« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

【第43回】天地人

今週は、関ヶ原以降の「上杉家転落シリーズ」の中では、
一番、面白い回だったのではないかと・・・。

もちろん、大河ドラマにおいては、永遠のテーマ(?)
でもある「兄弟の確執モノ」だったので、それなりに
集中出来たとは思っています・・・。(ハハハ・・・)

いや、以前、第27回「与六と与七」(7月5日放送)の
中でも書いているんですけど、直江兼続(妻夫木聡)と
大国実頼(小泉孝太郎)との内面の葛藤は、脚本的
にも上手く描かれていたなぁ~と!!(笑)

何か、今回の一連の実頼の騒動について、史実的には、
本多政重との養子縁組に反対し、政重を迎えるために
上洛した使者を殺害し、高野山に逃れたようですが・・・。

ドラマ内の補正(=小松江里子フィルター)に関しては、
とりあえず、ストーリー的には、こちらの方が、自然な
感じで見ることは出来たような!?(フフフ・・・)

あと、今回、ちょこっと気になったのは、家康の家臣の
榊原康政(川野太郎)についてなんですけど・・・。

いや、自分の中では「いい人キャラ」がデフォとなって
いたので、兼続の敵役としての憎々しい演技は、妙に
新鮮な感じに映りましたね~!!(ホントに・・・)

それから、本多正純役の蟹江一平に関しては、お父さん
の蟹江敬三にそっくりで、思わず、笑ってしまったのは、
私だけでしょうか!?(ハハハ・・・)

「風と雲と虹と」(1976年)の平良正、「翔ぶが如く」
(1990年)の大山綱良や、「葵徳川三代」(2000年)の
福島正則などなど・・・。

歴代の大河ドラマの中でも、MVP級の大活躍をして
来たお父さんに追い付くには、まだまだでしょうけど、
その片鱗は、十分に見せたような気がします・・・。

Taiga34

Taiga35

Taiga40

そして、大河ドラマにおける「兄弟確執モノ」に関して
自分がフルで見始めた「独眼竜政宗」(1987年)以降
の作品を少しまとめてみると・・・。

【大河ドラマでの主な兄弟確執モノ】

●「独眼竜政宗」 (1987年)
 伊達政宗(渡辺謙) VS 伊達小次郎(岡本健一)

●「太平記」 (1991年)
 足利尊氏(真田広之) VS 足利直義(高嶋政伸)

●「信長 KING OF ZIPANGU」 (1992年)
 織田信長(緒形直人) VS 織田信行(保阪尚輝)

●「炎立つ」 (1993年)
 清原清衡(村上弘明) VS 清原家衡(豊川悦司)

●「花の乱」 (1994年)
 足利義政(市川團十郎) VS 足利義視(佐野史郎)

●「八代将軍吉宗」 (1995年)
 徳川吉宗(西田敏行) VS 徳川頼職(野口五郎)

●「毛利元就」 (1997年)
 毛利元就(中村橋之助) VS 相合元綱(西島秀俊)

●「北条時宗」 (2001年)
 北条時宗(和泉元彌) VS 北条時輔(渡部篤郎)

●「利家とまつ」 (2002年)
 前田利家(唐沢寿明) VS 前田利久(三浦友和)

●「義経」 (2005年)
 源義経(滝沢秀明) VS 源頼朝(中井貴一)

●「天地人」 (2009年)
 直江兼続(妻夫木聡) VS 大国実頼(小泉孝太郎)

とりあえず、大まかにピックUPしたので、まだ他にも
探せばあるかもしれませんが・・・。

やはり、これらの作品群をズラ~と眺めると、今でも
鮮明にそれぞれの名シーンが蘇って来ますよね~!!

今まで、何度も書いていますが、「太平記」(1991年)
の尊氏VS直義は、たぶん、別格でしょうかね!?(笑)

個人的には、「炎立つ」(1993年)の清衡VS家衡も
捨て難いんですが、ぜひもう一度、再放送でじっくり
と見たいものですなぁ~!!(お願い致します!!)

Taiga41

Taiga42

Taiga43

ということで、毎度おなじみの今週の視聴率ですが、
【20.9%】と、第38回の「ふたつの関ヶ原」以来、
久々に、20%の大台を回復した模様です・・・。

もちろん、今週末の関東方面は、天気が悪く在宅率の
関係も、多分に影響したんでしょうが、ここに来ての
大台超えは、なかなか凄いことではないかと!?

ちなみに、毎年この時期に思うことは、日本シリーズ
とのバッティングなんですけど・・・。(笑)

●2008年11月9日(日)
・日本シリーズ「巨人-西武」第7戦 【28.2%】
・第45回篤姫「母からの文」 【22.6%】

まあ、昨年の場合は、3勝3敗のタイで、第7戦まで
もつれ込んだ展開だったので、この結果も仕方がない
ところなんでしょうが・・・。

その真裏で【22.6%】の大台キープは、改めて、篤姫
パワーの凄さを実感できる数字ですよね~!!(驚)

ちなみに、今週は、日曜劇場の「JIN-仁-」も、
【17.2%】と、先週から比べても、相変わらず好位置
キープということで、こちらは参考まで・・・。(笑)

そして、いよいよ11月22日の最終回まで、ラスト
4回を残すのみとなってしまった訳ですが・・・。

・第44回 (11/01) 「哀しみの花嫁」 一木正恵
・第45回 (11/08) 「大坂の陣へ」 野田雄介
・第46回 (11/15) 「大坂城炎上」 片岡敬司
・最終回 (11/22) 「愛を掲げよ」 片岡敬司

いや、このスケジュールで行くと、最終回の75分の
拡大版は、どのような内容になるのか、ちょっと興味
があるような!?(ハハハ・・・)

とにかく、年末SPドラマ「坂の上の雲」にイイ流れ
で繋げるためにも、最後は、キッチリと締めてもらい
たいと願うばかりです・・・。(笑)

●第43回 「実頼追放」 2009年10月25日放送

Taiga46

Taiga44

Taiga47

| | コメント (2)

【第42回】天地人

いよいよ、今年の大河ドラマも、あとラスト5回を
残すのみと、なってしまった訳ですが・・・。

今週は、菊姫(比嘉愛未)の最期のシーンが物語の
メイン(?)だったということで、それなりに注目して
いたんですけど・・・。(笑)

いや、初めて登場した、第12回の「命がけの使者」
(3月22日放送)以来・・・作品全体を華やかに彩る
貴重な存在だったなぁ~と、改めて思ってしまった
次第です・・・。(ホントに・・・)

個人的には、もう一度、再来年あたりの大河ドラマで、
今度は、もうチョイ、お色気要員として見たいような
気もするんですけど・・・。(無理ですかね!?)

それにしても、上杉景勝(北村一輝)が、菊姫が亡く
なったとの知らせを受けて、悲しみをこらえて秀頼に
謁見したシーンは、どうだったんでしょうか!?

やはり、一貫して「寡黙な殿」としてキャラ付けされ
ていただけに、あのような場面で、泣き出してしまう
演出に多少の違和感があったのも事実でしょう・・・。

あと、伊達政宗(松田龍平)の登場のさせ方も、もう
ひと工夫あっても、良かったのではないかと!?(笑)

家康(松方弘樹)と兼続(妻夫木聡)との間に割って
入って、恩を売ったような感じに仕上がっていたのは、
少し、分かり難かったような!?(フフフ・・・)

それから、毎度おなじみ、遠山康光(螢雪次朗)に
関しては、いつも通りの憎々しい演技で、Good
だったんですけど・・・。(ハハハ・・・)

こちらの方は、兼続との腐れ縁に、どのような決着を
付けるのでしょうか!?希望としては、華々しく自爆
させて欲しいような気も!?(ぜひ、ヨロシク!!)

Taiga22

Taiga24

Taiga15

そして、先週も書いたんですけど、今週もTBS系列
の日曜劇場、「JIN-仁-」については、ちょこっと、
触れておきたいなぁ~と!!(笑)

いや、自分の中で、日曜日のGタイムは、完全に
「天地人」 → 「JIN-仁-」のローテが、決まって
しまった感じもするので・・・。(ハハハ・・・)

もちろん、一番、言いたいことは、内野聖陽が演じる
坂本龍馬についてなんですけど・・・。(笑)

第1回に引き続き、第2回を見ても、これは、久々の
当たり役ではないかと!!(ホントに・・・)

まあ、大河ファンとしては、「風林火山」(2007年)
の山本勘助役なんでしょうけど、まさか、ここまで
ハマるとは、思ってもいませんでしたね~!!(笑)

【大河ドラマでの坂本龍馬役】

・「竜馬がゆく」 (1968年) : 北大路欣也
・「勝海舟」 (1974年) : 藤岡弘
・「花神」 (1977年) : 夏八木勲
・「翔ぶが如く」 (1990年) : 佐藤浩市
・「新選組!」 (2004年) : 江口洋介
・「篤姫」 (2008年) : 玉木宏
・「龍馬伝」 (2010年) : 福山雅治

たぶん、歴代の龍馬役の俳優陣と比べても、ほとんど
遜色ないと思うどころか、この内野@龍馬に関しては、
ちょっと、異色という意味で、群を抜いているような
気がするのは、私だけでしょうか!?(ハハハ・・・)

いや、あの小汚い感じと、自然に放屁をする演技など、
並みの俳優では、とても無理ですからね~!!(笑)

で、当然、総合的な評価は、最終回を見終わってから、
改めてしたいと思っていますが、ここまでの段階では、
減点する要素は、全く無しということでOK!?(笑)

Taiga25

Taiga26

Taiga27

ということで、今週の視聴率ですが、【18.2%】と、
先週から比べると、若干上がった模様です・・・。

個人的には、関ヶ原以降、上杉家の転落シリーズに
入って、「下げモード」になると、一応は予想していた
んですけど・・・。(笑)

やはり、固定視聴者層を囲い込んでいる強さなんで
しょうか!?裏に、特番のSPや、人気のスポーツ
番組があっても、ビクともしませんでしたね~!!

●2009年10月18日(日)

【18.2%】 天地人 (NHK総合)
【15.2%】 世界の果てまでイッテQ! (日テレ)
【4.9%】  オレたち!クイズMAN (TBS)
【15.8%】 平成教育委員会2009SP (フジテレビ)
【13.4%】 フィギュアGSフランス大会 (テレ朝)
【9.3%】  日曜ビッグバラエティSP (テレ東)

ちなみに、日曜劇場の「JIN-仁-」に関しては、
【16.4%】と、先週に引き続き好調キープとのこと
ですが・・・。

これは逆の意味で、前の番組の「オレたち!クイズ
MAN」の【4.9%】という超低空飛行からの爆上げ
を考えれば、もの凄いことではないかと!!(笑)

まあ、この時間帯のチャンピオン番組だった「行列
のできる法律相談所」の【15.2%】を軽く超えている
ことからも、本物と見てイイんでしょうかね!?

問題は、来月から始まる、SPドラマ「坂の上の雲」
と、「JIN-仁-」が、時間帯でかぶることですが、
今から、どちらを録画するか考え中です・・・。
(ダブルチューナーのデッキを買っておけば!!)

●第42回 「将軍誕生」 2009年10月18日放送

Taiga28

Taiga29

Taiga30

| | コメント (5)

【第41回】天地人

やはり、先週も書いたように、関ヶ原の合戦以降の
上杉家の描写は、脚本的にも、かなり難しいものが
あるんでしょうかね~!?

まあ、そのような中でも、今週は、父子三代・家族
の絆をテーマに、上手くまとめたような気もしますが、
大河ドラマとしては、どうだったんでしょうか!?

もちろん、兼続(妻夫木聡)の父役の樋口惣右衛門
(高嶋政伸)に関しては、全体を通して、それなりに
イイ演技だったとは思いますが・・・。

あの「太平記」(1991年)の中で、高嶋政伸演じる
足利直義が、兄の足利尊氏(真田広之)に毒殺
される、伝説のシーンがデフォとなっているファン
からすると、ちょっと、物足りなかったのも事実で
しょう!!(笑)

独眼竜以来、20年以上の大河フリークからすれば、
もう少し、突き抜けたストーリーを見たいというのが
本音なんですけど、今から小松江里子さんにお願い
しても、もう遅いですかね!?(ハハハ・・・)

いや、それでも、こども店長こと、加藤清史郎くん
の存在感は、流石の一言だったんですけど・・・。

兼続と向かい合って、泣き顔から→笑顔に変わる
「一瞬の間」の演技などは、一体、どこで覚えたん
でしょうかね~!?(ビックリしました!!)

本当に、今後の彼の俳優としての成長が恐ろしい
ぐらいなんですけど・・・個人的には、子役としての
大成が、これからの人生の足かせにならなければ
いいなぁ~と、願うばかりです・・・。(笑)

Taiga06

Taiga04

Taiga05

ところで、今週は、「天地人」を見終わったあと、
TBS系列の日曜劇場「JIN-仁-」にシフトした
人も、多かったと思いますが・・・。

いや~!!これは、マジで、お世辞抜きで久々に
面白いドラマだったのでは!?(ホントに・・・)

何か、原作は、スーパージャンプに連載中の漫画で、
自分も、今回、予備知識無しの初見だった訳ですが、
単行本を「大人買い」したい気分になりました!!

まあ、ストーリー的には、現代の外科医が、幕末へ
タイムスリップする、とんでもない話なんですけど、

第1話にして、ここまで視聴者を引き付けてしまう
原作者の村上もとかさんの実力を、改めて実感した
次第です・・・。(凄いですよね~!!)

で、今回、主演の外科医役の大沢たかおは、かなり
のハマリ役かと思いますが、特に自分が気になった
その他の俳優陣に関しては・・・。

・橘咲 : 綾瀬はるか
・坂本龍馬 : 内野聖陽

この二人は、間違いなくMVP級の存在感だった
ような気がしますけど・・・。(フフフ・・・)

いや、内野@龍馬は、来年の大河ドラマ「龍馬伝」の
福山雅治バージョンに対する、完全な嫌がらせだった
ような気も!?(ハハハ・・・)

マジで、自分の中における、いわゆる「龍馬俳優」の
No.1の座へと駆け上ってしまいました!!(笑)

綾瀬はるかに関しても、ここまで、時代劇の仕様が
似合うとは思ってもいなかったので、こちらの方は、

再来年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の主演
候補に急浮上ということでOK!?(ハハハ・・・)

Taiga08

Taiga09

Taiga12

そして、毎度おなじみ、今週の視聴率ですが、
【17.7%】と、やはり、3連休の中日ということで、
在宅率の影響もあったんでしょうかね!?

もちろん、関ヶ原の「メインイベント」が終了して、
あとは敗者としての、上杉家の立て直しが中心の
ストーリーなので、少し地味目ということもあるん
でしょうけど・・・。

ここから最終回まで、どのような数字で推移するのか
ちょっと、気になる部分ではありますかね!?(笑)

ちなみに、日曜劇場「JIN-仁-」の視聴率は、
【16.5%】と、初回としては、そこそこの数字を
キープ出来たのではないかと・・・。

個人的に、このような良質のドラマは、もう少し
取ってもイイような気もするんですけど・・・。

まあ、来週以降、どこまで伸ばすことが出来るのか、
興味深いところでしょうか!?(フフフ・・・)

で、あと今秋注目のドラマとしては、フジテレビの
木曜劇場「不毛地帯」が残っている訳なんですけど、

いや、前回の唐沢寿明バージョンの「白い巨塔」は、
完全にハマってしまった経緯があるだけに・・・。

今回のドラマに関しても、自分の中では、かなりの
ハードルの高さを設定しております・・・。(笑)

果たして、どのようなクオリティなのか、もちろん
初回からのロケットスタートに期待しています!!

●第41回 「上杉の生きる道」 2009年10月11日放送

Taiga13

Taiga14

Taiga17

| | コメント (2)

【第40回】天地人

今週からは、いよいよ最終回(第47回)へ向けての
ラストスパートに入って来た訳ですが・・・。

いや、ここら辺は、最初に、火坂雅志さんの原作本を
読んだ時点で、果たして、どのように持って行くのか
気になっていた部分でもあるんですけど・・・。

ストーリー的には、暗い話も多いと思うので、視聴者
サイドをつなぎ止めておくには、脚本家としての小松
江里子さんの腕の見せ所ではないかと!?(笑)

●直江兼続(関ヶ原以降の簡略年表)

・1600年 : 関ヶ原の戦いで敗北(40歳)
・1601年 : 米沢30万石へ減封(41歳)
・1602年 : 米沢の城下町造り始まる(42歳)
・1604年 : 本多政重を婿として迎える(44歳)
・1605年 : 兼続の長女お松、死去(45歳)
・1609年 : 景勝の生母、仙桃院、死去(49歳)

・1609年 : 大国実頼の娘を政重と結婚させる(49歳)
・1611年 : 政重、上杉家を去る(51歳)
・1614年 : 大坂冬の陣(54歳)
・1615年 : 大坂夏の陣(55歳)
・1616年 : 徳川家康、死去(56歳)
・1620年 : 直江兼続、死去(60歳)

たぶん、兼続の歴史的な意義としては、米沢藩へ減封
となった後、様々な治水事業や、新田開発、殖産興業、
鉱山の開発などの方が、重要かと思いますが・・・。

大河ドラマとして見せるには、ちょっと難しいところ
でもありますかね~!?(ハハハ・・・)

チーフDの片岡敬司さんは、上杉家をつぶせなかった
家康が敗者で、むしろ兼続が「愛」の精神の前に家康
を跪かせたかのような快感がある・・・。

とストーリー本には書いていましたけど・・・。(笑)

とりあえず、どのように、最終回まで繋げて行くのか、
お手並み拝見といったところでしょうかね!?(笑)

Taiga78

Taiga79

Taiga80

それから、以前にも書いていたんですけど、今週から
チャンネル銀河の方で、「葵徳川三代」(2000年)の
再放送も始まったんですけど・・・。

やはり、第1話の「総括関ヶ原」の回を見て、マジで
めっちゃ制作費を掛けてるなぁ~というのが、素直
な感想でしょうか!?(驚)

いや、改めて、じっくりと見て、当時ここまで予算を
注ぎ込むことが出来たのが、不思議で仕方がない
んですけど・・・なぜなんでしょう!?(フフフ・・・)

●「葵徳川三代」(2000年)

・徳川家康 : 津川雅彦
・石田三成 : 江守徹
・本多正信 : 神山繁
・島左近 : 夏八木勲
・福島正則 : 蟹江敬三

・大谷吉継 : 細川俊之
・小早川秀秋 : 鈴木一真
・真田幸村 : 西郷輝彦
・毛利輝元 : 宇津井健
・伊達政宗 : すまけい

●「天地人」(2009年)

・徳川家康 : 松方弘樹
・石田三成 : 小栗旬
・本多正信 : 松山政路
・島左近 : 若林豪
・福島正則 : 石原良純

・大谷吉継 : 津田寛治
・小早川秀秋 : 上地雄輔
・真田幸村 : 城田優
・毛利輝元 : 中尾彬
・伊達政宗 : 松田龍平

で、主なキャスティングを比べてみると、こんな感じ
なんですけど、石田三成役の江守徹と小栗旬・・・。

そして、伊達政宗役のすまけいと、松田龍平の格差は
ちょっと、凄いですよね~!!(ハハハ・・・)

まあ、淀役の小川眞由美と、深田恭子からして、全く
重厚感が違うんですけど・・・。(笑)

やはり、大河ドラマの小川眞由美さんは、出て来た
だけで、ちょっと、緊張して、見入ってしまうのは、
私だけでしょうかね!?(フフフ・・・)

とにかく、大河のデフォルト作品なので、また新たな
角度で見ると、違った発見もあるような気もするので、
注意深くチェックしたいと思っております・・・。(笑)

Taiga89

Taiga90

Taiga93

ということで、毎度おなじみの今週の視聴率ですが、
【18.8%】と、先週から比べると、若干下げモードに
入ってしまった模様です・・・。

まあ、裏は、各局とも、秋のSP特番ばかりだった
ので、仕方がない部分もあるんでしょうが、それに
しても、「イッテQ!」は強いですよね~!!(笑)

●2009年10月4日(日)

【18.8%】 天地人 (NHK総合)
【20.0%】 イッテQ!秋の珍獣祭り (日テレ)
【11.8%】 さんまのからくり超特大号 (TBS)
【12.5%】 第9回バカデミー大賞 (フジテレビ)
【7.3%】  神様に選ばれた試合 (テレ朝)
【7.2%】  収穫!ドリームファーム (テレ東)

実は、この週末は、映画の方でも、「ザ・マジック
アワー」(2008年)や、「憑神」(2007年)・・・。

そして、バラエティの、「おしゃれイズム」の方でも、
イケメン大集合SP(妻夫木聡、小栗旬、瑛太、三浦
春馬)ということで、いわゆる「妻夫木聡・大感謝祭」
状態だった訳ですが・・・。(笑)

中でも、「おしゃれイズム」は、【21.7%】と、週末
特番のトップの数字を叩き出したということです!!
(これは、マジで凄いですなぁ~!!)

ちなみに、「憑神」は、何も予備知識無しで、今回
初めて見たんですけど・・・。(フフフ・・・)

想像していた、いわゆる「怪奇映画」とは全く違って、
コメディタッチの面白い作品だったんですね~!!

「功名が辻」(2006年)で、一豊&千代のひとり娘、
よね役だった森迫永依ちゃんの死神は、なかなか
可愛かったと思います・・・。(ハハハ・・・)

●第40回 「上杉転落」 2009年10月4日放送

Taiga94

Taiga95

Taiga97

| | コメント (3)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »