« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

【第8回】龍馬伝

しかし、岩崎弥太郎(香川照之)の「汚れ仕様」に
全く違和感なく、普通に慣れてしまっているのが、
不思議な感覚なんですけど・・・。(ハハハ・・・)

あの冒頭の江戸から土佐への「大駆け」のシーンは、
公式サイトによると、何か、5つのブロックに分けて、
3か月間も掛けて撮影したそうですね~!!(驚)

今週も、全編を通してのエネルギッシュな躍動感や、
龍馬に対する屈折した感情などを見事に表現していて、

それを完璧にこなしている役者としての香川照之の
ポテンシャルの高さを、改めて、実感している今日
この頃です・・・。(笑)

もちろん、ここまで「リアル感」のある人物設定は、
スタッフサイドの努力もあるとは思いますが・・・。

今回、人物デザイン監修として入っている柘植伊佐夫
さんのインタビュー記事などを読むと、なかなか興味
深くて面白いですよね~!!(ホントに・・・)

あのポスター撮影用の福山@龍馬がはいている袴は、
実は、デニムで作られているとか、カツラのサイズも
通常の75%のサイズを使用している等々・・・。

弥太郎の汚しも、歯の一本一本まで、特殊な顔料で
茶色く塗っているそうですが、画面全体が埃っぽく
見えるのは、まさかコーンスターチを撒き散らして
作っているとは思いませんでした・・・。(笑)

Taiga14

Taiga15

Taiga18

それから、今週のMVPは、サブタイトルの通り、
もちろん、岩崎弥太郎役の香川照之で大決定かと
思っていたんですけど・・・。(笑)

いや、個人的には、ほんの短い時間だったんですけど、
吉田東洋(田中泯)の異様な迫力に、完全に押されて
しまったというのが、素直な感想でしょうか!?

ひょっとすると、大河ドラマ史上でも、最強クラスの
スーパーキャラに成長するような気もするんですが、

これからのドラマの展開においても、龍馬や、弥太郎、
甥の後藤象二郎(青木崇高)との絡みや、土佐勤王党
との対立なども含め、期待は膨らむばかりです・・・。

龍馬と弥太郎に、「何が出来る」と問うた後・・・。
「何の力もない者は、黙っちょるしか仕方がないがじゃ」
「それが世の中ぜよ・・・」
と言い放ったシーンなどは、もの凄い、迫力&存在感
でしたからね~!!(いや、ホントに・・・)

あと、先週から、時代劇専門チャンネルで、全51話の
完全放送が始まった、伝説の大河ドラマ「草燃える」
(1979年)に関してなんですけど・・・。

いや、初めて見た感想は、当たり前のことなんですが、
出演者の皆さんが、メッチャ若いですよね~!!(笑)

●「草燃える」(1979年) : 主な配役(当時の年齢)

・源頼朝 : 石坂浩二 (38)
・北条政子 : 岩下志麻 (38)
・北条義時 : 松平健 (26)
・源義経 : 国広富之 (26)
・伊東祐之 : 滝田栄(29)
・安達盛長 : 武田鉄矢(30)

まだ、第1回「蛭が小島の流人」、第2回「恋文」、
第3回「二人義経」の3話しか見てないんですけど、

よくぞ、この時代のビデオテープが、そのままの形で
残っていたなぁ~と、感謝の気持ちで一杯です!!(笑)

また、面白いストーリーやネタがあれば、この場で
感想などを書いて行こうと思っておりますが・・・。

いや、岩下志麻さんは、いい意味で、ホントに化け物
女優なんだなぁ~と、感心しながら見ています!!(笑)

Taiga09

Taiga12

Taiga13

ということで、今週の視聴率ですが、【22.3%】と、
先週に比べると、2ポイント以上UPした模様です。

●2010年2月21日(日)
【22.3%】 龍馬伝 (NHK総合)
【22.6%】 世界の果てまでイッテQ! (日テレ)
【7.2%】  オレたち!クイズMAN (TBS)
【9.6%】  バンクーバー五輪ハイライト (フジテレビ)
【9.8%】  劇的ビフォーアフター (テレ朝)
【6.0%】  日曜ビッグバラエティ (テレ東)

まあ、バンクーバー五輪の前半戦ハイライトが10%
以下ということで、ちょっと意外な感じなんですが、

先週に引き続き、「イッテQ!」が、20%超え連発で
完全に、この時間帯の「2トップ体制」を確立したと
思ってイイんでしょうか!?(笑)

とりあえず、既に結果が分かっていて、飽きるほど
見ている冬季五輪の録画放送よりは、面白いバラエ
ティ番組に流れるのが、普通なんでしょうなぁ~!!

来週に関しては、TBSがバンクーバーの総集編を
放送する予定ですが・・・やはり、女子フィギュアの
結果次第で、大きく数字は変わるんでしょうかね!?

注目のSPが水曜日で、フリーが金曜日に行われる
ようなので、直接の影響は無いと思いますが・・・。

ちなみに、現在、自分自身の録画体制は、「龍馬伝」
に、時代劇専門チャンネルの「草燃える」(1979年)、

そして、最近は、ヒストリーチャンネルの「武田信玄」
(1988年)まで入ってしまったので、もはや冬季五輪
がHDDに入り込む余地は無い訳で・・・。(笑)

まあ、いろいろと、やり繰りをしながら、各番組を
楽しみたいと思っております!!(ハハハ・・・)

●第8回 「弥太郎の涙」 2010年2月21日放送

Taiga19

Taiga20

Taiga25

| | コメント (0)

【第7回】龍馬伝

今週に関しては、河田小龍(リリー・フランキー)や、
近藤長次郎(大泉洋)など、個性的なキャラが次々に
登場して、なかなか面白い回だったんですけど・・・。

やはり、龍馬の父・坂本八平役の児玉清さんの圧倒的な
演技力に、全てを持って行かれてしまったような!?

いや、最後の10分間、砂浜に世界地図を描いて夢を
語る福山@龍馬と、それを見守る父&坂本家の構図は、

ここ最近の大河の中でも、久々にジーンと来るものが
ありましたからね~!!(ホントに・・・)

まあ、考えてみれば、児玉清さんは、過去の大河でも、
それぞれ重要な役どころで、作品の内容を高めて来た
訳なんですけど・・・。

・「黄金の日日」 (1978年) : 徳川家康 役
・「獅子の時代」 (1980年) : 瑞穂屋卯三郎 役
・「山河燃ゆ」 (1984年) : 島木文弥 役
・「武田信玄」 (1988年) : 飯富虎昌 役
・「太平記」 (1991年) : 金沢貞顕 役
・「龍馬伝」 (2010年) : 坂本八平 役

個人的には、「武田信玄」(1988年)の中で、大河ドラマ
史上最強のキャラと名高い、八重(小川真由美)の色香に
迷い、ダークサイドに落ちてしまった飯富虎昌役が、大変
印象に残っているんですが・・・。(笑)

あと、「太平記」(1991年)の中でも、北条一族として
滅亡に追い込まれる重要な役どころとして、好演してい
ましたからね~!!

まあ、主役&準主役を除いた、序盤でのMVPは、坂本
八平役の児玉清さんということで、とりあえずは、問題
ないのではないかと!?(笑)

Taiga75

Taiga76

Taiga77

あと、先程も書いた、河田小龍役のリリー・フランキー
に関しては、いや、これは想像していた以上にイイ感じ
だったのでは!?(ハハハ・・・)

これまで河田小龍という人物は、「竜馬がゆく」などの
小説の中でしかイメージがなかったので、今回のように
視覚的に入って来るのは、大きいですよね~!!(笑)

特に、河田邸にたくさんの侍たちが集まって来た時の
やり取りなどは、見ていてもグイグイと引き込まれる
ものがあったような!?

結局、最後は、龍馬、半平太、弥太郎の三人しか残らず、
それぞれ三者三様の考え方&生き方が、その言動により
明らかになって行く流れだったと思いますが・・・。

しかし、相変わらず、岩崎弥太郎役の香川照之に関し
ては、凄いものがありますよね~!!(ハハハ・・・)

何か、公式サイトの【香川照之的おすすめシーン】には、
来週の第8回「弥太郎の涙」は、弥太郎の汚さの真骨頂
をご覧頂けると書いてあったので、かなり楽しみにして
いるんですけど!!(笑)

それから、アイドル枠と思っていた龍馬の姪の春猪役に
ついては、以前は、何となく、チョイ役のような感じも
していたんですけど・・・。

いや、今週の坂本家のシーンを見た限りでは、子役の
女の子に関しては、なかなか可愛らしい、絶妙なアク
セントになっていたような!?(ホントに・・・)

これは、これから、某グループの前田敦子に変わっても、
そこそこ美味しい役なのではないかと、思ってしまった
次第です・・・。(フフフ・・・)

Taiga73

Taiga83

Taiga84

ということで・・・今週の視聴率ですが、【20.2%】と、
先週に比べたら、1ポイント落とした模様です・・・。

●2010年2月14日(日)
【20.2%】 龍馬伝 (NHK総合)
【21.2%】 世界の果てまでイッテQ! (日テレ)
【7.0%】  オレたち!クイズMAN (TBS)
【13.5%】 東アジアサッカー選手権 (フジテレビ)
【5.1%】  バンクーバー五輪開幕特番 (テレ朝)
【11.5%】 日曜ビッグバラエティ (テレ東)

いや、今週に関しては、裏にバンクーバー五輪の特番、
また、サッカーの日×韓戦もあったので、数字的にも、
かなり、注目していたんですが・・・。

スポーツ関係は、両方とも、ちょっと、残念な結果に
終わってしまったので、視聴者的にも、いろいろと、
途中でチャンネルを変えたりしたんでしょうかね!?

その中でも、「イッテQ!」の21%超えには、ビックリ
したんですけど、やはり、潜在的にコアなファンが結構
付いているんでしょうなぁ~!!(驚)

まあ、日×韓戦の試合内容にガックリして、バラエティ
で気分を切り替えようとしたのか、よく分かりませんが、

テレ東の「日曜ビッグバラエティ」も、先週と比べたら
2倍近くも上げてますからね~!!(ハハハ・・・)

個人的には、そこまで五輪競技のメダルとかには、興味
ないんですが・・・やはり、銅メダルと4位入賞の差は、
天と地ほどあるのが、悲しい現実ですから・・・。

来週、放送されるバンクーバー五輪「前半戦ハイライト」
の視聴率が、爆上げすることを期待しながら、弥太郎の
大活躍も楽しみに待つとしましょう!!(笑)

●第7回 「遥かなるヌーヨーカ」 2010年2月14日放送

Taiga86

Taiga80

Taiga81

| | コメント (0)

【第6回】龍馬伝

今週は、サブタイトルの通り、誰が見ても、吉田松陰
スペシャルかと思っていたんですけど・・・。(笑)

いや、まさか、最後の最後で、平井加尾(広末涼子)に
土下座プロポーズ(?)をした岩崎弥太郎(香川照之)
に全てを持って行かれるとは!!(ハハハ・・・)

しかし、千葉道場の佐那(貫地谷しほり)と指切りを
して別れた福山@龍馬の「モテモテ仕様」と比べたら、
若干、好感は持てたような気も!?(フフフ・・・)

まあ、その時、「(針千本を)本当に飲ませますからね」
と言った貫地谷しほりの表情は、なかなか、良かったと
思いますけど・・・。(笑)

たぶん、今までのメイクと比べても、多少、濃い目に
仕上げられていて、妙に色っぽく見えたのは、私だけ
でしょうかね!?(ハハハ・・・)

これまでも、「風林火山」(2007年)のミツ役などは
記憶にも新しく、大河ファンにとっても、お馴染みの
キャラかとは思いますが・・・。

個人的には、「大奥~華の乱~」(2005年)での染子役
(柳沢吉保の側室)なども、大変印象に残っているので、

まあ、来年の「江~姫たちの戦国~」(2011年)は無理
としても・・・近いうちに、もう一度、「姫役」として見て
みたいような!?ぜひ、ヨロシク!!(笑)

Taiga30

Taiga29

Taiga35

ところで、その吉田松陰に関してなんですけど、今回の
生瀬勝久バージョンは、かなり、見せ場があって感動の
シーン満載だったとは思いますけど・・・。(笑)

いや、自分自身の勝手なイメージでは、もっと奥の深い
寡黙な思想家で、冷静沈着な印象も持っていたんですが、

まさか、あのような熱血キャラで、往復ビンタの応酬を
するような場面が待っていたとは・・・ちょっと、意外な
感じはしましたかね!?(ハハハ・・・)

それでも、公式サイトを見たら、この龍馬と、松陰が
出会うシーンに関しては、台本の9ページ分を一度も
止めずに、一気に撮影したそうですが・・・。(驚)

いや、何か、妙にブルー掛かった画面だったことも含め、
我々、大河ファンの記憶に残る一場面になったことは、
事実でしょう・・・。(笑)

・「勝海舟」 (1974年) : 石橋蓮司
・「花神」 (1977年) : 篠田三郎
・「徳川慶喜」 (1998年) : 俊藤光利
・「龍馬伝」 (2010年) : 生瀬勝久

で、これまでの大河ドラマにおいて、主な吉田松陰役は、
こんな感じなんですが・・・。

何か、いろいろな関連のサイトを見ると、「花神」での
篠田三郎さんが、最強とのウワサもありますけど・・・。
この件に関しては、どうなんでしょうかね!?(笑)

まあ、「花神」については、現在、総集編と、第19回の
放送分だけが残っているようですが、やはり、名作大河
ということで、ぜひ全編を通して見たいものですね~!!

Taiga40

Taiga41

Taiga42

ということで・・・今週の視聴率ですが、【21.2%】と、
先週からは、3ポイント以上落とした模様です・・・。

●2010年2月7日(日)
【21.2%】 龍馬伝 (NHK総合)
【15.6%】 世界の果てまでイッテQ! (日テレ)
【19.0%】 WBA世界フライ級選手権 (TBS)
【8.8%】  ジャンクSPORTS (フジテレビ)
【9.1%】  劇的ビフォーアフター (テレ朝)
【5.7%】  日曜ビッグバラエティ (テレ東)

やはり、プロボクシングの亀田大毅戦に数字を取られた
感じですが、それでも20%の大台はキープしているので、
まず、問題は無いのではないかと・・・。(笑)

で、来週からは、バンクーバー五輪も始まり、裏でも、
いろいろな関連番組が放送されるようですが・・・。

今回は、時差的に、生放送でぶつかることは、無いと
思いますけど、日本人選手がメダル獲得とかになると、
当然、夜の総集編の番組でも重点的に映像を流します
からね~!!

何か、来週の日曜日は、いきなり女子モーグルの決勝が
行われるようですが、いろいろな意味で、視聴率的にも
注目したいと思っております・・・。(笑)

●第6回 「松陰はどこだ?」 2010年2月7日放送

Taiga43

Taiga47

Taiga49

| | コメント (0)

【第5回】龍馬伝

何で、黒船が、あんな岩場の近くを通って座礁しない
のか・・・ということは、置いておいて・・・。(笑)

今回、黒船と第一種接近遭遇(?)をしてしまった
福山@龍馬の「心の葛藤」(=青春モラトリアム)は、
なかなか、上手く描かれていたような!?

個人的には、千葉佐那(貫地谷しほり)が、龍馬に
惹かれて行く過程を、もう少し、丁寧に描いた方が
良かったような気もしますが・・・。

兄の千葉重太郎(渡辺いっけい)との「きんつば」の
シーンには、思わず笑ってしまったので、ここら辺の
一連の流れに関しては、よく練られた脚本だなぁ~と、
一応、納得はしております・・・。(フフフ・・・)

あと、千葉定吉役の里見浩太朗さんが、竹刀を握った
時の安定感というか、重厚感は、やはり、流石の一言
ですなぁ~!!(ホントに・・・)

何か、里見浩太朗さんの大河ドラマ出演は、「炎立つ」
(1993年)の安倍頼時・アテルイ役(二役)と・・・。

「利家とまつ」(2002年)の上杉景勝役に続き、今回
で3回目ということですが、もう少し若い脂の乗った
時期に、主役級で見たかったような気も!?(笑)

まあ、その頃は、水戸黄門の佐々木助三郎役、大江戸
捜査網、長七郎シリーズなどで、まず、無理だったとは
思いますが・・・。(ハハハ・・・)

Taiga05

Taiga06

Taiga08

それから、今週から新たに登場した、山内豊信(容堂)
役の近藤正臣、そして、吉田東洋役の田中泯の二人に
関しても・・・。

これからも、様々な場面で、我々視聴者を楽しませて
くれる期待感が、十二分にあったような!?(笑)

まあ、各ネット上のコミュでは、この二人の年齢に
関して、年を取り過ぎとの指摘が、数多く書き込ま
れていましたけど・・・。(ハハハ・・・)

確かに、山内容堂は、1827年(文政10年)の生まれ
なので、ペリーが来航した1853年の時は、まだ26歳
の若さということになりますからね~!!(笑)

今後は、武市半平太(大森南朋)率いる土佐勤王党
との関係が、大きな見所になって行くと思いますが、

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」などを読んでいても、
ここら辺は、かなりヘビーで、暗い話が続くので、

脚本担当の福田靖さんが、どのように仕上げて行く
のか、大変、楽しみな部分でもありますね~!!

大河ドラマ・ストーリー本のインタビュー記事では、
龍馬と弥太郎と半平太の3人の関係を拮抗させて、
それぞれのキャラクターぶつけ合うと書いてあり
ましたけど・・・。

まだ、イマイチ、福山@龍馬に乗り切れない自分も
いるので、やはり龍馬以外でも、この二人も含めた
大河ドラマと考えて、この1年間はモチベーションを
保って行った方がイイのかもしれません!!(笑)

Taiga14

Taiga15

Taiga18

ということで、今週の視聴率ですが、【24.4%】と、
先週から比べると、1ポイント上昇した模様です。

まあ、裏の番組が、それぞれ、通常のモードに戻り、
実質的なライバルが日テレ系列の「世界の果てまで
イッテQ!」の【17.1%】ということなので・・・。

この安定した数字も、当然と言えば、それまでなん
ですけど、あの「篤姫」(2008年)の第5回までの
数字と比べても、全て上回っているとのことです。

そして、先週、来年の大河「江~姫たちの戦国~」
の主役の発表が、一部のスポーツ紙上であったよう
ですが・・・。

いや、個人的には、まさか、福山雅治と同じ事務所
のアミューズ所属の人が選ばれるとは思ってもいな
かったので、ビックリしているんですけど・・・。

いろいろ考えてみると、いかにも、田渕久美子さん
好みの女優さんだなぁ~とは、思っております!!

自分としては、◎単勝1点買いの本命に推していた
綾瀬はるかが落選ということで、多少ガッカリして
いる部分もあるんですが・・・。(笑)

まあ、「のだめ」は、置いておいても、スウィング
ガールズ(2004年)や、サマータイムマシン・ブル
ース(2005年)などでは、かなり評価している部分
もあるので、一応、期待はしております!!(笑)

で、問題は、あとの姉妹役の二人ですが、上野樹里が
主役となると、なかなか、選ぶのも難しいような!?

もう、◎本命を外してしまったので、予想する気力も
ないんですが(笑)・・・【初】役で、綾瀬はるかとか
ダメでしょうかね!?(ハハハ・・・)

●第5回 「黒船と剣」 2010年1月31日放送

Taiga19

Taiga20

Taiga25

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »