« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

【第13回】天地人

しかし、兼続(妻夫木聡)と、お船(常盤貴子)の
不倫モードはどうなんですかね~!?(ハハハ!!)

これは、「篤姫」(2008年)の主力視聴者層だった
F2層(35~49歳の女性)、F3層(50歳以上の女性)
には、受け入れられないような気も!?(笑)

いや、今後、現夫の直江信綱(山下真司)が亡き後、
二人の夫婦愛などを見せられても、素直に感情移入
出来るかどうか微妙なところですよね~!!(笑)

それにしても、お船の事が済んだ(?)後の「事後」
の満たされた風の顔の表情は、なかなか、エロくて
良かったと思いますけど・・・。(ハハハ・・・)

ただし、その後で、兼続と密会するシーンは、どう
考えても、違和感「アリアリ」なんですけどね~!!

で、髪を結んであった赤い紐を「勇気が出るお守り」
として兼続に渡したのは、今後の二人の運命を暗示
させた脚本かとは思いますが・・・。(笑)

この時、思わず、サザンの「♪エロティカ・セブン」
が頭の中を流れたのは、私だけでしょうか!?(爆)
(フジテレビ「悪魔のKISS」(1993年)の主題歌)

まあ、ここら辺まで行ってしまえば、もうちょっと
常盤貴子のエロシーンを見せてくれてもイイような
気もするんですけどね~!!無理ですか!?(笑)

せめて、入浴シーンぐらいは、やってもらいたい
ところですが・・・小松江里子さんの脚本仕様では
難しいんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

Taiga48

それから、今週から、武田軍が本格的に参戦という
ことで、ドラマ的にも幅が出て面白くなって来たと
思いますけど・・・。

やはり、その中でも、高坂弾正昌信(大出俊)との
ガチの対面シーンは、なかなかGoodでした!!

特に、「風林火山」(2007年)からの大河ファンに
とっては、あの半ズボン姿の「春日源五郎」のこと
もあり、感慨深いものもあったと思いますが・・・。

その高坂弾正の晩年が描かれたのも、たぶん初めて
のことではなかったかと・・・個人的には、大変に
興味深く見ることが出来ました!!(笑)

「摩利支天にかけて疑い無し」のセリフに関しても、
大河ファンにとっては、思わず、ニヤリとする部分
だったと思いますけど・・・。(ハハハ・・・)

あと、先週は、加藤清史郎くんと、溝口琢矢くんの
二人の子役フリークにとっては、ビッグニュースが
入って来たと思いますが・・・。(笑)

何か、回想シーンで再び登場するみたいですね~!!
これは、ファンにとっては、嬉しいことなのでは!?

某Sスポに載っていた二人の写真を見たんですけど、
喜平次役の溝口琢矢くんの身長が、めっちゃ伸びて
いたような!?(気のせいですかね!?)

いや、加藤清史郎くんの方は、ほとんど、変わって
いなかったんですけど、改めて、こんなに身長差が
あったんだなぁ~と、思ってしまった次第・・・。

とにかく、この二人が再登場する6月7日(日)を
楽しみに待つことにしましょう!!(ハハハ・・・)

Taiga49

ということで、今週の視聴率ですが、【17.8%】と
ついに、20%を割ってしまった模様です・・・。

個人的には、ここ3回ほどは、これまでの放送回の
中でも、面白いストーリーだったと思うんですけど、

やはり、こんなに早く「Xデー」が来てしまうとは、
ちょっと、思ってもいませんでしたね~!!(残念)

・【14.5%】 世界の果てまでイッテSP(日テレ)
・【7.5%】   どうぶつ奇想天外SP (TBS)
・【14.1%】 世界フィギュア女子フリー(フジテレビ)
・【9.6%】   旅の香り~四季の名宿めぐり(テレ朝)
・【12.4%】 元祖!大食い王決定戦(テレ東)

で、裏の各番組の数字に関しては、先週と比べても、
ほとんど、大きくは、変わっていないということで、

たぶん、春の行楽シーズンということもあり、外出
していた人が、多かったとは思いますけどね~!!

まあ、ゴールデン番組の一番の敵は「在宅率」とも
言われていますから・・・今週は仕方がないところ
でしょうか!?(ガッカリ・・・)

まあ、これを思うと、GWの真っ只中でも、さらに
北京五輪とガチで被った時でも、全くビクともしな
かった、昨年の「篤姫」の強さが、よ~く分かるん
ですが・・・。(ハハハ・・・)

何か、休日の高速道路1000円乗り放題の影響も
かなり、あるようなことを書いてありましたけど、
来週以降の数字も、要注目かもしれませんね・・・。

●第13回 「潜入!武田の陣」 2009年3月29日放送

Taiga50

| | コメント (4)

【第12回】天地人

今週から、武田勝頼の妹で、後に、上杉景勝の正室
となる菊姫(比嘉愛未)が登場した訳ですが・・・。

いや、これが思っていた以上に、なかなか綺麗だった
と思いますけど、今回、顔見せ程度の出演にしては、
相当のインパクトを我々に残したような!?(笑)

まあ、「どんど晴れ」(2007年)繋がりということも
あり、脚本の小松江里子さんにとっても、イチオシの
女優さんかとは思いますが・・・。(笑)

で、早速、公式HPをチェックしたら、彼女は身長が
169cmと、結構、高いんですよね~!!(驚)

いや、弓を引く所作や姿勢も決まっていて、見栄えも
したので、今後、時代劇に関連するオファーも増える
のではないかと!?(フフフ・・・)

あと、菊姫に関しては、大河ドラマファンにとっては
いろいろな想いもあるとは思いますが・・・。(笑)

菊姫の母親は、武田信玄の側室だった「油川夫人」で、
「武田信玄」(1988年)では池上季実子、「風林火山」
(2007年)では紺野まひるが演じていましたね・・・。
※武田信玄では「恵理」、風林火山では「於琴姫」

そして、今後、この菊姫は上杉家に嫁いだ後、お船ら
との絡みも多くなって行くと思われますが・・・。

・お船 (常盤貴子) 1972年4月30日 (36歳)
・菊姫 (比嘉愛未) 1986年6月14日 (22歳)

個人的には、この二人の女優の「美貌対決」も楽しみ
になって来たと思っています・・・。(ハハハ・・・)
でも、年齢的には14歳も違うんですよね~!!(笑)

Taiga36

それから、今週は、兼続(妻夫木聡)と、春日山城下の
桑取衆とのストーリーが中心だったと思いますが・・・。

地元の郷士たち(地侍)が、毛皮を身に付けているのは、
デフォとして決まっているんでしょうかね!?(笑)

いや、「武田信玄」に出て来た倉科党の党目の倉科三郎
左衛門や、その孫の里美(大地真央)も最初に登場した
時は、毛皮仕様でしたからね~!!(ハハハ・・・)

しかし、兼続が桑取谷に向かう時、見ず知らずの老女に
太刀を渡してしまうのは、一体どうなのかと!?(笑)

これが事前に桑取衆の長の母親と知っていての行動なら、
本物の策士かと思うんですけど・・・。(ハハハ・・・)

ただし、今回は、多少なりとも、屋外のロケがあったのは
良かったような!?まあ、予算の関係もあるんでしょうが、
もう少し増やしてもイイですよね~!!(笑)

その母親役のトメ(草笛光子)ですが、やはり、ベテラン
女優が入ると画面が締まりますなぁ~!!これまでの大河
でも様々な役を演じていますが、流石の一言でした!!

あと、今週も、先週に引き続き、演出は一木正恵Dの
担当ということですが、いや、なかなか、良かったと
思いますけど・・・。(ホントに・・・)

特に、夫の直江信綱(山下真司)を寝所で待つお船の
表情などは、女性ならではの繊細な演出だったような!?

先週は、顔のアップが多過ぎとの指摘をしたんですが、
今週は、オーソドックスな感じで、全く違和感は無く
ドラマに完全集中出来たような!?(ハハハ・・・)

個人的には、第1回~第5回、第9回を担当した片岡
敬司Dと交互にやるのが、バランスが良いような気も
するんですけど・・・無理ですかね!?(笑)

Taiga37

ということで、今週の視聴率ですが、【21.7%】と、
3連休の最終日と、裏には各局のSP特番が並んで
いた割には、かなり健闘したような!?(笑)

・【13.8%】 小学校教科書クイズSP (日テレ)
・【10.1%】 どうぶつ奇想天外SP (TBS)
・【16.1%】 ジャンクSPORTS SP (フジテレビ)
・【12.1%】 劇的ビフォーアフターSP (テレ朝)
・【8.6%】  日曜ビッグバラエティ (テレ東)

で、来週も、各局のSP特番と、フジテレビでは、
「世界フィギュア」の中継もあるので、果たして
どうなるんでしょうか!?(大丈夫か!?)

まあ、W杯最終予選の「日本×バーレーン」戦が
前日の土曜日ということもあり、これまた強運と
言えば、それまでなんですけど・・・。(笑)

それから、番宣の「天地人がやって来た」の中で、
今後の予告映像が、ちょこっと流れてましたけど、

いや、これは、徳川家康役の松方弘樹が、相当に
面白そうな感じですなぁ~!!(ハハハ・・・)

何となく、新たな「家康像」を作っているような
気もしますが、我々大河ファンのイメージを一新
するぐらいの怪演に期待したいと思っています!!

●第12回 「命がけの使者」 2009年3月22日放送

Taiga38

| | コメント (4)

【第11回】天地人

しかし、先週の「イケメン」に続いて、今週のOP
文字が「なんてったって本丸」というのは、完全に
狙っているとしか思えないんですけど・・・。(笑)

で、演出に関しては、一木正恵さんという女性Dの
担当ということで、個人的には、かなり、注目して
見ていた訳ですが・・・。(フフフ・・・)

いや、なかなか、大河ドラマの王道といった感じの
演出手法で、それなりには及第点だったような!?

ただし、ちょっと、俳優陣の顔のアップが多過ぎの
ような気がしたのは、私だけでしょうか!?(笑)

何となく、セリフのやり取りをしている人を交互に
映しているだけで、映像的に、変化に乏しい単調な
感じがしたんですけど・・・。(余計なお世話!?)

まあ、最後の景虎(玉山鉄二)と、華姫(相武紗季)
のシーンなどは良かっただけに、そこの部分だけは、
少し残念でしたね・・・。(笑)

で、一木正恵さんの名前は、「義経」(2005年)の
クレジットで見た記憶はあったんですけど・・・。

やはり、チェックしてみたら、朝の連続テレビ小説
「どんど晴れ」(2007年)の演出スタッフの一人で、
そこからの流れだったんですね~!!

もちろん、脚本が同じ小松江里子さんということで、
いろいろな意見が反映されたんでしょうけど・・・。

今回の「天地人」は、それでなくても「どんど晴れ」
からの俳優陣が、やけに目立ちますからね~!!(笑)

・比嘉愛未 (菊姫 役)
・東幹久 (泉沢久秀 役)
・あき竹城 (かよ 役)
・草笛光子 (トメ 役)
・鈴木正幸 (深沢利重 役)
・石原良純 (福島正則 役)
・宮本信子 (語り)

主なところでは、こんな感じのようですが、比嘉愛未
の菊姫(のちの上杉景勝の正室)に関しては、今から
楽しみな部分ではありますね・・・。(笑)

Taiga31

それにしても、お船(常盤貴子)の現在のダンナ役の
直江信綱(山下真司)が、あまりにも不憫過ぎるよう
な気もするんですけど・・・。(ハハハ・・・)

いや、今後、兼続(妻夫木聡)との夫婦愛を描くなら、
今のダンナとも、それなりの関係を見せておいた方が
イイと思うんですけどね~!!(フフフ・・・)

それとは、逆に、現ダンナを極悪非道のDV系で描く
ようなことをネット上で見たんですけど・・・。(笑)

そこまで脚色してしまうと、今度はドラマ自体が壊れて
しまいますからね~!!でも、なかなか、面白い意見で、
思わず笑ってしまいました・・・。(ハハハ・・・)

あと、御館の乱の描き方に関しては、やはり、狭い範囲
の局地戦ということもあり、スタジオ内のセット撮影&
CGで済ませたのは、仕方がないことなんですかね!?

まあ、政治的には、この乱を境に北条家、武田家などの
諸大名が介入して来て、その後、天下の形勢にも大きな
影響を及ぼして行く訳ですが・・・。

原作でも、桑取衆とのやり取りや、武田家(=高坂弾正)
との、手に汗握るガチンコの交渉などは、読んでいても
めっちゃ面白かったですからね~!!

それから、もともとこの御館の主でもある、前関東管領
の上杉憲政が、全く、出て来る気配が無いんですけど、
これは、大丈夫なんでしょうか!?(ハハハ・・・)

いや、この乱の最終局面では、かなり重要な役回りだと
思うんですが・・・彼が出て来ないと、話が繋がらない
ような気もするんですけどね~!!(笑)

何か、ドラマストーリー本(ネタバレ本)をチラ見した
限りでは、御館落城は、原作と全く違った感じになって
いて、脚本的には、ここら辺の「さじ加減」は、相当に
難しいような!?(いわゆるスイーツ(笑)決着!?)

Taiga32

ということで・・・今週の視聴率ですが、【22.8%】と、
裏にSP特番が多かった割には、高かったような!?

・日テレ : 「北野武×NASA50年」
・TBS   : 「さんまのからくりTV超特大号」
・フ ジ  : 「ジャンクSPORTS」
・テレ朝 : 「探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデン」
・テレ東 : 「完成!ドリームハウス スペシャル」

何か、関西地区では、ダントツの「神番組」の「探偵!
ナイトスクープ」が、関東地区ではイマイチ不発だった
模様ですが・・・。(ホント!?)

いや、自分も7時台に、ちょこっと見ていたんですけど、
あの会場の独特の雰囲気は、見慣れていないと、異質な
感じがしますからね~!!(ハハハ・・・)

で、来週に関しても、各局、SP特番を揃えているようで、
この強力布陣の中で、どこまで健闘するのか興味がある
ところです・・・。

あと、来週は3連休の最終日ということもあり、在宅率
の問題もあると思うので、今後を占う上では、重要な週
になるのではないかと・・・。

ここら辺で、20%割れの激下げモードに入ると、たぶん
GWまでは持たないと思うので、何とか、粘って欲しい
ところではあるんですけど・・・。(ハハハ・・・)

●第11回 「御館の乱」 2009年3月15日放送

Taiga33

| | コメント (2)

【第10回】天地人

冒頭ガイドの「イケメン」の文字に、思わず笑って
しまった今日この頃・・・。(ハハハ・・・)

で、若い女性の間の「戦国武将ブーム」というのも、
たぶん、一昨年あたりから、ニュースになっていて、
それなりに、知ってはいたんですが・・・。(笑)

その「レキジョ」(=歴史好きの女子)なる人達に
関する記事も、最近またチラホラと各メディアでは、
よく見掛けるようになりましたよね~!!

「レキジョ」で検索したら、かなりのヒット数で、
やはり、最近の「潮流」としては、注目しなければ
ならないキーワードなんでしょうか!?(笑)

個人的には、今週、景勝の屋敷を急襲し、上田衆に
返り討ちされた、柿崎晴家(角田信朗)グッズとかを
欲しいような気もするんですが・・・。(笑)

まあ、彼の最期に関しては、諸説あるようですが、
あの人数で自爆したような展開は、ちょっと納得
いかないんですけどね~!!(ハハハ・・・)

でも、大河ドラマではお馴染みの格闘&スポーツ系
の役者としては、なかなか頑張っていたような!?

過去に印象に残っているところでは、「利家とまつ」
(2002年)での、足立六兵衛(大八木淳史)とかも、
かなり、イイ味を出していましたからね~!!(笑)

あ、もちろん、「太平記」(1991年)の中に出て来る
花夜叉一座の大男(ストロング金剛)は、言うまでも
ありませんけど・・・。(ハハハ・・・)

Taiga27

その「太平記」に関してですけど、先週から、また
CS「時代劇専門チャンネル」で再放送が始まった
訳ですが・・・。

いや、久しぶりに、第1話~第3話を見ましたけど、
これぞ「神大河」そのものといった感じで、十二分
に堪能してしまいました・・・。(笑)

特に、足利尊氏の父の貞氏(緒形拳)と、長崎円喜
(フランキー堺)とのガチの絡みなどは、ゾクゾクする
ぐらいの神演技ですよね~!!(感服です!!)

他にも、北条高時(片岡鶴太郎)の怪演や、佐々木
道誉(陣内孝則)のド派手な登場、そして、ましら
の石(柳葉敏郎)の弓矢のシーンなども、ホントに
素晴らしいの一言でした!!(笑)

それから、今回、「天地人」では、兼続の父の樋口
惣右衛門役で出ている高嶋政伸ですが、「太平記」
の時は、尊氏の弟・足利直義役として出演していた
んですよね~!!

当時は、25歳で、現在は42歳ということですが、
何となく、あまり変わっていなかったのは気のせい
でしょうか!?(ハハハ・・・)

いや、兼続(妻夫木聡)と、与七(小泉孝太郎)の
父親役としては、どうも見た目が若過ぎて違和感が
あるような気もするんですけど・・・。(笑)

これから、兼続、与七兄弟にとっても、大変重要な
場面で関わって行く役回りかと思うので、それなり
に期待はしております・・・。(ハハハ・・・)

あと、調べてみたら、兼続(与六)と、与七の下に、
与八という弟(三男)がいたんですね・・・。(笑)

何か、後に樋口家の家督を継いだ人物のようですが、
今回、ドラマの中には出て来るんでしょうかね!?

Taiga28

ということで、今週の視聴率ですが、【22.2%】と
先週から比べると約2ポイント上昇した模様です。

何か、3月7日(土)のWBC日韓戦は、関東地区で
【37.8%】、そして、瞬間最高視聴率は【46.3%】と、
もの凄い数字だったようですが・・・。(驚)

もし、日曜日に直撃していたら、確実に20%割れは
必至だったでしょうなぁ~!!(ラッキー!?)

その直撃を食らった、ドラマスペシャル「白洲次郎」
の方は、ひとケタ台にまで落ち込んでしまったよう
ですけど・・・。(ホント!?)

自分自身も、この時間帯はWBC観戦組で、録画して
見ていたのも事実な訳ですが・・・。(ハハハ・・・)
やはり、いろいろな意味で「運・不運」というものは、
ありますよね~!!(笑)

それから、ここ数回のタイトルが、「女の嘘」から
「謙信死す」、「毒を食らう」から「二人の養子」へと
変更になったのは、何か理由があるんですかね!?

次回も、「鬼の面」から「御館の乱」に変わったよう
ですが・・・やはり、テレビ欄のタイトルというものは
思っている以上に重要ですからね~!!(笑)

来週も、連続20%台の記録を更新出来るのかどうか、
まあ、「篤姫」の貯金は、完全に食い潰していると
思うので、これからが、本当の勝負所でしょう!!

●第10回 「二人の養子」 2009年3月8日放送

Taiga29

| | コメント (2)

【第9回】天地人

やはり、予告通り、今週から風雲急を告げる展開に
なって来た訳ですけど・・・。(ひと安心!?)

まあ、ここまでの流れを総合的に見た場合、兼続の
少年時代をもう少し丁寧に描いても良かったような
気もするんですが・・・。(笑)

個人的には、第4回ぐらいまで、加藤清史郎くんを
中心に、幼少の「与六時代」を詳しく描き、その後、
第7回分までは、そのままシフト・・・。

そして、高橋陽一郎D演出の3回分をコンパクトに
1回分にまとめて(笑)、今週の第9回「謙信死す」
で合流と・・・。(ハハハ・・・)

もちろん、演出手法の好みは、それぞれ、あるとは
思いますけど、ややここ数回分は間延び感があった
ような気もするので・・・。(笑)

それにしても、今週の上杉謙信(阿部寛)の死に際
の演技は、なかなか、凄いものがあったような!?

いや、首から上の顔の表情だけで、あの緊迫感を
出せる俳優もそんなにはいませんよね~!!(笑)

何か、この4月から、フジ火10の「新ドラマ」で、
大橋のぞみちゃんと親子役をやるそうですが・・・。

こちらの方は、当然、大橋のぞみちゃん目当てで、
軽~くチェックしてみようかなぁ~と思っている
今日この頃です・・・。(ハハハ・・・)

Taiga14

Taiga15

Taiga16

あと、今週、気になったところでは、景虎の家臣の
遠山康光役で出ていた螢雪次朗(ほたるゆきじろう)
さんでしょうか!?(フフフ・・・)

いや、どこかで見たことがある人だなぁ~と思って
いたら・・・やはり「風林火山」(2007年)の中で、
大井貞隆役として出演していたんですね~!!(笑)

それ以前は、「毛利元就」(1997年)の方にも出て
いたようですが、こちらの方に関しては、ほとんど
記憶にないんですけど・・・大河マニアとしては、
完全に失格ですかね!?(ハハハ・・・)

まあ、今回の柴田勝家役の菅田俊さんについては、
出て来た瞬間に、あっ、海ノ口城の平賀源心だ!!
と気が付いたんですけど・・・。(笑)

しかし、遠山康光のような役は、それなりに存在感
があって、ドラマ全体を通してもストーリーに幅が
出ますよね~!!(ホントに・・・)

たぶん、これから御館の乱に向けて、景虎と命運を
共にするとは思いますが、VS兼続の一番手として
どのような活躍を見せるのか、ちょっと、楽しみな
部分ではありますね・・・。

それから、この「天地人」とは関係ないんですけど、
先週、NHKドラマスペシャル「白洲次郎」を見た
感想なんですけど・・・。

いや、単発系のドラマとしては、久々に面白かった
ような!?う~ん、NHKには、まだ、このような
作品を生み出す土台があったんですね~!!(笑)

何か、「ハゲタカ」(2007年)の大友啓史Dの演出
のようですが、相変わらず制作費をバンバン使って
いるような!?(ハハハ・・・)

まあ、来年の「龍馬伝」(2010年)も、彼がメイン
の演出担当のようなので、とりあえず、ハードルは
高目に設定しておこうと思っております。(笑)

Taiga17

Taiga19

Taiga20

そして、注目の今週の視聴率ですが、【20.3%】と
20%割れギリギリまで下がってしまった模様です。

まあ、今週は、裏にWBCの強化試合(テレ朝)に、
フジテレビの開局50周年の特別番組があったので、
それなりに、食われたとは思いますが・・・。

昨年の「篤姫」の場合は、北京五輪のような強力な
ライバルが裏にあっても、全く、問題にもしません
でしたからね~!!(笑)

まだ、今年の「天地人」の場合は、視聴者層が安定
していないと考えてイイんでしょうか!?

いや、「篤姫」は、第32回の「桜田門外の変」の
時などは、ニュース速報で、内柴選手の金メダルの
テロップが流れたんですけど・・・。(笑)

それでも、【26.4%】という高い数字を叩き出しま
したからね~!!マジで、今から考えても信じられ
ぐらいですな・・・。(ハハハ・・・)

とりあえず、来週に関しては、テレ朝の最強アニメ
名場面SPと、テレ東の田舎に泊まろうSPぐらい
ですかね!?(笑)

まあ、WBCの東京ラウンドと、モロかぶりしない
だけでもラッキーかとは思いますが・・・。

そろそろ、視聴率的に、正念場を迎えているような
気がするのは、私だけでしょうか!?(笑)

●第9回 「謙信死す」 2009年3月1日放送

Taiga21

Taiga22

Taiga23

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »