« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

【第42回】江~姫たちの戦国~

◎ 豊臣秀頼 (太賀)
○ 淀 (宮沢りえ)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 真田幸村 (浜田学)
△ 江 (上野樹里)
△ 常高院 (水川あさみ)
△ 福 (富田靖子)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

今週のMVPは、向井@秀忠との一対一の対面の場面で
一筋の涙を流した豊臣秀頼(太賀)に一票ですかね!?

いや、今年の大河ドラマでは、この太賀という役者さん
との出会いが一番の収穫だったような!?(ハハハ!!)

出来ることなら、もう少し「ハード仕様」の大河で見た
かったような気もするんですが、今後、彼が画面に出て
来た時、自分としては、かなり、注目してチェックして
しまうかもしれませんね~!!(笑)

ただし、今回の脚本に関しては、いろいろなところでも
批判されていたと思いますが、まさかの向井@秀忠の
大坂城潜入作戦(笑)は、どうなんでしょうかね!?

いや、以前にも、上野@江が、家康一行と「伊賀越え」
を敢行した時点で、この手のフィクションネタ(?)に
突っ込んだら「負け」と書いたんですが・・・。(笑)

まあ、秀頼との対面シーンまではイイとしても、その後、
廊下で真田幸村と出会ってしまう展開は、少々やり過ぎ
のような気がしたのは、私だけでしょうか!?(汗)

それでも、宮沢@淀などに関しては、なかなかの迫真の
演技で、見応えは十分にあったと思いますが・・・。

やはり、多少無理をしていた少女期と比べると、実年齢
に近いだけに、これまで「淀役」を演じて来た女優さん
と比べても全く遜色は無かったと、高く評価はしており
ます・・・。

個人的には、いまだに、「葵徳川三代」(2000年)での
小川真由美バージョンが、最強なんですが・・・。(笑)

果たして、彼女を超える「淀殿」が、今後登場するのか、
楽しみに待ちたいと思っています!!(ハハハ・・・)

●第42回 「大坂冬の陣」 2011年10月30日放送

Taiga243

Taiga249

Taiga256

| | コメント (0)

【第41回】江~姫たちの戦国~

◎ 淀 (宮沢りえ)
○ 豊臣秀頼 (太賀)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 徳川家康 (北大路欣也)
△ 江 (上野樹里)
△ 常高院 (水川あさみ)
△ 片桐且元 (三田村邦彦)
△ 大野治長 (武田真治)
★ 真田幸村 (浜田学)

今週は、大坂の陣のきっかけとされる、「方広寺鐘銘
事件」を中心に展開して行った訳ですが・・・。

片桐且元(三田村邦彦)や、大蔵卿局(伊佐山ひろ子)
を駿府に派遣するあたりの流れは、なかなか、上手く
描かれていたのではないかと・・・。

個人的には、「葵徳川三代」(2000年)で片桐且元役
だった、小林稔侍バージョンが、デフォになっている
だけに、多少、物足りない部分もあるんですが・・・。

本多正純(中山麻聖)と、親子(?)でのツーショット
シーンなどは、計算された、面白い演出だったような
気がしますね~!!(フフフ・・・)

ただし、秀忠&江夫妻と、家康との関係性については、
やはり、何度見ても、どうしても馴染めないところが
あるのは、私だけでしょうか!?(笑)

まあ、主演の二人を、「豊臣贔屓」として描くことで、
家康の「老獪な部分」を際立たせる効果も多分にある
とは思いますが・・・。

何となく、世の移り変わりを読めない「バカップル」
仕様(笑)のような脚本になっているのが、ちょっと、
残念なんですけど・・・。(仕方がないですかね!?)

あと、真田幸村役の浜田学さんに関しては、それなり
にイイ感じに仕上がっているのでは!?(笑)

たぶん、大河ファンとしては、「功名が辻」(2006年)
での、祖父江新一郎役として、記憶に残っている人も
多いと思いますが・・・。

今回は、出番は少ないかもしれませんが、重要な場面
(家康を追い詰めるシーン)での活躍に期待したいと
思っております・・・。

●第41回 「姉妹激突!」 2011年10月23日放送

Taiga229

Taiga234

Taiga236

| | コメント (0)

BS時代劇 「塚原卜伝」

今週で、第3回目ということですが、個人的な感想を
言わせてもらうと、やはり、1年間のフル大河として
見たかったというのが、本音ですかね~!?

いや、主演の塚原新右衛門(堺雅人)と、その主家の
家臣である山崎左門(平岳大)のコンビや、その他の
出演陣もキャラが立っていて、十二分に見応えがある
ドラマに仕上がっているような!?(ホントに・・・)

特に、第1回目に出て来た、のちの北条早雲でもある
伊勢宗瑞(中尾彬)や、駿河今川家お抱えの武芸者の
牧元鬼(ジャッキー・ウー)などは、なかなか美味しい
役どころだったのでは!?(フフフ・・・)

伊勢宗瑞役の中尾彬さんは、完全に、「美味しんぼ」の
海原雄山みたいに仕上がっていましたからね~!!(笑)

まあ、それでも、1回ごとに、新右衛門に対する武芸者
を出して行くのは、1年間の長丁場の大河ドラマとして
考えた場合、難しい部分もあるんでしょうかね!?

いや、オープニングのテーマ曲なども、かなりイイ感じ
に作り込まれているので、ちょっと、短期間で終了して
しまうのは、勿体ないような気がしています・・・。

Taiga061

Taiga062

Taiga064

| | コメント (0)

【第40回】江~姫たちの戦国~

◎ 大姥局 (加賀まりこ)
○ 徳川秀忠 (向井理)
▲ 江 (上野樹里)
注 徳川家康 (北大路欣也)
△ 福 (富田靖子)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 常高院 (水川あさみ)
★ 千姫 (忽那汐里)

今週は、サブタイトルの「親の心」の通り、様々な
場面で、そのテーマ(主題)を感じることが出来る
回だったような!?

・ 徳川家康 ←→ 徳川秀忠
・ 徳川秀忠 ←→ 竹千代、国松
・ 江 ←→ 竹千代、国松
・ 大姥局 ←→ 徳川秀忠
・ 福(春日局) ←→ 竹千代
・ 淀 ←→ 千姫

ストーリー的には、大姥局(加賀まりこ)がラスト
出演(?)ということで、彼女を含めたそれぞれの
シーンが、なかなか良かったと思いますが・・・。

やはり、ベテランの味というか、我々視聴者を画面
に引き付けるだけの奥深い技を持っているなぁ~と、
感心してしまいました・・・。(流石でした・・・)

あと、福(富田靖子)が、竹千代のお世継ぎ問題を
家康(北大路欣也)に訴えに行くシーンに関しては、

どうしても、「大奥~第一章~」(2004年)の方と
比べてしまうのは、私だけでしょうかね!?(笑)

この時は、春日局(松下由樹)とお江与(高島礼子)
のガチンコ対決で、徳川家康役の藤田まことさんの
存在感も大きかったですからね~!!

たぶん、家康が竹千代だけに菓子を与え、弟の国松
に対して、長幼の序を諭した有名な場面がデフォに
なっているだけに、今回はちょっと物足りなかった
というのも、正直なところでしょうか!?(笑)

そして、先週の次回予告から気になっていた千姫役
の忽那汐里については、これはこれで、それなりに
可愛かったのでは!?(フフフ・・・)

●第40回 「親の心」 2011年10月16日放送

Taiga222

Taiga223

Taiga219

| | コメント (0)

【第39回】江~姫たちの戦国~

◎ 豊臣秀頼 (太賀)
○ 徳川家康 (北大路欣也)
▲ 淀 (宮沢りえ)
注 初 → 常高院 (水川あさみ)
△ 徳川秀忠 (向井理)
△ 江 (上野樹里)
△ 京極高次 (斎藤工)
△ 高台院 (大竹しのぶ)
★ 加藤清正から秀頼に渡された長針

今週は、サブタイトルの「運命の対面」にある通り、
徳川家康(北大路欣也)と、豊臣秀頼(太賀)との
対面のシーンが、なかなか良かったような!?

その前の加藤清正から渡された長針(護身用)を柱に
刺した演出&カメラワークも、これから対面に向かう
緊張感を更に盛り上げる効果があったと思います。

この秀頼役の太賀という役者さんは、これまでにも
「風林火山」(2007年)の竜若丸役や、「天地人」
(2009年)での直江景明役など、なかなか美味しい
役どころを演じて来ている訳ですが・・・。

今回の秀頼役についても、今まで何度も大河ドラマ
で描かれて来た「弱々しい」感じではなく、徳川家
に対して、脅威を与えるようなイメージだったのは
評価出来る部分だったのではないかと・・・。

しかし、ここに来て、一気に時代が早回しになって
しまったのは、どうなんでしょうかね!?(笑)

いや、上野@江と竹千代との関係や、次男の国松が
生まれてのヒロインとしての葛藤など、一番面白い
ところのような気もするんですが・・・。

まあ、主人公が江だけに、ストーリーの組み立ても
難しいとは思いますが、ここら辺は、脚本家・田渕
久美子さんの最後の踏ん張りに期待したいです!!

●第39回 「運命の対面」 2011年10月9日放送

Taiga212

Taiga213

Taiga215

| | コメント (0)

【第38回】江~姫たちの戦国~

◎ 福 (富田靖子)
○ 江 (上野樹里)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 淀 (宮沢りえ)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
△ 大姥局 (加賀まりこ)
△ 大野治長 (武田真治)
△ 京極龍子 (鈴木砂羽)

今週のMVPは、サブタイトルの「最強の乳母」の通り、
福(春日局)役の富田靖子さんにしました・・・。

いや、想像していた感じと、ちょっと違ったんですけど、
最後の方では、何となく、「オカルト系」が入っていま
せんでしたか!?(なかなか、恐かったですな・・・)

もちろん、過去の大河ドラマでは、「毛利元就」(1997年)
の美伊の方(元就の正室)役として印象に残っている人も
多いと思いますが・・・。

この時は、彼女も28歳で、ちょうど、現在の上野樹里の
ようなポジションだったのかもしれませんね・・・。
(同じアミューズ所属ということもあり・・・)

あと、上野@江と向井@秀忠が、熱海の温泉に行く場面
に関しては、ここは夫婦の混浴シーンを撮るべきだった
ような!?(ハハハ・・・)

いや、「毛利元就」での富田靖子さんは、初夜のシーン
では、後姿だけだったとはいえ、思い切った脱ぎっぷり
でしたからね~!!(ホントに・・・)

そして、宮沢@淀が、徐々に、狂気の一面を出して来た
ことに関しては、これから、「大坂の陣」の最終局面に
向けて面白くなって行くと期待しております!!

●第38回 「最強の乳母」 2011年10月2日放送

Taiga202

Taiga203

Taiga204

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »