« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

【第47回】篤姫

今週のMVPは、久々に登場した幾島(松坂慶子)か、
西郷吉之助(小澤征悦)かと思いますが・・・。

やはり、個人的には、幾島が再登場した時のお約束の
「雷」に、思わず笑ってしまいました!!(ハハハ!!)

いや、初登場の時の「雷」演出には、ちょっと違和感も
あったんですが、今回の場合は、もう少し派手にやって
もOKではないかと思ってしまった次第です!!(笑)

あと、吉俣良さんのBGM「♪驀地(まっしぐら)」も
久しぶりに聞いたような気もしますけど、ドラマを盛り
上げる場面では、絶対に欠かせない名曲ですよね~!!

天璋院(宮崎あおい)
「会いたかった・・・会いたかったぞ!!」

幾島(松坂慶子)
「それほどお喜び頂けるとは、思ってもおりませなんだ」

天璋院(宮崎あおい)
「ふっ、相変わらず口が減らぬの~」

幾島(松坂慶子)
「天璋院様こそ、一本義なところは、少しも変わって
 おられぬようで・・・」

天璋院(宮崎あおい)
「そうでなければ、私が私でなくなる・・・」

幾島(松坂慶子)
「私も、口が減らなくてこその幾島でございます!!」

いや、改めて、幾島役の松坂慶子のインパクトは、凄い
ものがあるなぁ~と、納得してしまいました!!(笑)

大河ドラマでは、「毛利元就」(1997年)の“杉の方”
以来の当たり役かと思いますが・・・今回の幾島役も
新たなるターニングポイントになるような予感も!?

Taiga29

そして来週は、いよいよ「無血開城」の回なんですが、
大奥の女性たちの「その後」をまとめてみると・・・。

【天璋院】
 江戸城退去後、御三卿の一橋邸へ。その後数回の
 移住の後、徳川宗家千駄ヶ谷屋敷に。明治16年
 死去。49歳。

【静寛院】
 御三卿の田安邸へ。いったん京へ戻るが明治7年に
 再び東京へ移住。明治10年療養先の箱根で死去。
 32歳。

【本寿院】
 御三卿の一橋邸へ。天璋院とともに数回移住。明治
 18年死去。79歳。

【幾島】
 慶応元年に大奥を隠退。江戸城開城の直前に討幕派
 の薩摩軍に交渉に出向き、無血開城にも尽力。明治
 3年死去。63歳。

【滝山】
 江戸城開城後は、大奥で自分に仕えていた部屋子の
 生家を頼り、現在の埼玉県川口市で過ごす。明治9
 年死去。71歳。

(NHKドラマ・ストーリー本「後編」参照)

やはり、興味があるところでは、一般的に仲が悪いと
されていた、天璋院と本寿院が、行動を共にしている
ことですかね~!!(フフフ・・・)

あと、天璋院と静寛院が、勝海舟の屋敷に招かれた時
のエピソードなどは、なかなか面白いものがあるよう
ですけど・・・。

ここら辺の彼女たちの「その後」の裏舞台に関しては、
宮尾登美子さんの篤姫関連の著作に詳しく書いてある
ようなので、ぜひ一度、読んでみたいなぁ~と!!

Taiga30

それから、今週の視聴率は、【25.1%】ということで、
約1ヵ月ぶりに25%台回復ということです・・・。

いや、今週の場合は、裏の日テレ「行列のできる法律
相談所」SPが、【21.3%】とかなり取っていたので
よくこの数字が出たというのが素直な感想です・・・。

ということで、ここでは、もう何度も書いていますが、
ラスト3回で、果たして視聴率30%超えは可能なのか!?

来週、気になるところでは、フィギュアスケートの
NHK杯とのバッティングだったんですが・・・。

放送予定をチェックしたら、女子シングルのSPが
金曜日で、注目のフリーは土曜日なんですね・・・。

個人的な予想としては、第48回(27%)第49回(26%)
最終回(30%)あたりなんですけど・・・まあ、来週の
「無血開城」の数字が、一つの目安になるのは、間違い
ないでしょう!!

F2層(35~49歳の女性)、F3層(50歳以上の女性)に
ダントツ人気の家定(堺雅人)の再登場が、どこまで
後押しするのか、大変に興味深いところです・・・。

●第47回 「大奥の使者」 2008年11月23日放送

Taiga31

| | コメント (4)

【第46回】篤姫

今週は、久々に素晴らしい「神回」だったような!?

特に、天璋院(宮崎あおい)と、徳川慶喜(平岳大)
が対峙するシーンは、見応えがありましたね~!!

まあ、あの徳川慶喜の描き方に関しては、余りにもの
ヘタレ具合に、ちょっと違和感を感じた人も多かった
とは思いますが・・・。(ハハハ・・・)

天璋院(宮崎あおい)
「きれいごとは、もうよい」

徳川慶喜(平岳大)
「きれいごと・・・首を差し出すのが、きれいごとで
 ございますかっ!!」

天璋院(宮崎あおい)
「きれいごとじゃ、最後の将軍徳川慶喜は潔く散った、
 でもそのあとに残るのは、本来の徳川宗家ではない」

「当主を殺し、おめおめと生き残った惨めなぬけがら
 じゃ!!」

徳川慶喜(平岳大)
「では、私はどうすればよろしいのですか・・・」
「朝敵にされたまま、このまま、おめおめ生きろと」

天璋院(宮崎あおい)
「生きてもらいます・・・」
「あなたを信じ、従ったばかりに裏切られた者たち
 への償いのためにも・・・」

徳川慶喜(平岳大)
「生き恥をさらせと・・・」

天璋院(宮崎あおい)
「さらすのです!!」

いや、ここら辺の展開や、この後、慶喜が天璋院の
後をついて、静寛院(堀北真希)の部屋に行く場面
などは、なかなか、印象深い演出でしたよね~!!

もちろん、照明などに関しても、作品全体を通して
慶喜に対しては常に暗目で、ハーフ・シャドウ的な
光の当て方だったんですけど・・・。

この天璋院、静寛院、慶喜の3人で相対するシーン
では、かなり明るい感じに戻っていて、いろいろと
計算され尽くされた演出なんだなぁ~と、思わず、
感心してしまいました!!(ハハハ・・・)

Taiga26

そして、個人的に、今週のMVPについては、もう
圧倒的に天璋院(宮崎あおい)なんですが・・・。

やはり、今後の展開も考えると、今回は、徳川慶喜
(平岳大)でもOKかなぁ~と!!(笑)

いや、自己の中に潜むプライドと頭脳明晰な部分を
押さえつつも、徳川最後の将軍という数奇な運命に
翻弄される姿は、見ていても秀逸だったような!?

特に、天璋院との会見が進むにつれ、その顔の表情
などが次第に変化して行く様子は、並みの俳優では
とても表現出来ない高等技術のような気も!?(笑)

まあ、改めて、現存する徳川慶喜のいろいろな写真
をチェックしたんですけど、今回のこの配役に関し
ては、今までのドラマの中では、一番本人に近いと
言えるかもしれませんね・・・。(笑)

で、残り僅か4回と、いよいよ、クライマックスに
近づいて来た訳ですが・・・今後のMVP予想など
を軽~くしてみたいなぁ~と!!(フフフ・・・)

・第47回 「大奥の使者」 ◎幾島(松坂慶子)
・第48回 「無血開城」 ◎徳川家定(堺雅人)
・第49回 「明治前夜の再会」 ◎小松帯刀(瑛太)
・最終回 「一本の道」 ◎天璋院(宮崎あおい)

まあ、最終回の宮崎あおいは、ガチとしても(笑)、
再来週放送分の「無血開城」の時の家定(堺雅人)
は、かなり興味深いですなぁ~!!(ハハハ・・・)

ストーリー本を先読みした限りでは、まだどの位の
時間、どのようなタイミングで出演するのか、よく
分からない部分もあるんですが・・・。

たぶん、長い間見続けている濃~い「篤姫」ファン
にとっては、号泣モノ間違いないでしょう!!(笑)

Taiga27

それから、今週の視聴率に関しては、【24.3%】と
いうことで・・・こちらの方も、いよいよ全放送回
20%超えという金字塔が近づいて来ましたね~!!

もちろん、先週の「日本シリーズ対決」で、大台を
キープ(死守)したことで、ほぼ記録達成は間違い
ないと思われますが・・・。(驚)

この後、篤姫マニアとしての興味は、ラストの4回
で30%という、最近のドラマでは限界点と言われて
いる数字を超えることが出来るのかどうか!?

個人的には、もう第48回「無血開城」か、最終回の
「一本の道」しか可能性は残ってないと思っている
んですが・・・果たしてどうなる事やら!?(笑)

あと、最後に、今回ちょこっと気になったことなん
ですけど!!←余計なお世話ですかね!?(笑)

唐橋役の高橋由美子が、今まで以上にふっくらして
いませんでしたか!?いや、何となく、二重あごが
やけに見立っていたような!?(フフフ・・・)

まあ、ポッチャリ系は、大好きなんですけど・・・。
昔の「南くんの恋人」などを知っている者としては
ちょっと遠い目になってしまった今日この頃です。

●第46回 「慶喜救出」 2008年11月16日放送

Taiga28

| | コメント (0)

【第45回】篤姫

果たして、「篤姫」VS「日本シリーズ」のガチンコ
視聴率対決の軍配は、一体どちらに!?(笑)

●11月9日(日)関東地区ビデオリサーチ調べ
・日本シリーズ「巨人対西武」第7戦 【28.2%】
・第45回篤姫「母からの文」 【22.6%】

先週も書いたように、3勝3敗のタイで第7戦まで
もつれ込んだ場合の数字が、大変に興味があったん
ですけど・・・。(フフフ・・・)

まあ、結果的に、日本シリーズの完勝だった訳ですが
個人的な感想としては、よく20%を切らずに大台を
キープ出来たなぁ~と!!(ホントに・・・)

いや、もちろん、地元・所沢市民で長年の西武ファン
の自分としても、こんなに美味しい試合を見逃す訳に
はいかなかったので、「篤姫」の方は録画で済ませた
のは周知の事実だったんですが・・・。(ハハハ・・・)

で、以前、22%台まで落ち込んだ6月22日の放送回の
時も、結局はサッカーW杯予選、女子バレー、そして
プロ野球の交流戦に食われた結果だったので・・・。

やはり、今回のこの数字に関しては、大健闘を通り
越して、日本プロスポーツ界の大イベントに対して、
がっぷり四つの「横綱相撲」だったのではないかと!!

まあ、今の時代では奇跡的と言われている全放送回
20%超えという快挙も、たぶん高い確率で年末には
見ることが出来そうな予感も!?(驚)

Taiga23

それから、今週のMVPですが、やはり、タイトル
の「母からの文」の通り、篤姫ママの樋口可南子で
OKですかね!?(ハハハ・・・)

しかし、この幕末の時期に、実際の天璋院の実母が
どのぐらいの年齢だったのかは知りませんが(笑)、

ちょっと、メイクなども含め、若くてきれい過ぎる
ような気がするのは、私だけでしょうか!?(笑)

まあ、小松帯刀(瑛太)に頼まれて、天璋院に薩摩
へ帰るように文を書くシーンなどは、毎度おなじみ
吉俣良さんのBGM「♪瑞雲」で大いに盛り上げる
演出だった訳ですが・・・。(ハハハ・・・)

またこれが、臨場感あふれるイイ曲で、口惜しいん
ですけど、思わずジ~ンと来てしまうのは、仕方が
ないことなんでしょうかね!?(笑)

それにしても、最近では、毎回書いていることなん
ですが、あの宮崎あおいの演技の貫録は、どこから
出て来るものなんでしょうか!?(ホントに・・・)

・天璋院(宮崎あおい) 1985年11月30日(22歳)
・滝山(稲森いずみ) 1972年3月19日(36歳)
・重野(中嶋朋子) 1971年6月5日(37歳)
・唐橋(高橋由美子) 1974年1月7日(34歳)

いや、大奥の「30代トリオ」の稲森いずみ、中嶋
朋子、高橋由美子に対しても、全く引けを取らない
どころか、逆に年上に見えるのが凄いですなぁ~!!

個人的に、勝麟太郎(北大路欣也)1943年2月23日
(65歳)と、タメぐらいの感覚に陥っていることが
率直な感想なんですけど・・・。(ハハハ・・・)

しかし、これから年齢を重ねて行くうちに、女優と
してどこまで頂点を極めてしまうのか、楽しみでも
あり、恐いようでもあり・・・。(ガクブル・・・)

Taiga24

そして、先週発表になった「龍馬伝」(2010年放送)
のキャスティングに関してなんですけど・・・。

まあ、龍馬役の福山雅治はイイとして・・・。(笑)
問題は、準主役の「岩崎弥太郎」役ではないかと!!

いや、今年の6月に書いた「主役予想」が惨敗して
しまったので、そのリベンジの意味でも、もう一度
チャレンジしたかったんですが・・・。(笑)

↑いろいろ考えてみて、あまりにも難解だったので、
今回は、保留ということで・・・。(ハハハ・・・)

その代わり、ヒロインのお龍役のキャスティング予想
などを少々やってみようかと・・・。(笑)

◎ 柴咲コウ
○ 伊東美咲
▲ 小雪
注 竹内結子
△ 広末涼子
△ 麻生久美子
△ 深津絵里
△ 中谷美紀
爆 沢尻エリカ

やはり、福山雅治が主演に決まった時点で、ガリレオ
つながりで◎柴咲コウが大本命になってしまったのは、
仕方がないことですかね!?(笑)

それでも、NHKサイドは、あまり他局の見え見えの
配役はしないような気も!?そうなるとスラっとした
美人系では、伊東美咲か、小雪ですかね!?(悩)

個人的には、爆弾キャスティングで、沢尻エリカ様を
持って来ても面白いような!?(ハハハ・・・)

まあ、この挙げた9人の中に◎本命がいるのかどうか、
発表の日を楽しみに待ちたいと思います・・・。(笑)

●第45回 「母からの文」 2008年11月9日放送

Taiga25

| | コメント (2)

【第44回】篤姫

小松帯刀(瑛太)
「聞かせてもらいませんか、これから坂本さんが
 やってみたいことをです・・・」

坂本龍馬(玉木宏)
「昔、勝先生に言われたき、
 海は全部つながっちゅうと・・・」

「海の果ての果てまで行ってみたい、そこに何が
 あって、どんなもんらがどんな暮らしをしゆう
 がか、見てみたいがよ・・・」

小松帯刀(瑛太)
「日本は小さい国ですからね、坂本さんには合わ
 ないのかもしれない・・・」

坂本龍馬(玉木宏)
「そんなことはないき・・・やっぱり、この国が
 一番じゃき、そうやなかったらこの国のことら
 考えんき・・・」

小松帯刀(瑛太)
「しかし、これからその日本は、どうなって行く
 のでしょうか・・・」

坂本龍馬(玉木宏)
「心配することはない・・・どんどんようなるき」

小松帯刀(瑛太)
「そうでしょうか・・・」

坂本龍馬(玉木宏)
「ああ、もうすぐ、武士や町人も百姓ものうなって
 みんなぁが互角に話し、交わり、政に加わること
 が出来る世の中が来る」

小松帯刀(瑛太)
「私もそれを望んでいます・・・」

坂本龍馬(玉木宏)
「望んじょったらそうなる、ならんかったら、わしや
 小松さんが、必死になっちゅうかいがないゆうもん
 じゃき・・・」

小松帯刀(瑛太)
「本当にそうですね・・・」

坂本龍馬(玉木宏)
「そん時が楽しみじゃ・・・のう!!」

今週の帯刀(瑛太)VS龍馬(玉木宏)の一対一の
場面は、なかなか良かったと思いますけど・・・。

個人的な目線としては、早くも再来年の「龍馬伝」
に移っているのも事実・・・。(フフフ・・・)

まあ、龍馬の暗殺のシーンは、再来年の大河ドラマ
では、完全にクライマックスの一場面なんですが、

果たして、どのような感じで魅せるのか、今から、
本当に、楽しみな今日この頃です・・・。(笑)

ただ、龍馬役のキャスティングによって、全く別の
作品になってしまう可能性もあるので、この配役は
NHKサイドにとっても、超難しいですよね~!!

Taiga20

そして、先週、近所の本屋を覗いたら、大河ドラマ
ストーリー本の「完結編」が並んでいたので、早速
買ってしまった訳ですが・・・。(笑)

やはり、冒頭の宮崎あおいのインタビュー記事など
を見ても、この「篤姫」が終わった後の「燃え付き
症候群」が心配と思っているのは、たぶん、私だけ
ではないハズ・・・。(笑)

まあ、当然のことながら、今回この「篤姫役」への
入り込み方は、ハンパではなかったようで・・・。

最終カットの後は、完全にその場で動けなくなって
しまったようですなぁ~!!←これは大丈夫だった
んでしょうか!?(笑)

・第45回 「母からの文」 (11/09)
・第46回 「慶喜救出」 (11/16)
・第47回 「大奥の使者」 (11/23)
・第48回 「無血開城」 (11/30)
・第49回 「明治前夜の再会」 (12/07)
・最終回 「一本の道」 (12/14)

で、これから年末にかけてのスケジュールはこんな
感じなんですけど、早くも、最終回までラスト6回
なんですよね~!!(汗)

最終回で49歳の晩年の天璋院を演じる宮崎あおい
のスチール写真を見ましたけど、ほとんど違和感は
無かったような!?(笑)

何か、インタビュー記事では、年齢ごとにそれぞれ
の演技プランを逆算した上で、各年代を演じていた
ようですが、ここら辺の考え方は、さすがにプロだ
なぁ~と感心しましたけど・・・。

でも、ハイビジョンで「篤姫」と「純情きらり」が
同時に再放送されるのは、比べられることが、女優
としては「試練」に感じているようで・・・。(笑)

いや、ここまで彼女自身が本音を言っているのなら、
「純情きらり」の方は、まだ見たことが無いので、
この2つのドラマの間に一体何があるのか、比べて
じっくりとチェックしたいものです・・・。(笑)

Taiga21

それから、今週の視聴率ですが、【23.5%】という
ことで、三連休の中日&日本シリーズということを
考えても、大健闘と言っていいでしょう!!

それより、第1戦(日テレ系)の【19.4%】、第2戦
(テレ朝系)の【19.3%】という数字を完全に凌駕
しているのが、凄いの一言!!(驚)

ハッキリ言うと、先週も書いたように、自分のような
「篤姫ウオッチャー」でも、日本シリーズを見ていた
訳ですけど・・・。(ハハハ・・・)

問題は、巨人&西武ともに譲らず3勝3敗のタイで
第7戦まで、もつれ込んだ場合ですけど・・・。(汗)

いや、プロ野球ファンとしても、これは望んでいる
状況なので、ぜひ、「篤姫」とのガチンコの視聴率
対決は見てみたいものですなぁ~!!(笑)

まあ、それでも、今週で44週連続の20%超えという
大記録を打ち立てたのは事実な訳で、いろいろな意味
も含めて、来週は要注目の一日かもしれません・・・。

●第44回 「龍馬死すとも」 2008年11月2日放送

Taiga22

| | コメント (10)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »