« 2011年2月 | トップページ | 2011年9月 »

【第9回】江~姫たちの戦国~

今週のMVPに関しては、柴田勝家(大地康雄)と、
市(鈴木保奈美)の二人で迷ったんですけど・・・。

◎ 柴田勝家 (大地康雄)
○ 市 (鈴木保奈美)
▲ 江 (上野樹里)
注 茶々 (宮沢りえ)
△ 初 (水川あさみ)
★ 江が縫った勝家の刺繍

最初の刺繍のシーンで、小指が立っているところを
見ただけで、大地@勝家に一票ですかね!?(笑)

いや、先週も書いたように、北庄城に入ってからの
義父、そして夫という関係をここまで丁寧に描いた
作品は、たぶん、過去の大河ドラマでも無かったと
思うので・・・。

やはり、今回は、大地康雄さんという一人の俳優の
持つキャラクターも大きかったのではないかと!?

まあ、最後の出陣シーンの後姿だけで、主演の上野
@江を引き立たせたのは、流石の一言でしょう!!

あと、出陣前の御守りの場面も、なかなか良かった
と思いますが、茶々、初と、二人の姉が、それぞれ
大地@勝家に渡した後・・・。

これは上野@江が縫っていた、あの「例の刺繍」が
出て来るなぁ~と、完全に読み切ったのは、私だけ
ではないでしょう!!(ハハハ・・・)

このような、ドラマの流れの中で重要な意味を持つ
小道具などの使い方は、「篤姫」の時から、得意技
だったと思いますが・・・。

今回は、北庄城の襖絵、天守閣からの風景、さらに、
雪の中の花とか、美術関係のスタッフも、頑張って
いたのではないかと!?(ホントに!!)

Taiga61

Taiga63

Taiga69

それから、もう、ここでも何度も書いていることなん
ですが、現在、CSチャンネル銀河で再放送されて
いる、「毛利元就」(1997年)が、なかなか面白くて
思わず見入っている今日この頃・・・。

・第33回 「冴えわたる策略」
・第34回 「闇に舞う般若」
・第35回 「最後の反逆者」
・第36回 「鬼のかけひき」

先週は、ここら辺の「中盤の核」となるストーリーを
放送していたんですが、中村橋之助演じる元就が
凄味のようなものを増して行くのも、このあたりの
展開からでしょうか!?

そのような中でも、この3人に関しては、MVP級
の存在感&演技だったと思いますが・・・。

・ 井上元兼 : 片岡鶴太郎
・ 吉川興経 : 京本政樹
・ 椋梨景勝 : 舟木一夫

まあ、井上元兼(片岡鶴太郎)の伝説の火縄銃での
自害シーンは、もう書くまでも無いんですが・・・。

初回から井上一族の長として、毛利家に対する経済
的な関係や、大内家とのつなぎ役、また、元就個人
への対抗心、怨念などは、見事に描き出されていた
のではないかと!?

あと、個人的に「鬼のかけひき」については、特に
神回だったと高く評価しているんですけど・・・。

吉川興経(京本政樹)と、その息子、千法師が元就
の命で斬られてしまう一連の流れや、また、小早川
家の家臣椋梨景勝(舟木一夫)も、メッチャいい役
を演じていましたよね~!!(ホントに!!)

沼田小早川家の盲目の当主を身を呈して守る場面や、
切腹のシーンなどは、何度見ても泣けてしまうのは
私だけでしょうか!?(フフフ・・・)

Taiga80

Taiga81

Taiga85

ということで、今週の視聴率ですが、【20.0%】と、
先週と比べると、1Pほど下がった模様です・・・。

●大河ドラマ「年間平均視聴率」
【第1位】 「独眼竜政宗」 (1987年) : 39.7%
【第2位】 「武田信玄」 (1988年) : 39.2%
【第3位】 「春日局」 (1989年) : 32.4%
【第4位】 「赤穂浪士」 (1964年) : 31.9%
【第5位】 「おんな太閤記」 (1981年) : 31.8%

【第6位】 「徳川家康」 (1983年) : 31.2%
【第7位】 「太閤記」 (1965年) : 31.2%
【第8位】 「秀吉」 (1996年) : 30.5%
【第9位】 「いのち」 (1986年) : 29.3%
【第10位】 「八代将軍吉宗」 (1995年) : 26.4%
※初回~最終回、期間平均(関東地区)

ちなみに、過去の大河ドラマの、年間平均視聴率の
ベスト10上位作品は、こんな感じになっているん
ですけど・・・。

改めて見ても、「独眼竜政宗」や、「武田信玄」の
いわゆる「大河2TOP」の数字は、驚くべきもの
がありますよね~!!

まあ、「独眼竜」から、リアルタイムで大河ドラマを
見始めて、その後、どっぷりとハマってしまったもの
からすると、これも納得の視聴率なんですが・・・。

●個人的に選ぶ「大河ドラマ作品ベスト5」
【第1位】 「独眼竜政宗」 (1987年)
【第2位】 「武田信玄」 (1988年)
【第3位】 「太平記」 (1991年)
【第4位】 「翔ぶが如く」 (1990年)
【第5位】 「炎立つ」 (1993年)
※1987年以降の大河ドラマ限定

やはり、個人的に選ぶ、大河作品ベスト5も、上位の
2作品に関しては、「別格」ということで、仕方がない
評価でしょうかね!?(フフフ・・・)

それから最近、CSの方で、再放送をガッツリと見て
しまった「風と雲と虹と」(1976年)、「黄金の日日」
(1978年)、「草燃える」(1979年)といった作品群の
順位付けをどうするのか、これはちょっと頭の痛い
ところでしょうか!?(笑)

●第9回 「義父の涙」 2011年3月6日放送

Taiga88

Taiga89

Taiga90

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年9月 »