、島津忠剛役も良かった
と思っているんですが、あの時から、もう7年も経っている
ということで・・・更に、磨きが掛かっているような気がした
のは、私だけでしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、「篤姫」(2008年)の時が、あの宮崎あおいさん、
そして、今回の「花燃ゆ」(2015年)が、井上真央さん
ということで・・・。

その時のヒロイン役としての存在感を、父親役である
長塚京三さんと絡むことにより、より一層、引き立てる
ことが出来るのが、素人目線で見ても凄いところなんで
しょうなぁ~!!(ホントに・・・)

そして、母親役の杉滝(檀ふみ)に関しては、意識的に
能天気な感じで、どんなことにも、全く動じない母親像
として描かれていると思うんですが・・・。(笑)

いや、幕末期から明治期へと、大激動の時代を長州藩で
生き抜いて来た女性としては、実際に、このぐらい陽気な
感じで行かないと、やってられないことも、多分にあったん
でしょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga120

Taiga121

Taiga026

ちなみに、過去の大河ドラマでの長塚京三さんの配役は、
こんな感じになっているんですが・・・。

・ 「花神」 (1977年) : 土方歳三 役
・ 「草燃える」 (1979年) : 山木兼隆 役
・ 「おんな太閤記」 (1981年) : 織田信雄 役
・ 「独眼竜政宗」 (1987年) : 留守政景 役
・ 「炎立つ」 (1993年) : 源頼朝 役
・ 「篤姫」 (2008年) : 島津忠剛 役
・ 「花燃ゆ」 (2015年) : 杉百合之助 役

まあ、自分としては、「独眼竜政宗」の留守政景役などは、
大変、印象に残っているところなんですが・・・。

たぶん、政宗の叔父役ということで、父の輝宗時代からの
重臣として様々な場面で活躍しているので、鮮明に脳裏に
焼き付いているんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

あと、同じ長州藩の「幕末モノ」として、あの「花神」の中で、
何と、土方歳三役を演じていたのは、ちょっと、知りません
でしたね~!!(なるほど・・・)

もちろん、この「花神」に関しては、当時の録画の映像が、
総集編と、数話分の放送回しか残っていないようなので、
今となっては、完全に幻の大河ドラマなんですが・・・。

ぜひとも、大河ファンとしては、本放送分の、「花神」を
フル規格で見たいものですよね~!!(ホントに・・・)

何か、NHKの番組発掘プロジェクトでは、当時の家庭用
ビデオデッキでの映像を探しているようですが・・・。

前年の「風と雲と虹と」(1976年)については、奇跡的に
全話が収録された2インチVTRが発見されたそうなので、
「花神」も、可能性はゼロではないですからね~!!

いや、「風と雲と虹と」の場合は、すぐに、CSの時代劇
専門チャンネルの方でも、再放送されたんですが・・・。

これは、自分自身も想像していた以上に、ガッツリと物語
の中に、ハマってしまいましたからね~!!(ハハハ・・・)

まあ、主演の平将門役の加藤剛さんは、素晴らしいの一言
なんですが、鹿島玄明役の草刈正雄さんなどは、ちょっと、
信じられないぐらいに、カッコ良かったですからね~!!

当時、まだ24歳と若くて、超イケメン仕様の草刈さんを
堪能したい方は、この作品は必須事項でしょう!!(笑)

Taiga125

Taiga127

Taiga128

それから、昨年「軍師官兵衛」(2014年)の毛屋主水役に
引き続き、今年も、あの春風亭昇太さんが登場したのは、
ちょこっとだけ、お得感がありましたかね!?(笑)

いや、今年の場合は、何か、小伝馬町の牢囚人の役で、
平六というOPクレジットでしたけど・・・。(フフフ・・・)

これは、吉田寅次郎の黒船への密航を聞き出す、重要な
役だったので、期待していた以上に、良かったと思います
けどね~!!(ハハハ・・・)

たぶん、NHKの「あなたが主役 50ボイス」という番組の
MCを担当しているので、そちらの方も関係しているとは
思うんですが・・・。

まあ、出来ることなら、本格的に、大河ドラマに参戦しても、
キャラ的に面白いような気がするんですけどね~!!(笑)

あと、吉田寅次郎と一緒に密航した、金子重輔(泉澤祐希)
という登場人物も、興味深く見ていたんですけど・・・。

彼と、寅次郎の出会いの場面なども、先週あたりで伏線
として描いておけば、思い入れも、倍増したと思うんです
けど・・・ここら辺は、どうだったんでしょうかね!?

ちなみに、泉澤祐希さんは、「功名が辻」(2006年)では、
一豊夫妻が、門前で拾った捨て子役だったんですが・・・。

長年の大河ドラマ・ファンとしては、これだけのヒントで
ピン!と来る人も、多いと思いますけどね~!!(笑)

そして、その金子重輔の、母親役を演じているのが、麻生
祐未さんということで、そう言えば、あの、「JIN-仁-」の
中では、大沢たかおさんと一緒に共演していたなぁ~とか、
思い出していました・・・。(フフフ・・・)

何か、投獄されている息子の元へ通う、母親役ということ
ですが、やはり、泣かせるパートとして、麻生祐未さんは、
ドンピシャの配役なんでしょうかね!?

●第4回 「生きてつかあさい」 2015年1月25日放送

Taiga009

Taiga010

Taiga008

|

« 【第3回】花燃ゆ | トップページ | 有馬記念キャンペーン当選 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【第3回】花燃ゆ | トップページ | 有馬記念キャンペーン当選 »