« 2011年3月 | トップページ | 2011年10月 »

【第37回】江~姫たちの戦国~

◎ 千姫 (芦田愛菜)
○ 江 (上野樹里)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 徳川家康 (北大路欣也)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 大野治長 (武田真治)
△ 初 (水川あさみ)
★ 完 (山本舞香)

今週のMVPに関しては、いろいろと迷ったんですが、
やはり、千姫役の芦田愛菜ちゃんにしました!!

まあ、子役としてのポテンシャルの高さは、既に語り
尽くされていると思いますが、改めてそのセリフ回し
と存在感は、脱帽と言った感じでしょうか!?(笑)

いや、この年齢にして、主演の上野@江らと、対等&
ガチの演技が出来るというだけで、ホントに凄いこと
かと思いますが・・・。

逆に、今回の母子のシーンでは、完全に、上野樹里の
方が、押されている感じでしたからね~!!(笑)

あと、今回、ビックリしたことは、完役の山本舞香が、
「独眼竜政宗」(1987年)に出ていた頃の後藤久美子
にそっくりだったということ・・・。(驚)

何となく、セリフの「棒読み仕様」のところまで似て
いたと思いますが(笑)、これから様々な現場で経験
を積んで行けば、将来的にも、かなり期待出来る逸材
ではないかと!?

ちなみに、彼女は、14代目のリハウスガールとのこと
ですが、初代の宮沢りえが、今回はその養母役・・・。

う~ん、我々も、年を取る訳だなぁ~と、しみじみと
感じてしまった秋の夜でした・・・。(ハハハ・・・)

●第37回 「千姫の婚礼」 2011年9月25日放送

Taiga199

Taiga200

Taiga201

| | コメント (2)

【第36回】江~姫たちの戦国~

◎ 徳川秀忠 (向井理)
○ 江 (上野樹里)
▲ 石田三成 (萩原聖人)
注 徳川家康 (北大路欣也)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
△ 大姥局 (加賀まりこ)
△ なつ (朝倉あき)

公式サイトの今週の「みどころ」に、秀忠に側室が?と
載っていたので、楽しみにしていたんですが・・・。(笑)

この「なつ役」の朝倉あきさんは、以前「とめはねっ!」
(2010年)や、朝ドラの「てっぱん」(2010年)などにも
出演していたんですね・・・。(知りませんでした・・・)

しかし、「葵 徳川三代」(2000年)の岩下志麻バージョン
の時と比べると、側室への対応が、余りにもマイルド過ぎる
ような気もしたんですけど・・・。(ハハハ・・・)

まあ、今回の上野@江は、主演ということもあり、仕方が
ない部分もあるとは思いますが、個人的には、激しい嫉妬
に燃え上がる展開に期待していただけに、ちょっと物足り
なかったのは、残念だったような・・・!?(笑)

あと、関ヶ原で敗れた石田三成(萩原聖人)が、捕まって
斬首されるまでの一連の流れは、なかなか良かったのでは
ないかと!?(向井@秀忠との場面など・・・)

出来ることなら、処刑される直前に水を所望して、「水は
無いが柿がある」と言われ、「柿は痰の毒である」と言い
返した、あの有名な逸話は入れて欲しかったような!?

たぶん、「葵 徳川三代」の時は、江守徹さんの石田三成
だったので、このような、何となく粋な感じ(?)のセリフ
回しも生きたのかもしれませんが・・・。(フフフ・・・)

そして来週は、千姫役の芦田愛菜ちゃんが、第1回以来の
再登場とのことですが、どのような感じに仕上がっている
のか、楽しみに待ちたいと思っております・・・。(笑)

●第36回 「男の覚悟」 2011年9月18日放送

| | コメント (0)

【第35回】江~姫たちの戦国~

◎ 初 (水川あさみ)
○ 京極高次 (斎藤工)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 江 (上野樹里)
△ 京極龍子 (鈴木砂羽)
△ 本多正信 (草刈正雄)
△ 本多正純 (中山麻聖)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
笑 真田昌幸 (藤波辰爾)
恐 大姥局 (加賀まりこ)

今週は、いよいよ「関ヶ原の戦い」の回ということで、
いろいろな意味で、注目して見ていたんですが・・・。

いや、もう自分の中では、ハードル低目設定だったので、
大津城の籠城戦などは、それなりに良かったような!?

ということで、今回のMVPも、初と京極高次の夫妻に
したんですが、過去の大河ドラマと比べても大津城内の
描写に関しては、なかなか詳細な感じに仕上がっていた
と思いますが・・・。(どうなんでしょうかね!?)

あと、やはり、「真田太平記」のオールドファンとしては、
草刈正雄さんが、本多正信役として上田城攻めに参戦して
いるのが感慨深いんですけど・・・。(ハハハ・・・)

個人的には、もう少し、向井@秀忠と戦術をめぐる確執や、
様々な駆け引きを描いて欲しかったんですけどね~!!

それから、本多正信&正純親子が、イケメン過ぎるだろうと
思っていたら、正純役の中山麻聖さんは、三田村邦彦さんの
息子さんだったんですね・・・。(笑)
(ちなみに、三田村邦彦さんは、片桐且元役で出演予定)

そして、京極龍子(鈴木砂羽)さまの、毎度おなじみの
コメディ路線には、思わず、笑ってしまったんですけど、

これって、もしかしたら脚本には無い、鈴木砂羽さんの
現場でのアドリブなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

●第35回 「幻の関ヶ原」 2011年9月11日放送

Taiga058

Taiga059

Taiga060

| | コメント (0)

【第34回】江~姫たちの戦国~

◎ 徳川秀忠 (向井理)
○ 江 (上野樹里)
▲ 細川ガラシャ (ミムラ)
注 徳川家康 (北大路欣也)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
△ 京極高次 (斎藤工)
△ 石田三成 (萩原聖人)

今週のMVPは、当初の予想では、サブタイトルの
「姫の十字架」の通り、ミムラの細川ガラシャかと
思っていたんですが・・・。

上野@江&向井@秀忠夫妻の「百姓コント」で、この
2人のワンツー受賞とさせて頂きます・・・。(笑)

いや、向井@秀忠の農民姿が、妙に似合っていたような
気がしたんですけど・・・思わず、笑ってしまったのは
私だけでしょうか!?(ハハハ・・・)

あと、上野@江が、戦場に向かう夫に、母の形見(天下
布武の印判)を渡すシーンで、向井@秀忠が、実は信長公
をリスペクトしていたとカミングアウト(?)したのは、
なかなか新鮮な感じで良かったのではないかと!?(笑)

まあ、自分の実兄を切腹させた人物を尊敬するのかという
疑問は置いておいて、もう、ここまで来たら史実うんぬん
ということを超越して、楽しもうかと思っております・・・。

そして、毎度おなじみの、「関ヶ原」の戦闘シーンにおいて、
「葵 徳川三代」(2000年)の映像をどのぐらい使うのか!?

長年の大河ファンとしては、ここら辺に関しても、細かい
チェックを入れたいと思っています・・・。(フフフ・・・)

●第34回 「姫の十字架」 2011年9月4日放送

Taiga052

Taiga053

Taiga054

| | コメント (0)

【第33回】江~姫たちの戦国~

◎ 徳川家康 (北大路欣也)
○ 石田三成 (萩原聖人)
▲ 江 (上野樹里)
注 大姥局 (加賀まりこ)
△ 徳川秀忠 (向井理)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
△ 京極高次 (斎藤工)
△ 黒田官兵衛 (柴俊夫)

やはり、萩原@三成が、加藤清正、福島正則らに襲撃され、
敵対している、北大路@家康に助けを求めるシーンなどは、
もう、大河ドラマではお馴染みの場面なんですが・・・。

ここら辺の家康&三成の腹の探り合いは、ドラマとしても、
大変、面白いところですよね・・・。(フフフ・・・)

もう、何度も書いているように、「葵 徳川三代」(2000年)
と比べてしまうと、三成役の江守徹さんや、福島正則役の
蟹江敬三さんなどは、完全に自分のツボに入っている配役
だったんですけど・・・。(ハハハ・・・)

それでも、今回の家康役の北大路欣也さんに関しては、
まあ当然ですが、流石と言ったところでしょうか!?(笑)

あと、上野@江の胎教コント(笑)の豆拾いについては、
あれは、あれで、なかなか、良かったのでは!?(笑)

個人的には、もう少し、加賀さんの大姥局の「いびり」を
見たかったんですが、何となく、正論だけを言っている
ような気がするのは、私だけでしょうか!?(ハハハ・・・)

●第33回 「徳川の嫁」 2011年8月28日放送

Taiga049

Taiga050

Taiga051

| | コメント (0)

【第32回】江~姫たちの戦国~

◎ 徳川秀忠 (向井理)
○ 石田三成 (萩原聖人)
▲ 江 (上野樹里)
注 大姥局 (加賀まりこ)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
△ 細川ガラシャ(ミムラ)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

やはり、大姥局役の加賀まりこさんは、予想通り、
存在感バツグンでしたね・・・。(ハハハ・・・)

まあ、今回は、顔見せ程度の感じでしたけど、今後の
江戸城(大奥)バージョンは、たぶん、彼女抜きには
語れないんでしょうなぁ~!!

ただし、「江戸の鬼」というサブタイトルの割には、
それほど「鬼仕様」ではなかったような気もしたん
ですが・・・これからなんでしょうか!?(笑)

あと、今回は、石田三成の重臣の島左近などもチラッと
登場して、いよいよ、関ヶ原へ向けて動き出した感じも
するんですが・・・。

個人的には、「葵徳川三代」(2000年)の夏八木勲さんの
島左近が頭から離れないので、ここら辺は、過度に期待
しないで見ようと思っております・・・。(ハハハ・・・)

●第32回 「江戸の鬼」 2011年8月21日放送

| | コメント (0)

【第31回】江~姫たちの戦国~

◎ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
○ 北政所 (大竹しのぶ)
▲ 江 (上野樹里)
注 徳川秀忠 (向井理)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
△ 石田三成 (萩原聖人)

いろいろと言われ続けて来た、岸谷@秀吉でしたけど、
最後は、キッチリまとめたという印象でしょうかね!?

まあ、実際のところ、中盤での「秀吉パート」は、少し
中だるみ的な感じだったので、最低でも、5話ぐらいは
縮められたような気もしたんですが・・・。(笑)

それでも、ラストの大竹@北政所とのシーンは、なかなか
見せ場があって、流石の一言だったと思います・・・。

そして、次回予告でチラッと映った、大姥局(おおばの
つぼね)役の加賀まりこさんですが・・・いや、これは、
かなり、期待出来そうなのでは!?(ハハハ・・・)

大河ドラマでの加賀まりこさんと言えば、「毛利元就」
(1997年)での藤野役でお馴染みなんですが・・・。

今回の福(春日局)役の富田靖子さんとは、その時の
元就つながりなんですよね・・・。(なるほど・・・)

で、来週からは、江&秀忠夫妻が、ようやく江戸城に
移るので、物語の方も、いよいよ本番といった感じで
しょうかね!?←今更なんですが・・・。(笑)

●第31回 「秀吉死す」 2011年8月14日放送

| | コメント (0)

【第30回】江~姫たちの戦国~

◎ 徳川秀忠 (向井理)
○ 江 (上野樹里)
▲ 初 (水川あさみ)
注 本多正信 (草刈正雄)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

しかし、大河ドラマで、ここまでベタな「恋愛パート」も
珍しいと思いますが・・・。(ハハハ・・・)

いや、それでも、個人的には、ここ最近の中では、一番
面白い回だったような気も!?(フフフ・・・)

やはり、向井@秀忠は、ツンデレ役を演じさせたら、
ピカイチですよね~!!(納得してしまいました!!)

まあ、脚本家の田渕久美子さんの得意ゾーンに入って
くれば、それなりのヒットは打てると思いますが・・・。

ある意味、ストライクゾーンがめっちゃ狭いだけに、
昔ながらの大河ファンには、ちょっとキツイ部分も
多々あったとは思いますけど・・・。(ハハハ・・・)

それと、向井@秀忠が、後見役の草刈@正信に・・・。
「そなた、さぞや女子(おなご)にモテたであろうのう」

と言ったセリフに、思わずニヤッと笑ってしまったのは、
私だけでしょうか!?(フフフ・・・)

これは、田渕久美子さんが、完全に、昔の草刈さんの
イメージで語らせたものなんでしょうなぁ~!!(笑)

●第30回 「愛しき人よ」 2011年8月7日放送

Taiga046

Taiga047

Taiga048

| | コメント (0)

【第29回】江~姫たちの戦国~

◎ 完 (栗本有規)
○ 江 (上野樹里)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 淀 (宮沢りえ)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
△ 石田三成 (萩原聖人)
△ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
△ 本多正信 (草刈正雄)

今週から、「徳川パート」(?)に移って、いよいよ、
主演・上野@江の本領発揮かと思いますが・・・。
(と言っても、後半の5分程度でしたけど)

やはり、以前にも書いた通り、田渕久美子さんの脚本は、
寝室に入ってからが面白くなると思うので、向井@秀忠
との関係は、大いに期待出来る部分ではないかと・・・。

まあ、今年の大河に関しては、「秀吉パート」が、少し
長過ぎて、上野@江が、完全にサブキャラにまで落ちて
しまった回も、多々ありましたからね~!!

あとは、宮沢@淀が、果たして、どのぐらい「ブラック化」
するのか楽しみなんですが、「葵 徳川三代」(2000年)の
淀(小川真由美)と比べてしまうのは、ちょっと可哀そう
ですかね!?(ハハハ・・・)

しかし、今年の江のスタッフ陣は、子役のキャスティング
に関しては、なかなかの仕事をしているような!?(笑)

いや、完役の女の子も、それなりに泣かせる演技をして
いましたからね~!!(ハハハ・・・)

そして、何か、また芦田愛菜ちゃんが、千姫役で再登場
するようですが、今週のMJにも出ていたので、これで
年末の紅白にも当確ランプなんでしょうか!?(笑)

※今週のサブタイトルの「最悪の夫」ですが、それほど
 最悪でもなかったような気がするのは自分だけ!?

●第29回 「最悪の夫」 2011年7月31日放送

Taiga043

Taiga044

Taiga045

| | コメント (0)

【第28回】江~姫たちの戦国~

◎ 豊臣秀次 (北村有起哉)
○ 江 (上野樹里)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 石田三成 (萩原聖人)
△ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
★ 完(栗本有規)※子役の女の子

やはり、今週のMVPは、豊臣秀次役の北村有起哉さん
で仕方がないところでしょうか!?(ハハハ・・・)

いや、以前にも書いた通り、この人の演技は、なかなか
見せ場があって、秀次という人物に、新たなキャラ付を
してもらったような気がしますね~!!

あと、ラスト付近で、意味不明の向井@秀忠の入浴シーン
には、思わず笑ってしまったんですけど・・・。

これは、F2層(35~49歳の女性)、F3層(50歳以上の女性)
といった、女性ファンへの「サービスカット」だったんで
しょうかね!?(フフフ・・・)

いや、昨年の「龍馬伝」では、お龍役の真木よう子の入浴
シーンは、オッサン層にとって視聴するモチベーションを
高める効果も多々あったので・・・。(ハハハ・・・)

それから、ストーリーの展開(進み方)という意味では、
今年の「江」は、やはり、少し遅い感じなんですかね!?

第30回の前後の回で見た場合、「春日局」(1989年)も、
「葵 徳川三代」(2000年)も、大坂の陣がすでに終わって
いる段階なんですね・・・。(なるほど・・・)

これから、上野@江と向井@秀忠との関係性や、春日局の
登場などを首を長くして待つとしましょう・・・。

●第28回 「秀忠に嫁げ」 2011年7月24日放送

Taiga040

Taiga041

Taiga042

| | コメント (0)

【第27回】江~姫たちの戦国~

◎ 京極龍子 (鈴木砂羽)
○ 江 (上野樹里)
▲ 豊臣秀次 (北村有起哉)
注 初 (水川あさみ)
△ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
△ 淀 (宮沢りえ)
△ 細川ガラシャ (ミムラ)
△ 徳川秀忠 (向井理)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

今週のMVPは、コミカル&天然で、いろいろな意味で、
ちょっと、ぶっ飛んでいる、京極龍子さまで!!(笑)

いや、もう少し、上野@江や水川@初と、上手く絡ませれば、
単調な脚本の中でも、かなり、有効なアクセントになり得る
存在だったような!?(ハハハ・・・)

とにかく、今年の大河は、毎週、良いところを探すのに苦労
しているんですが・・・う~ん、ここまで来たら、意地でも
完走しようと思っている今日この頃です・・・。(笑)

ところで、17日(日)に放送された、BS時代劇の
「テンペスト」というドラマを見たんですけど・・・。

いや~!!これは、思っていた以上に面白かったのでは!?

個人的には、こちらを、1年間の大河ドラマにした方が
良かったような気もするんですが・・・。(笑)

やはり、主演の仲間由紀恵は、魅せる女優なんだなぁ~と、
改めて、納得してしまいました・・・。(ハハハ・・・)

●第27回 「秀勝の遺言」 2011年7月17日放送

Taiga037

Taiga038

Taiga039

| | コメント (0)

【第26回】江~姫たちの戦国~

◎ 豊臣秀勝 (AKIRA)
○ 江 (上野樹里)
▲ 豊臣秀次 (北村有起哉)
注 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
△ 大政所 (奈良岡朋子)
△ 初 (水川あさみ)
△ 徳川秀忠 (向井理)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

とりあえず、今回でラスト(?)ということで、今週のMVPは、
豊臣秀勝(AKIRA)を選んでみました・・・。

いや、思っていた以上に、この役に関しては、良かったのでは
ないかと!?出来ることなら、もう少し「ハード仕様」の大河
ドラマで見たかった部分もあるんですが・・・。(笑)

あと、豊臣秀次役の北村有起哉さんも、一癖ある役としては
なかなか存在感があって、ストーリーにアクセントを付ける
という意味合いでは、大正解の配役だったのでは!?

・ 「黄金の日日」 (1978年) : 桜木健一
・ 「おんな太閤記」 (1981年) : 広岡瞬
・ 「独眼竜政宗」 (1987年) : 陣内孝則
・ 「秀吉」 (1996年) : 三国一夫
・ 「功名が辻」 (2006年) : 成宮寛貴

ちなみに、これまでの大河ドラマでの主な秀次役は、こんな
感じになっているんですけど、全体的に見ると、凡庸な武将
として描かれることが多かったんですかね!?

やはり、個人的には、「独眼竜政宗」の陣内@秀次が、一番
印象に残っているんですが・・・「功名が辻」の成宮@秀次も、
それなりに良かった記憶が・・・。(笑)

あと、伝説の大河ドラマ「太閤記」(1965年)では、あの田村
正和さんが秀次役だったんですね~!!(なるほど・・・)

●第26回 「母になる時」 2011年7月10日放送

Taiga034

Taiga035

Taiga036

| | コメント (0)

【第25回】江~姫たちの戦国~

◎ 直江兼続の愛の兜
○ 江 (上野樹里)
▲ 豊臣秀勝 (AKIRA)
注 千利休 (石坂浩二)
△ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
△ 豊臣秀次 (北村有起哉)
△ 徳川秀忠 (向井理)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

しかし、愛の兜を装着した、直江兼続が登場した時は、
思わず笑ってしまったんですけど!!(ハハハ!!)

大河ファンとしては、特別出演で、妻夫木@兼続を
もう一度、見たかったような!?(フフフ・・・)

でも、今から思えば、「天地人」(2009年)の時の
キャスティングは、それなりに良かったような!?

・ 豊臣秀吉 (笹野高史)
・ 石田三成 (小栗旬)
・ 千利休 (神山繁)
・ 淀 (深田恭子)
・ 北政所 (富司純子)

そして、ここに、千利休の娘のお涼(木村佳乃)が、
絡んで行き、妻夫木@兼続とイイ関係になってしまう
という展開でしたね・・・。(ハハハ・・・)

で、千利休(石坂浩二)の切腹までのシーンに関しては、
利休が、茶室を出て行く時のカット割りなど、なかなか
工夫して作られていたような!?(Goodでした!!)

あと、田渕久美子さんの脚本は、主人公が寝室に入って
からが真骨頂かと思うので、ラスト付近の二人のシーンは、
もう少し見たかったですかね!?(笑)

●第25回 「愛の嵐」 2011年7月3日放送

Taiga031

Taiga032

Taiga033

| | コメント (0)

【第24回】江~姫たちの戦国~

◎ 千利休 (石坂浩二)
○ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
▲ 江 (上野樹里)
注 石田三成 (萩原聖人)
△ 豊臣秀次 (北村有起哉)
△ 豊臣秀勝 (AKIRA)
△ 徳川秀忠 (向井理)
△ 徳川家康 (北大路欣也)

先週に引き続き、今週のMVPも、千利休(石坂浩二)で
仕方がないところでしょうかね!?(フフフ・・・)

岸谷@秀吉との茶室での1対1のシーンは、なかなか
緊迫感があって、十分に見応えがあったと思います!!

まあ、上野@江が、ストーリーの流れ上、完全に、浮いて
しまっているのは、既にデフォなんですが、今週の場合は
特に、無理やり感が、強かったような!?

それから、最終回だった、「JIN-仁-完結編」の方は、
それなりに、上手くまとめましたかね!?(ハハハ・・・)

原作のコミックスは、まだ未読なんですが、ちょこっと、
今回のドラマと比べてみたいような!?

それでも、綾瀬はるかの時代劇仕様は、かなり良かったと
思うので、再来年の大河主演が、楽しみになって来ました!!

あと1年半など、あっという間なんでしょうなぁ~!!(汗)

●第24回 「利休切腹」 2011年6月26日放送

Taiga028

Taiga029

Taiga030

| | コメント (0)

【第23回】江~姫たちの戦国~

◎ 千利休 (石坂浩二)
○ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
▲ 徳川秀忠 (向井理)
注 江 (上野樹里)
△ 豊臣秀次 (北村有起哉)
△ 石田三成 (萩原聖人)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
△ 豊臣秀勝 (AKIRA)

やはり、ここ1カ月間の秀吉&茶々の恋愛パートが終了して、
ようやく、大河らしい展開になったような気もするんですが、

いや、今週は、これまでの停滞感が一気に吹っ切れたような
なかなか、面白いストーリーだったのでは!?

まあ、向井@秀忠が本格的に出て来たこともあるんでしょうが、
脚本的にも、相当の手直し(?)があったんでしょうかね!?

今までのキョドリ系の萩原@三成が、いきなりブラック系に
変貌したり、また突然の秀吉VS利休の展開などなど・・・。

特に、最後の茶室の緊迫感は、それなりに、見応えがあって、
思わず引き込まれてしまったんですけど・・・。(ハハハ・・・)

個人的には、今後とも、今回のような(歴史的な動きの見える)
流れを期待している次第です・・・。

あと、秀次役の北村有起哉さんが、面白いアクセントに
なっていて、「裏MVP」を差し上げたいと思います!!(笑)

●第23回 「人質秀忠」 2011年6月19日放送

| | コメント (0)

【第22回】江~姫たちの戦国~

◎ 江 (上野樹里)
○ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
▲ 茶々 (宮沢りえ)
注 徳川秀忠 (向井理)
△ 千利休 (石坂浩二)
△ 徳川家康 (北大路欣也)
△ 北条氏政 (清水紘治)
★ 浅井長政、お市の肖像画

ようやく、今週から、向井@秀忠の登場だった訳ですけど、
少しの出演時間にも関わらず、それなりに存在感があって
これから上野@江との絡みも含め、ハードル超高目設定で
期待したいと思っています・・・。

まあ、やはり、「葵徳川三代」(2000年)の西田@秀忠の
イメージが強力に残っているだけに、どれだけその印象を
払拭出来るかが、一つのカギのような気もしますが・・・。

父・家康との微妙な心の葛藤などは、向井くんならではの
見せ場を作ってくれると思うので、ここら辺はいろいろな
意味で、楽しめるところではないでしょうか!?

それから、北条氏政役の清水紘治さんを見て、昔ながらの
大河が帰って来たと思ったのは、私だけでしょうかね!?(笑)

これまでに出演した大河ドラマは、「国盗り物語」、「元禄
太平記」、「風と雲と虹と」、「黄金の日日」、「毛利元就」、
「葵徳川三代」などなど、11作品にもなるようですが・・・。

個人的には、「毛利元就」の尼子国久役などは、なかなか
良かったと高く評価しているんですけど、すぐにフェード
アウトの設定は、ちょっと、勿体ないような気もする今日
この頃・・・。(フフフ・・・)

あと、オリジナルの浅井長政&お市の肖像画を作った(?)
美術スタッフは、なかなかいい仕事をしたのでは!?(笑)

●第22回 「父母の肖像」 2011年6月12日放送

Taiga025

Taiga026

Taiga027

| | コメント (0)

【第21回】江~姫たちの戦国~

◎ 北政所 (大竹しのぶ)
○ 茶々 (宮沢りえ)
▲ 江 (上野樹里)
注 初 (水川あさみ)
△ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
△ 京極龍子 (鈴木砂羽)
★ 京極龍子が飼っているセキセイインコ

今週は、タイトルの「豊臣の妻」の通り、大竹@北政所
VS宮沢@茶々の「女優対決」が、一つの見所だったと
思いますが・・・。

やはり、大竹さんの静かに抑え気味で、内面の苦悩が
見え隠れする演技は、流石の一言ではなかったかと!?

個人的には、大竹さんには、もう少し激しい女のバトル
(ドロドロ系)を期待していたんですが・・・何となく
丸く収まってしまう流れには、少し物足りなさを感じて
いるんですけど・・・。(笑)

あと、今回、水川@初が、両姉妹の間に入って仲を取り
持つ場面は、今後の大坂の陣などに向けての大きな伏線
かと思いますが・・・。

・お江(岩下志麻)
・淀殿(小川真由美)
・お初(波乃久里子)

↑この「葵 徳川三代」(2000年)の超ベテラン三姉妹を
ガッツリ観ているものからすると、今年の三姉妹の最終
局面がどのように展開するのか、ちょっと、心配な部分も
あるような!?(フフフ・・・)

●第21回 「豊臣の妻」 2011年6月5日放送

| | コメント (0)

【第20回】江~姫たちの戦国~

◎ 茶々 (宮沢りえ)
○ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
▲ 江 (上野樹里)
注 京極龍子 (鈴木砂羽)
△ 北政所 (大竹しのぶ)
△ 初 (水川あさみ)
△ 京極高次 (斎藤工)

しかし、何回も書いているように、秀吉&茶々パートが
めっちゃ長いですよね~!!(ハハハ・・・)

いや、公式サイトの「龍子の部屋」をチェックしたら、
向井@秀忠が登場していて、なかなか面白そうな展開
だったような!?

こちらも、上野@江、AKIRA@秀勝、そして向井@秀忠
との三角関係のような感じになっていて、ヤバそうな
匂いもプンプンするんですが・・・。(笑)

父・北大路@家康との親子の確執など、久しぶりに
従来の「大河ドラマ」を堪能できそうな予感もする
今日この頃です・・・。(フフフ・・・)

あと、今後は、北政所(大竹しのぶ)、京極龍子(鈴木砂羽)、
そして、茶々(宮沢りえ)の三人の関係が、ひとつの見所に
なって来ると思いますが・・・。

大竹@北政所には、もう少し弾けさせて、恐い正室役として
登場して欲しいんですけど・・・。(どうなんでしょうか!?)

ということで、「平清盛」(2012年)の第二次出演者の発表を
受けて、気持ちは早くも来年に飛んでいるんですが・・・。

とにかく、秀吉&茶々パートは、早々に切り上げて、先に
進みましょう!!・・・というのが今週の感想です!!(笑)

●第20回 「茶々の恋」 2011年5月29日放送

Taiga055

Taiga056

Taiga057

| | コメント (0)

【第19回】江~姫たちの戦国~

◎ 茶々 (宮沢りえ)
○ 豊臣秀吉 (岸谷五朗)
▲ 初 (水川あさみ)
注 江 (上野樹里)
△ 京極高次 (斎藤工)
△ 北政所 (大竹しのぶ)
△ 京極龍子 (鈴木砂羽)
△ トヨ (山内明日)

しかし、茶々が、秀吉の側室になるまでの過程をここまで
丁寧に描いた作品も珍しいと思うんですけど・・・。(笑)

いや、個人的に、この「秀吉パート」は、ちょっと長過ぎ
のような気もしていたんですが、茶々の揺れる心の葛藤を
宮沢りえは、見事に演じていたと思いますね~!!

まあ、新参の側室のトヨが出て来て、ビンタまでの一連の
流れは、恋愛ドラマという意味では、「鉄板のストーリー」
なんですが・・・。(ハハハ・・・)

主演の上野@江の存在感が、かなり薄くなってしまって、
観ていて心配だったのは、私だけでしょうか!?(笑)

でも、今回のストーリーを考えても、やはり、江が、秀忠と
夫婦になり、春日局とライバル関係になる「大奥パート」が
とりあえず、早く、観たいですよね~!!

まあ、「草燃える」(1979年)の北条政子(岩下志麻)と、
牧の方(大谷直子)のような、ガチンコ対決は、期待して
いませんが・・・。(笑)

アミューズの先輩&後輩という、上野@江と、富田靖子の
春日局の関係は、どのような感じに仕上がるのか、今から
楽しみですね・・・。

●第19回 「初の縁談」 2011年5月22日放送

Taiga022

Taiga023

Taiga024

| | コメント (0)

【第18回】江~姫たちの戦国~

◎ 初 (水川あさみ)
○ 京極高次 (斎藤工)
▲ 茶々 (宮沢りえ)
注 江 (上野樹里)
△ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)
△ 北政所 (大竹しのぶ)
△ 細川ガラシャ (ミムラ)
△ 豊臣秀勝 (AKIRA)

今週は、タイトルの「恋しくて」から、ちょっとヤバイ
展開なのかなぁ~と、思っていたんですけど・・・。

いや、逆の意味で、このような微妙な色恋のストーリー
(ラブコメ?)でこそ、脚本家・田渕久美子さんの本領が
発揮されるのではないかと!?(フフフ・・・)

まあ、相変わらず、上野@江が、いろいろな場面における
「おじゃま虫」仕様なんですが、三姉妹とも、三者三様に
上手く描かれていたような気もしますね・・・。(笑)

個人的に選ぶ、今週のベストシーンは、やはり、北政所
(大竹しのぶ)と、茶々(宮沢りえ)が、すれ違う場面
なんですけど・・・。

ここら辺の、正室VS側室の女の争いは、ドラマとしても
一番盛り上がるシーンかと思うので、今後の展開が楽しみ
になって来ました・・・。(フフフ・・・)

しかし、秀吉(岸谷五朗)と茶々(宮沢りえ)の密会の
シーンに、2度までも、上野@江が現れた時は、流石に
また出て来たぁ~!!・・・とウンザリしてしまったのは
私だけでしょうか!?(ハハハ・・・)

あと、千利休(石坂浩二)が、完全に心理カウンセラーと
化しているのも、気のせいでしょうかね!?(笑)

●第18回 「恋しくて」 2011年5月15日放送

Taiga019

Taiga020

Taiga021

| | コメント (0)

【第17回】江~姫たちの戦国~

◎ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)
○ 徳川家康 (北大路欣也)
▲ 江 (上野樹里)
注 茶々 (宮沢りえ)
△ 大政所 (奈良岡朋子)
△ 旭 (広岡由里子)
△ 北政所 (大竹しのぶ)

今週は、大河ドラマファンには、もう毎度おなじみの
秀吉&家康の腹の探り合いが見所だったと思いますが、

やはり、「独眼竜政宗」(1987年)の勝新@秀吉と、
津川@家康の重厚感たっぷりのシーンが脳裏に焼き
付いている人にとっては、いまいち「ガツン」と来る
ものが無かったのではないかと!?(フフフ・・・)

まあ、勝新@秀吉と、岸谷@秀吉を比べてしまうのは
ちょっと可哀そうなんですけど・・・。(笑)

それにしても、今年の大河ドラマは、あらゆる歴史的な
場面に上野@江が顔を出すのが、既に、デフォになって
いるんですが・・・。(ハハハ・・・)

いや、ここまで来たら、もう、後々の関ヶ原の戦いや、
大坂の陣など、一体どこら辺まで顔を出すのか、逆に
楽しみになって来ましたよね~!!(笑)

あと、家康のところに人質に出された、大政所役の
奈良岡朋子さんの化粧が、なかなかGoodでした!!

●第17回 「家康の花嫁」 2011年5月8日放送

Taiga016

Taiga017

Taiga018

| | コメント (0)

【第16回】江~姫たちの戦国~

◎ 足利義昭 (和泉元彌)
○ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)
▲ 江 (上野樹里)
注 茶々 (宮沢りえ)
△ 近衛龍山 (江良潤)
△ 細川たま (ミムラ)
△ 千宗易 (石坂浩二)
★ 山吹色のお菓子

今週のMVPは、いろいろと迷ったんですけど、
久しぶりに登場した、和泉@義昭将軍ですかね!?

いや、現在、CSの時代劇専門チャンネルで再放送
されている「北条時宗」(2001年)を、同時に観て
いるので、ちょっと感慨深いものもあるような!?

あと、今回は、近衛龍山役の俳優さんも、なかなか
リアル感があって良かったと思いますね~!!

で、問題は、やはり、茶々を落とすために、将軍職や、
関白の座を望んでいる(?)との展開が、どうも納得
出来ないのは、私だけではないでしょう!!(笑)

いや、ドラマとしての脚色は自由かと思うんですが、
そこには一本筋が通っていることが重要で、今回の
流れに関しては、残念ながら、少し付いて行けない
部分もあったような気がしますね~!!(フフフ・・・)

でも、ここ最近の放送回の中では、十分にドラマの中に
入り込むことが出来て、個人的には、それなりに面白い
ストーリーだったと評価しています・・・。(笑)

●第16回 「関白秀吉」 2011年5月1日放送

Taiga013

Taiga014

Taiga015

| | コメント (0)

【第15回】江~姫たちの戦国~

◎ 江 (上野樹里)
○ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)
▲ 本多正信 (草刈正雄)
注 徳川家康 (北大路欣也)
△ ヨシ (宮地雅子)
△ 竹千代 (嘉数一星)
★ 黄金の猿の像

ストーリー的には、上野@江と、岸谷@秀吉との
関係が進展する重要な回だったと思いますが・・・。

どうも、脚本的に空回りしているような気がして
いるのは私だけでしょうか!?(フフフ・・・)

そのような中、草刈@正信と、北大路@家康との
囲碁のシーンだけは、唯一、大河ドラマを演じて
いたような!?(笑)

個人的に、過去の大河での草刈正雄さんは、かなり
好きだった役が多いだけに、今回も期待しているん
ですけど・・・。(ホントに・・・)

・ 「風と雲と虹と」 (1976年) : 鹿島玄明 役
・ 「花の乱」 (1994年) : 日野勝光 役
・ 「毛利元就」 (1997年) : 桂広澄 役
・ 「義経」 (2005年) : 平知康 役
・ 「篤姫」 (2008年) : 阿部正弘 役

あと、「真田太平記」(1985年)の真田幸村役も、
良かったですからね~!!

たぶん、向井@秀忠が登場してからも、後見役として
出番は多いと思うので、ここら辺は楽しみに待ちたい
と思っております・・・。

●第15回 「猿の正体」 2011年4月24日放送

| | コメント (0)

【第14回】江~姫たちの戦国~

◎ 江 (上野樹里)
○ 佐治一成 (平岳大)
▲ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)
注 おね (大竹しのぶ)
△ 茶々 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
△ ヨシ (宮地雅子)
★ 徳川家康 (北大路欣也)

今週は、江の後に、日曜劇場「JIN-仁-」を
ガッツリと見てしまったので、ほとんど、内容を
忘れてしまったんですけど・・・。(笑)

個人的に、江の主役予想で、綾瀬はるかが◎本命
だったので、いろいろと、複雑な思いもしている
今日この頃です・・・。(フフフ・・・)

しかし、今週描かれていた、小牧・長久手の戦い
などは、本当に、秀吉軍と家康軍との駆け引きの
面白さがあると思うんですが・・・。

そこら辺を詳細に描くには、今年の場合はちょっと
無理があるんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

●第14回 「離縁せよ」 2011年4月17日放送

Taiga010

Taiga011

Taiga012

| | コメント (0)

【第13回】江~姫たちの戦国~

◎ 江 (上野樹里)
○ 茶々 (宮沢りえ)
▲ おね (大竹しのぶ)
注 佐治一成 (平岳大)
△ 初 (水川あさみ)
△ ヨシ (宮地雅子)
? 羽柴秀吉 (岸谷五朗)
★ 閨中秘伝抄の春画

今週のMVPは、いろいろと悩むところなんですが、
ここは素直に、主演の上野@江ですかね!?(笑)

個人的には、宮沢@茶々と、大竹@おねの一対一の
シーンが、なかなか良かったと思うんですが・・・。

これから、淀VSおねの展開が、どのように進むのか、
ここら辺は、ちょっと興味深い部分でしょうか!?

あと、侍女のヨシが春画を見せるシーンで、上野@江が
卒倒してしまうのは、違うような気も!?(ハハハ・・・)

いや、今回の江のキャラ付けなら、逆に興味を持って、
侍女を質問攻めにしていると思うんですが・・・。(笑)
↑これは自分だけの感想ですかね!?(フフフ・・・)

それから、佐治一成(平岳大)に関しては、イイ感じに
仕上がっていたのでは!?いや、今週、来週(?)だけで
フェードアウトでは、少し勿体ないような!?

●第13回 「花嫁の決意」 2011年4月10日放送

Taiga007

Taiga008

Taiga009

| | コメント (0)

【第12回】江~姫たちの戦国~

◎ 茶々 (宮沢りえ)
○ 江 (上野樹里)
▲ 初 (水川あさみ)
注 千宗易 (石坂浩二)
△ 石田三成 (萩原聖人)
△ 於義丸 (前田健)
△ おね (大竹しのぶ)
★ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)

完全にコメディ大河なんですけど、要所ではしっかりと
泣かせるシーンもあったりと、個人的には見応えがある
回だったと思いますが・・・。(どうなんでしょうか!?)

特に、千宗易(石坂浩二)と、三姉妹のシーンで、
宮沢@茶々が饅頭を食べるところなどは、なかなか
練られた脚本ではなかったかと!?

それにしても、まえけん@於義丸(後の結城秀康)の
そのままの登場にはビックリしたんですけど!!(笑)

後の秀忠(竹千代)とは、実際は5歳ぐらいの年の差なので、
あのシーンは、相当に無理がありますよね~!!(ハハハ!!)

●第12回 「茶々の反乱」 2011年4月3日放送

Taiga004

Taiga005

Taiga006

| | コメント (0)

【第11回】江~姫たちの戦国~

◎ 茶々 (宮沢りえ)
○ 江 (上野樹里)
▲ 初 (水川あさみ)
注 おね (大竹しのぶ)
△ 京極龍子 (鈴木砂羽)
△ 千宗易 (石坂浩二)
★ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)

やはり、今週は、宮沢@茶々の確変の回でしたかね!?

もちろん、MVPは、彼女を選ぶしかない訳ですけど、
「太平記」(1991年)の藤夜叉役(当時18歳)と比べると
隔世の感があるのは、私だけでしょうか!?(笑)

あと、上野@江の顔の表情が、なかなか良くなっていて、
主役の風格(?)が出て来たような気がするんですけど、
これは、気のせいでしょうかね!?(ハハハ・・・)

●第11回 「猿の人質」 2011年3月27日放送

Taiga001_3

Taiga002_3

Taiga003_2

| | コメント (0)

【第10回】江~姫たちの戦国~

◎ 市 (鈴木保奈美)
○ 江 (上野樹里)
▲ 石田三成 (萩原聖人)
注 柴田勝家 (大地康雄)
△ 茶々 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
★ 羽柴秀吉 (岸谷五朗)

今週のMVPは、今までで一番見せ場があった
市(鈴木保奈美)でしょうかね!?

やはり、石田三成に対する「威厳」のようなものは、
見ていても、グッと引き込まれる感じでした・・・。

あと、市が最後に、三姉妹に渡した三つの形見(?)が、
ちょっと、脚本的には出来過ぎの感じもしたんですけど、

初が両者をつなぐ絆というくだりは、なかなか見事に
まとまっていて、思わず感心してしまいました・・・。

※今回の大河ドラマの再開は、被害の大きかった地域の
 ことを考えると、賛否両論かと思いますが・・・。

 本当の意味で、一刻も早く落ち着いて、物語を楽しめる
 日々が来ることを願って止みません・・・。

●第10回 「わかれ」 2011年3月20日放送

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年10月 »