« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

【第30回】龍馬伝

今週のMVPも、いろいろと選ぶのは難しいと思い
ますが、やはり、サブタイトルの「龍馬の秘策」の
通り、福山@龍馬で仕方がないですかね!?(笑)

龍馬とゆかいな仲間たちのカステラ作りや、大浦慶
(余貴美子)との出会い、さらに、西郷隆盛(高橋
克実)と、後の薩長同盟を予感させるシーンなどは、
思わず見入ってしまいました・・・。

それと、今回、個人的に、興味深く見ていたのは、
高杉晋作(伊勢谷友介)が遊んでいたシャンチー
(中国象棋)なんですけど・・・。

いや、もちろん、基本的なルールなどは、全く知ら
ないんですが、幕末の長崎という街に、妙にマッチ
して、演出の小道具としても、上手い使い方をして
いるなぁ~と、感心していました!!(笑)

また、豪商たちが集まって麻雀をしているシーンも、
なかなか、当時の雰囲気を出していて、良かったと
思いますが・・・。(丸い円卓が不思議な感じ!?)

ちょこっと、見た限りでは、大浦慶が上がった役は、
索子の混一色で、どう考えても、満貫以上の大物手
だったような!?(ハハハ・・・)
↑麻雀を知らない方はスイマセン!!(笑)

それから、先週も書いたように、お元(蒼井優)の
芸妓としてのリアルな仕上がりや、またコロコロと
変わる顔の表情などは、彼女が持っている演技力
の裏付けかと思いますが・・・。

いや、長崎奉行所の隠密と、隠れキリシタンという
両面を持つ複雑なキャラを、いとも簡単にこなして
いるのは、流石の一言でしょう!!(ホントに!!)

あと、今週、初登場だった池内蔵太(桐谷健太)に
関しては、第2部あたりから出しても、良かったの
ではないかと!?(ちょっと、勿体なかった!?)

昨年の「JIN-仁-」(2009年)の佐分利祐輔役
では、かなり、印象に残る演技だったので、今回も
それなりに、期待はしております・・・。(笑)

Taiga11

Taiga13

Taiga15

そして、先週、Nスポーツ紙で、再来年2012年の
大河ドラマが、平清盛を主人公にした「平家もの」
という記事があったんですけど・・・。

いや、自分の◎本命予想としては、北条政子だった
ので、これは時代的にも、ちょっと、惜しかったです
かね!?(ハハハ・・・)

何か、平清盛を主人公とした大河ドラマは、1972年
の「新・平家物語」から、40年ぶりとのことですが、
当時のマスターテープは、残念ながら、ほぼ残って
いないんでしょうなぁ~!!(ガックリ・・・)

●「新・平家物語」(1972年)の主な配役

・ 平清盛 : 仲代達矢
・ 平時子 : 中村玉緒
・ 平忠盛 : 中村勘三郎(十七代目)
・ 平時忠 : 山崎努
・ 平徳子(建礼門院) : 佐久間良子
・ 平敦盛 : 中村勘九郎(現・中村勘三郎)
・ 源頼朝 : 高橋幸治
・ 北条政子 : 栗原小巻

・ 北条時政 : 加東大介
・ 北条義時 : 西田敏行
・ 源義経 : 志垣太郎
・ 常盤御前 : 若尾文子
・ 木曽義仲 : 林与一
・ 以仁王 : 北大路欣也
・ 後白河院 : 滝沢修
・ 崇徳院 : 田村正和

ちなみに、「新・平家物語」(1972年)の主な配役は、
こんな感じなんですけど・・・。

この他にも、緒形拳、藤田まこと、片岡孝夫、などなど、
錚々たる俳優陣が出演していたんですね~!!(驚)

また、この時、平経盛役だった郷ひろみは、当時17歳で、
この作品が俳優デビューだったということです・・・。

で、問題は、再来年のキャスティング予想なんですが、
まず、個人的に、平清盛役ということで、速攻で頭に
浮かんで来たのは、渡辺謙さんなんですけど・・・。

いや、最近の「インセプション」などの出演を考えると、
これは、ギャラ的に無理なのではないかと!?(笑)

何か、2時間のSPドラマ1本で7000万円という
ことが、本当かどうかは知りませんけど、某夕刊紙の
記事にもなっていましたが・・・。(フフフ・・・)

大河ドラマ誕生50年という節目を考えると、NHK
サイドの大盤振る舞い(?)も、ひょっとしたら有り
得ることなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

Taiga25

Taiga26

Taiga29

ということで、今週の視聴率ですが、【17.9%】と、
先週と比べると、2ポイント以上UPした模様です。

●2010年7月25日(日)
【17.9%】 龍馬伝 (NHK総合)
【16.9%】 世界の果てまでイッテQ! (日テレ)
【6.0%】  オレたち!クイズMAN (TBS)
【17.3%】 FNSの日26時間テレビ2010 (フジテレビ)
【8.8%】  劇的ビフォーアフターⅡ (テレ朝)
【4.6%】  日曜ビッグバラエティ (テレ東)

今週は、この時間帯の2TOPだった「龍馬伝」と、
「イッテQ」の間に、フジの「26時間テレビ」が
入って来て、一体、どのような数字になるのか
注目していたんですが・・・。

結局、3つの番組とも、ほぼ横一線といった感じで、
これは主要視聴者層の分散化(?)とも言える結果
なんでしょうかね!?(笑)

先週の「龍馬伝」は、今年の最低視聴率の【15.8%】
だったので、ちょっと心配していたんですが・・・。

とりあえず、この時間帯のTOPをキープ出来たのは
良かったのではないかと・・・。(フフフ・・・)

●第3部からの主な新キャスト

・ 高杉晋作 : 伊勢谷友介
・ お元 : 蒼井優
・ 大浦慶 : 余貴美子
・ 伊藤俊輔 : 尾上寛之
・ 井上聞多 : 加藤虎ノ介
・ 小曽根乾堂 : 本田博太郎
・ 池内蔵太 : 桐谷健太
・ 朝比奈昌広 : 石橋凌
・ 中岡慎太郎 : 上川隆也

そして、もう一度、第3部からの主な新キャストを
まとめてみると、こんな感じになるんですが・・・。

やはり、これから一番気になるのは、来週から登場
予定の中岡慎太郎(上川隆也)でしょうかね!?

もちろん、龍馬と共に暗殺されてしまう、超重要人物
なんですが、「功名が辻」(2006年)での山内一豊役
以降、どのように「殿」が変わったのか・・・。(笑)

ここら辺は、長年の大河ファンとしても、一番面白い
部分ではないでしょうか!?(ハハハ・・・)

●第30回 「龍馬の秘策」 2010年7月25日放送

Taiga37

Taiga39

Taiga40

| | コメント (0)

【第29回】龍馬伝

いよいよ、第3部が始まり、新キャラも続々登場して
あっという間の45分間だったんですけど・・・。

いや、伊勢谷友介バージョンの高杉晋作が、ここまで
イイとは、ちょっと、想定外でしたかね!?(笑)

我々の頭の中には、あの有名な写真のイメージがある
と思うんですが、何となく、高杉晋作だけ、そのまま
当時の雰囲気で出て来てしまったような気がしたのは、
私だけでしょうか!?(フフフ・・・)

たぶん、ザンギリ頭が、これ程カッコイイ人も珍しい
と思うんですが(笑)、画面の中での存在感というか、
ここまで、その場の空気を変えることが出来る役者も
今では、なかなか、少ないのではないかと・・・。

何か、ネット上の某コミュでは、黒澤映画「用心棒」の
仲代達矢(新田の卯之助)とダブって見えたとのカキコ
もあったんですが・・・いや、なるほどなぁ~と、思わず
頷いてしまいました・・・。(ハハハ・・・)

●大河ドラマでの高杉晋作役
・ 「三姉妹」 (1967年) : 山本學
・ 「竜馬がゆく」 (1968年) : 和田浩治
・ 「花神」 (1977年) : 中村雅俊
・ 「龍馬伝」 (2010年) : 伊勢谷友介

ちなみに、大河ドラマで、高杉晋作役を演じたのはこんな
感じなんですが、思っていたよりも少ないですかね!?

いや、他にも、幕末大河作品は、たくさんあるんですけど、
やはり、高杉晋作自身が、あまりにもアクが強過ぎるので、
長州モノ以外では、扱いにくい人物なんでしょうか!?

以前にも書いた通り、「花神」での中村雅俊バージョンは、
ぜひ一度見てみたいんですが、まあ、毎度おなじみの保存
テープの発掘作業を待つしかないんでしょうなぁ~!!

Taiga75

Taiga88

Taiga89

そして、今週は、第4のヒロインのお元(蒼井優)も
初登場だった訳ですが、いや、こちらも、思っていた
以上に良かったのではないかと!?

個人的に、料亭での芸妓の演技には、思わず見入って
しまったんですけど、これは芸妓の専門的な指導など
も含め、かなり丁寧に作り込まれていますよね~!!

また、蒼井優の全体的な雰囲気に関しても、ホントに
幕末当時に居たようなリアルな感じに仕上がっていて、
ちょっと、第4のヒロインからランクUPするような
勢いだったような気がします・・・。(フフフ・・・)

あと、明治15年(1882年)という設定で、大事業家に
なった岩崎弥太郎(香川照之)が、千葉佐那(貫地谷
しほり)の営む、小さな灸治医に通っている場面から
第3部は、始まった訳ですけど・・・。

ここら辺のストーリー展開は、なかなか練られていて
面白かったと思いますが、何か、先日のニュースでは、
千葉佐那の生涯独身説に、疑問符が付いてしまったと
いうことですよね~!!(ホントなんでしょうか!?)

いや、龍馬の暗殺の後、元鳥取藩士と結婚していた
とする明治時代の新聞記事が見つかったようですが、

もしも、本当なら、完全に通説を覆すような大発見
ではないかと!?(笑)う~ん、このことによって、
司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」も、大幅に見方が
変わってしまいますからね~!!(ハハハ・・・)

個人的には、父の千葉定吉が剣術師範役を務めていた
のが鳥取藩だっただけに、かなり信ぴょう性は高いと
思うのですが・・・。

何か、結局、この元鳥取藩士のダンナとは、10年も
経たずに、離縁して、バツイチ(?)になったという
ことなので、その後の「スピンオフ龍馬伝」としても、
なかなか、興味深いところでしょうかね!?(笑)

Taiga96

Taiga97

Taiga98

ということで・・・今週の視聴率ですが、【15.8%】と、
先週と比べたら、1ポイント以上落とした模様です。

まあ、これは、海の日を含む、3連休の中日だった
ので仕方がないことかと思いますが、第3部の初回
としては、ちょっと痛いマイナス発進でしたかね!?

個人的に、第2部の後半部分に関しては、多少ダレ
気味だったと思っているので、第3部に入ってから、
面白さが倍増したと期待しているんですが・・・。

やはり、「篤姫」(2008年)の時にも、何度も書いて
いるように、今の時代は、F2層(35~49歳の女性)や、
F3層(50歳~の女性)を取り込まないと、数字的には
全く伸びないですからね~!!

自分の希望としては、今まで以上に「硬派路線」で
突き進んでもらいたいんですが、視聴率的なことも
考えると「スイーツ路線」とのさじ加減は、難しい
ところなんでしょうかね!?(笑)

●SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR
・第30回 「龍馬の秘策」 (7月25日)
・第31回 「西郷はまだか」 (8月01日)
・第32回 「狙われた龍馬」 (8月08日)
・第33回 「亀山社中の大仕事」 (8月15日)
・第34回 「侍、長次郎」 (8月22日)
・第35回 「薩長同盟ぜよ」 (8月29日)

ちなみに、今後の放送予定に関しては、こんな感じ
なんですけど、薩長両藩と、その仲立ちに入る龍馬
という基本図式は、変わらないと思います・・・。

ストーリー本(後編)のあらすじも、一応、軽~く
読んではいるんですけど、どのように、亀山社中が
作られて行くのか・・・また、そこから海援隊への
展開などは、詳細に描いてもらいたいような!?

まあ、来週はフジの26時間テレビ、8月に入れば
お盆休みや、日テレの24時間テレビなど、強力な
ライバルも増えると思うので・・・。(笑)

この暑い夏を、どのように乗り切るのか、注目して
見たいと思っております・・・。(ハハハ・・・)

●第29回 「新天地、長崎」 2010年7月18日放送

Taiga05

Taiga06

Taiga07

| | コメント (2)

【第28回】龍馬伝

やはり、今週のMVPに関しては、サブタイトルの
「武市の夢」の通り、武市半平太(大森南朋)で、
仕方がないと思いますが・・・。

あの切腹のシーンについては、過去の大河ドラマの
様々な名場面と比べても、決して遜色は無かったと、
高い評価をしております!!

ただし、個人的には、牢番の和助(小市慢太郎)に
最期の言葉をかけるところの方が、ジ~ンと来たん
ですけど・・・。(フフフ・・・)

いや、ここら辺の大森南朋さんの一連の所作というか、
立ち姿の美しさは、演出なども含め、カメラワークの
上手さもあるんでしょうが、なかなか見応えがあった
と思いますけどね~!!(ホントに・・・)

あと、山内容堂公(近藤正臣)との牢の中の場面も、
かなり、緊迫感があって、見ている視聴者としても
引き込まれる名シーンだったと思いますが・・・。

この酔いながら、頑固一徹な武市半平太を説得させる
という演技は、役者としても、相当に、難易度が高い
モノだったような気がしますけど・・・。

いや、脚本的にも、武市半平太が、切腹するまでの
流れを、一体どのように描くのか、大変、興味深い
ところだったんですが・・・。

何か、妙に、腑に落ちるラストだったので、第2部の
最終回としては、十分に納得出来るストーリー展開
だったと思っております・・・。

まあ、欲を言えば、武市や、岡田以蔵(佐藤健)が
捕まってから、多少時間的に間延び感があったのも
事実なんですが、この部分に関しては、目をつぶる
ことにしましょう!!(ハハハ・・・)

Taiga59

Taiga60

Taiga61

そして、第2部が終了ということで、これまで放送
された中で、毎度おなじみ、ベスト3の回をピック
UPしたいと思いますが・・・。

●龍馬伝 「SEASON2」 放送回ベスト3

【金】 第21回 「故郷の友よ」 (5月23日放送)
【銀】 第18回 「海軍を作ろう!」 (5月02日放送)
【銅】 第14回 「お尋ね者龍馬」 (4月04日放送)

いや、第1部の時と比べると、選ぶのに少し迷った
んですけど、個人的な趣味も含め、このような感じ
にしてみました・・・。(笑)

第1位【金賞】に選んだ「故郷の友よ」に関しては、
以前にも書いたんですけど、武市半平太(大森南朋)
と冨(奥貫薫)夫妻の「最後のあさげ」のシーンが
深く脳裏に残っていたので・・・。

第2位【銀賞】の「海軍を作ろう!」については・・・。
神戸海軍操練所にやって来た各藩士たちの生き生き
とした描写や、岡田以蔵が、勝海舟(武田鉄矢)を
斬りに行き、そのまま用心棒になってしまう一連の
流れの面白さでしょうかね!?(笑)

で、第3位【銅賞】に関しては、いろいろと迷った
んですけど、第2部の始まりの「お尋ね者龍馬」
にしました・・・ワイルドに変貌した福山@龍馬と、
大坂の街のセットの雰囲気が、妙に印象に残って
いるので・・・。(フフフ・・・)

その他は、第16回「勝麟太郎」(4月18日放送)や、
第19回の「攘夷決行」(5月09日放送)、第23回の
「池田屋に走れ」(6月06日放送)なども選んでも
良かったですかね!?(笑)

それから、第2部全体を通してのMVPなんですが、
う~ん、これも、いろいろと難しいですなぁ~!!

●龍馬伝 「SEASON2」 MVP

◎ 武市半平太 (大森南朋)
○ 岡田以蔵 (佐藤健)
▲ 勝麟太郎 (武田鉄矢)
注 山内容堂 (近藤正臣)
△ 武市冨 (奥貫薫)
△ 後藤象二郎 (青木崇高)
△ 平井加尾 (広末涼子)
△ 平井収二郎 (宮迫博之)
△ 近藤勇 (原田泰造)
△ 西郷隆盛 (高橋克実)
★ 楢崎龍 (真木よう子)

まあ、もちろん、福山@龍馬と、岩崎弥太郎(香川
照之)の二人は別枠として外したんですけど・・・。

◎武市、○以蔵、▲勝の3人には、誰にでもMVPを
あげたい気分ですよね~!!(ホントに・・・)

とりあえず、ここは、第2部のラストを見事に飾った
◎武市半平太(大森南朋)ということで、お茶を濁さ
せて頂きます・・・。(笑)

それと、個人的に、ツボにハマった俳優さんとして、
海軍操練所の塾頭だった佐藤与之助(有薗芳記)も、
一応、挙げておきます・・・。(ハハハ・・・)
↑「風林火山」ファンという意味でも!!(笑)

Taiga63

Taiga65

Taiga67

ということで、今週の視聴率ですが、【17.0%】と、
先週と比べたら、若干、下げた模様です・・・。

●2010年7月11日(日) 19:00~20:00
【17.0%】 龍馬伝 (NHK総合)
【12.4%】 ザ!鉄腕!DASH!! (日テレ)
【10.8%】 さんまのからくりTV (TBS)
【11.5%】 熱血!平成教育学院 (フジテレビ)
【7.1%】  シルシルミシルさんデー (テレ朝)
【4.9%】  モヤモヤさまぁ~ず2 (テレ東)

もちろん、今週の場合は、参議院選挙の開票&報道
特番のために、19:10からの前倒し放送だったので、
一概に比べることは出来ないんですけど・・・。

それでも、ほとんど横ばいの数字をキープしたのは、
上出来と言ってもイイのではないかと!?(笑)

●各局選挙特番の視聴率
【18.8%】 参院選2010開票速報 (NHK総合)
【9.7%】  ZERO×選挙2010・第1部 (日テレ)
【9.2%】  乱!参院選2010・第1部 (TBS)
【8.2%】  FNN踊る大選挙戦2010 (フジテレビ)
【7.2%】  選挙ステーション2010・第1部 (テレ朝)
【8.0%】  池上彰の選挙スペシャル (テレ東)

ちなみに、各局の選挙特番の視聴率は、こんな感じ
だったんですけど、やはり、テレ東の池上彰さんの
番組の躍進が目立ちましたかね!?(笑)

いや、テレビ朝日の「選挙ステーション」に勝った
というのは、大快挙ではないかと!?(ハハハ!!)

自分も、いろいろと各局をザッピングしながら見て
いたんですけど、NHKを除けば、民放で一番長く
滞在していたのは、テレ東でしたかね!?(笑)

池上彰さんと女子アナとの選挙戦を巡るバスツアー
とかは、なかなか面白かったと思いますけど・・・。

各党首や、当選者へのインタビューも、それなりに
鋭い突っ込みを入れていて、見応えは十分にあった
ような気がします・・・。(ハハハ・・・)

そして、いよいよ、来週からは、SEASON3の第3部が
始まる訳ですが、視聴率的にも、どのように推移する
のか、ちょっと、注目して見たいような!?(笑)

次回予告の映像を見た限りでは、長崎のロケシーン
などは、かなり期待が出来そうなので、ここら辺は、
ワクテカ状態で、待ちたいと思っております!!

特に、初登場の「伊勢谷友介バージョン」の高杉晋作
などは、一体、どのような仕上がりになっているのか、
非常に楽しみですよね~!!

●第28回 「武市の夢」 2010年7月11日放送

Taiga69

Taiga71

Taiga74

| | コメント (0)

【第27回】龍馬伝

今週のMVPは、サブタイトルの「龍馬の大芝居」の
通り、福山@龍馬を選ぶしかないような気もしますが、

いや、今回の場合は、いわゆる史実とは関係のない
脚本家のフリーハンド(?)によるストーリー展開
だったので、いろいろと賛否両論もあったとは思い
ますけど・・・。(フフフ・・・)

それでも、個人的には、これまで福山@龍馬が演じて
来た様々な名シーンと見比べてみても、決して遜色は
無かったと、高い評価をしております!!(笑)

まあ、今後の展開を考えると、ここまで後藤象二郎
(青木崇高)との関係を悪化させて大丈夫なのかと、
心配な部分も多々あるんですが・・・。(ハハハ!!)

これから、慶応3年(1867年)の長崎の料亭「清風亭」
での歴史的な和解に向けて、逆に、どのような感じに
物語が展開するのか、楽しみになって来ました!!

で、その龍馬と象二郎との間に入って、仲介役として
重要な働きをするのが、溝渕広之丞(ピエール瀧)と
いうことで、今後も見逃せないキャラかと思いますが、

今週も、美味しい役どころで、ストーリー本(後編)
にも書いてあった「面倒見のいい地元の先輩のような
存在」という表現が一番合っているような!?(笑)

たぶん、ピエール瀧が持っている独特の雰囲気もある
とは思いますが、ここまで、飄々とした感じを出せる
のは、流石の一言です!!(ホントに・・・)

Taiga14

Taiga05

Taiga13

そして今週は、注目していた来年2011年の大河ドラマ
「江~姫たちの戦国~」の男性出演者の発表もあった
訳ですが・・・。

・ 織田信長 : 豊川悦司
・ 豊臣秀吉 : 岸谷五朗
・ 徳川家康 : 北大路欣也

戦国ビッグ3に関しては、トヨエツ版の信長は、一体
どのような仕上がりになるのか、ちょっと楽しみです
よね~!!(ハハハ・・・)

まあ、昔からの大河ファンとしては、炎立つ(1993年)
の清原家衡役で、かなり、強烈な印象を持っていると
思いますが・・・。(フフフ・・・)

田渕久美子さんの原作を読んでも、相当のカリスマ性
を前面に押し出している感じなので、彼にはピッタリの
配役なのではないかと・・・。(笑)

あと、徳川家康役の北大路欣也さんについては、たぶん
「篤姫」(2008年)繋がりで、キャスティングされたと思い
ますが・・・。

主演の上野樹里とは、NHKの月曜ドラマシリーズの
「生存」(2002年)という作品で、共演していたんで
すね~!!(これは、ちょっと知りませんでした・・・)

個人的には、現在CSで再放送されている「北条時宗」
(2001年)の博多商人・謝国明役としての存在の方が
大きいんですけど・・・。(ハハハ・・・)

今度の作品でも、ドラマの中の重鎮として、画面全体が
ピリッと引き締まる役柄でお願いしたいものです!!

・ 徳川秀忠 : 向井理

・ 浅井長政 : 時任三郎
・ 石田三成 : 萩原聖人
・ 豊臣秀次 : 北村有起哉
・ 豊臣秀長 : 袴田吉彦
・ 黒田官兵衛 : 柴俊夫
・ 千利休 : 石坂浩二

・ 柴田勝家 : 大地康雄
・ 明智光秀 : 市村正親
・ 森蘭丸 : 瀬戸康史
・ 森坊丸 : 染谷将太
・ 森力丸 : 阪本奨悟
・ 京極高次 : 斎藤工

それから、その他、主な配役については、こんな感じ
なんですけど、大注目だった江(上野樹里)の夫役は、
結局、「ゲゲゲの女房」のダンナがそのままスライド
しただけなんですね・・・。(笑)

まあ、田渕久美子さんの脚本ということで、江と秀忠
の夫婦関係が「スイーツ路線」になるのは、必至なん
ですけど・・・。(フフフ・・・)

篤姫と家定のプラトニックな関係を、あそこまで見事
に描き切った手腕には、今回も、期待してイイのでは
ないかと・・・。(ホントに・・・)

あとは、「太平記」(1991年)で一色右馬介役だった
大地康雄さんも、久々の登場ということで、こちらも
個人的には、楽しみな一人ですね~!!(笑)

Taiga22

Taiga23

Taiga24

ということで、今週の視聴率ですが、【17.3%】と、
先週と比べたら、若干、下げた模様です・・・。

●2010年7月4日(日)
【17.3%】 龍馬伝 (NHK総合)
【17.7%】 世界の果てまでイッテQ! (日テレ)
【14.8%】 さんまのからくりTVSP (TBS)
【6.6%】  爆笑レッドカーペット (フジテレビ)
【9.5%】  劇的ビフォーアフター (テレ朝)
【10.7%】 池上彰がズバリ解説! (テレ東)

やはり、毎週、日曜日午後8時の視聴率ウオッチャー
としては、今週は、ちょっとした異変があったんです
けど・・・。(フフフ・・・)

う~ん、あのフジテレビが、この時間帯の最低視聴率
を取ってしまったということでしょうか!?(汗)

まあ、毎週、この定位置は、お約束として、テレ東の
「日曜ビッグバラエティ」枠だったんですけど・・・。

今週は、禁断の果実(?)の「池上彰さんの番組」を
持って来て、2ケタの数字を奪取しました!!(驚)

いや、そろそろ、マンネリ化で、視聴者層にも飽きが
来て、いわゆる「池上ブーム」も、終わりが近いとの
声もありますが・・・。

先週のTBSの数字なども含め、まだまだ続くような
気もしますけど・・・。(どうなんでしょうかね!?)

個人的には、土佐勤王党の弾圧が始まり、武市半平太
(大森南朋)が投獄され、岡田以蔵(佐藤健)の拷問の
場面も、少し長いような気もするんですが・・・。

ここら辺のストーリーの暗さも、ちょっと、視聴率を
落としている要因なんでしょうかね!?

まあ、来週の場合は、参議院選挙で、放送時間が前倒し
されるので、仕方がない部分もあるんですが・・・。

本当の勝負は、「SEASON3」の第3部(長崎編)が始まる、
再来週以降と見て間違いないでしょう・・・。(笑)

●第27回 「龍馬の大芝居」 2010年7月4日放送

Taiga31

Taiga34

Taiga36

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »