« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

【第39回】篤姫

ついに、今週からBSハイビジョンの方で、集中的に
アンコール再放送が始まったようですが・・・。(驚)

何か、大河ドラマが、本放送中に、このような形態で
放送をするのは、初めてのことのようですね~!!

いや、自分で書いた、初回あたりの過去ログを見ても、
まさか、このような事態になるとは、全く想像もして
いなかった訳で・・・。(ハハハ・・・)

それどころか、ワンクールぐらいで、途中リタイアの
可能性も書いているので・・・今となっては、本当に
信じられないことですよね~!!(笑)

まあ、初期の頃は、今よりも、吉俣良さんのお約束の
BGM~♪正鵠(せいこく)や、♪驀地(まっしぐら)
などが、見え見えで盛り上がるシーンに流れていた
ような気もするんですが・・・。(笑)

於一から篤姫への、メーク&衣装などの変遷も含め、
再放送をチェックする上では、いろいろと楽しめる
部分も多いと思いますけど・・・。

あと、先週のニュースで、天璋院が婚礼時に使用した
駕籠が、米スミソニアン博物館で確認された模様です
が、ぜひ落札価格を知りたい今日この頃・・・。(笑)

確か、なんでも鑑定団に出ていた、天璋院の短冊だけ
でも100万円という結果だったので、たぶん桁違いの
評価額なのは、間違いないんでしょうなぁ~!!(汗)

Taiga01

それから、今週の内容に関しては・・・相変わらず、
勝麟太郎役の北大路欣也は、安定感があるなぁ~と、
感心していたことと・・・。

将軍家茂役の松田翔太が、だんだん板に付いて来て
演技的にも、かなり上手くなっているような!?(笑)

将軍家茂(松田翔太)
「帝の前では、もはや徳川家の威光なぞ無きに等しい」
「この有様、勝はどう見る」

勝麟太郎役(北大路欣也)
「恐れながら、今、上は諸大名から下々に至るまで、
 徳川家ではなく、帝が日本国の祭りごとの要だと
 思うておりまする・・・」

将軍家茂(松田翔太)
「ならば、どうすればよい・・・」
「朝廷の求めに応じ、無理な攘夷をせよと申すか」

勝麟太郎役(北大路欣也)
「仕方のないことで御座いましょうな・・・」

将軍家茂(松田翔太)
「異国と戦って、勝てると思うか!?」

勝麟太郎役(北大路欣也)
「いえ、コロリと負けます・・・」

将軍家茂(松田翔太)
「コロリと!?」

ここら辺のやり取りのシーンは、大ベテランの先輩
俳優を相手に、なかなか、がっぷり四つに組んでいた
と思いますけど・・・。(笑)

他にも、天璋院(宮崎あおい)、和宮(堀北真希)
に対しての演技や、公家衆や、一橋慶喜(平岳大)
に相対しても、それなりに違った立場で、十二分に
魅せていたような!?

初登場の頃は、少し心配な部分もあったんですけど、
やはり、大河ドラマというステージが、若手を急速に
成長させるものなんでしょうかね!?(笑)

Taiga02

そして、注目だった今週の視聴率ですが【24.7%】
ということで、民放のSP特番を相手に、圧勝した
とのことです・・・。(驚)

ちなみに、各局の視聴率に関しては、こんな結果が
出たようですが・・・。

【16.4%】 「タモリのボキャ天大復活祭」(フジ)
【12.9%】 「元祖!大食い王決定戦」(テレ東)
【10.7%】 「鉄腕!DASH!!SP」(日テレ)
【9.5%】 「さんまのからくり超特大号」(TBS)
【8.7%】 「劇的ビフォーアフターSP」(テレ朝)

しかし、この強力SP特番の中で、全く寄せ付けずの
横綱相撲は、本当に、凄いの一言ですなぁ~!!(笑)

ここまで来たら、もはや敵は、衆院選の選挙特番に
伴う「前倒し放送」(?)と、秋の行楽シーズンに
よる在宅率だけですかね!?(ハハハ・・・)

まあ、来週も、秋の特番シーズンは、続いて行く
訳ですが・・・やはり、一番、気になるところでは、
フジテレビの「世界柔道 団体戦」でしょうか!?

あの石井慧選手も出場予定ということで、どのぐらい
の数字を取るのか、気になるところではあります。

●第39回 「薩摩燃ゆ」 2008年9月28日放送

Taiga03

| | コメント (0)

【第38回】篤姫

今週は、タイトルの通り、「姑」と「嫁」の心の奥底の
バトル合戦が面白かったような!?(笑)

今から思えば、将軍の上洛などは、あまり大したことは
ないような気もしますが、当時からすれば、二百数十年
ぶりの出来事ということで、大騒動だったんでしょう。

和宮(堀北真希)
「私が母なら・・・かような時に、笑うて送り出せます
 でしょうか!?」
「無事にお帰りあそばすのを・・・楽しみに、待てます
 でしょうか!?」

「私はあの方の妻です・・・母とは違うのです」
「都で何かあったら・・・私は大御台さんをお恨み申し
 上げます」

この後、将軍家茂(松田翔太)を送り出す時・・・。

天璋院(宮崎あおい)
「ともに、ご無事を祈りましょう・・・」

和宮(堀北真希)
「嫌じゃ、私は一人でお祈り致します」

何か、今回の和宮の演技に関しては・・・ネット上の
いろいろなカキコを見ると、若い義母に対する嫉妬の
感情丸出しで、あまり評判は良くないような!?(笑)

例のお守りにしても、某サイトのトピックに「お取り
寄せのブランドもの」VS「手作りの品」で、天璋院
サイドの圧勝とか書いてあって、思わず笑ってしまい
ました!!(ハハハ・・・)

まあでも、嫁さんの立場からすると、結構、辛いもの
もあると思うので・・・個人的には「堀北・和宮」に、
同情する部分も多々あるんですけどね~!!(笑)

Taiga96

それから、今週から本格的に、坂本龍馬(玉木宏)が
セリフ付きで登場して来た訳ですが・・・。(笑)

まあ、短時間であれだけ存在感を示すことが出来れば、
それなりに成功と言ってもイイのでは!?(ハハハ!!)

今回の勝麟太郎(北大路欣也)を訪ねて行くシーンは、
既に、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」や、過去の様々な
ドラマでも、毎度お馴染みの場面なんですけど・・・。

小説の中では、坂本龍馬が門人だった千葉道場の息子の
千葉重太郎と「勝邸」に乗り込んで行き、暗殺しようと
思っていたところ、結局、弟子になってしまったという
「落ち」でしたね・・・。(笑)

もちろん、過去の大河ドラマに関しても、「幕末モノ」
には、必須の登場人物なんですが、それぞれの龍馬役を
まとめて見ると・・・。

・「竜馬がゆく」(1968年) : 北大路欣也
・「勝海舟」(1974年) : 藤岡弘
・「花神」(1977年) : 夏八木勲
・「翔ぶが如く」(1990年) : 佐藤浩市
・「新選組!」(2004年) : 江口洋介
・「篤姫」(2008年) : 玉木宏
・「龍馬伝」(2010年) : (配役未定)

以前にも書いたんですけど・・・やはり、自分の中では、
「翔ぶが如く」の佐藤浩市や、「新選組!」の江口洋介が
鮮明に脳裏に焼き付いているのが事実・・・。(笑)

「花神」あたりは、ぜひとも一度じっくりと見てみたい
ものですが、CSの時代劇専門チャンネルでの再放送は
物理的に無理なんですかね~!?(ガックリ・・・)

で、問題は、もうお約束で何度も書いているんですけど、
果たして、再来年の「龍馬伝」の主役は、一体「誰」に
なるのか!?ということでしょうか・・・。(笑)

担当する脚本家の福田靖ライン(HERO、CHANGEなど)
で予想すると・・・当然「あの人」(笑)で濃厚のような
気もするんですが・・・。(ハハハ・・・)

Taiga97

そして、今週の視聴率ですが、先週と同じく【26.1%】
という結果だった模様です・・・。

まあ、これから秋の改編期で、いろいろSP番組なども
増えて行くと思いますが、このまま高値安定の状況なら、
まず20%を切ることは無いような気もしますが・・・。

たぶん、今回のような、「姑VS嫁」のバトル・モノは、
女性視聴者層にも受けがイイと思うので、逆に薩英戦争
などのシーンは、少な目の方が良いのかも!?(笑)

とりあえず、来週の民放各局のSP番組は、こんな感じ
なんですけど・・・。

・「ザ!鉄腕!DASH!!SP」 (日本テレビ)
・「さんまのからくりTV超特大号」 (TBS)
・「タモリのボキャブラ天国大復活祭」 (フジテレビ)
・「大改造劇的ビフォーアフターSP」 (テレビ朝日)
・「元祖!大食い王決定戦」 (テレビ東京)

これは、ひょっとしたら、今年の中で一番キツイ週かも
しれませんが、このような激戦の中、どのような数字を
取るのか、大変に興味がありますね~!!(笑)

いや、自分のような大河ファンでも、「ボキャブラ天国」
あたりは、ちょっと、見たいような気もしているので、
録画組やBS組が増えると、激減の可能性も!?(汗)

●第38回 「姑の心 嫁の心」 2008年9月21日放送

Taiga98

| | コメント (0)

【第37回】篤姫

勝麟太郎 (北大路欣也)
「宜しいか、上等な人間ってえものは、力で人は
 動かさねえもんです」

小松帯刀 (瑛太)
「では、どうやって!?」

勝麟太郎 (北大路欣也)
「心です、心で動かすもんですよ・・・」

小松帯刀 (瑛太)
「心で・・・」

勝麟太郎 (北大路欣也)
「そういうことです・・・」

今回の小松帯刀&勝麟太郎の出会いは、なかなか良い
シーンだったと思いますけど・・・。(笑)

大河ファンとしては・・・北大路欣也さんを見ていると
「北条時宗」(2001年)に出て来た博多商人の謝国明を
思い出してしまうのは、私だけでしょうか!?(笑)

いや、北大路さん自身は、めっちゃ好きな俳優なんです
けど、この勝麟太郎(海舟)については、ちょっと違う
ような気もしています・・・。(ハハハ・・・)

個人的な感覚では、もう少し気楽で飄々としたイメージ
があるんですけど、「翔ぶが如く」(1990年)の林隆三
や、「新選組!」(2004年)の野田秀樹が、自然と脳内
でデフォとなっているんでしょうかね!?(笑)

やはり、本人の鮮明な写真が残っているだけに、キャス
ティングも、難しいかと思いますが、これからの重要な
シーンでは、北大路さんの重厚な勝海舟が生きて来ると
思うので、とりあえず期待はしております・・・。(笑)

Taiga93

あと、もちろん、今回は、天璋院(宮崎あおい)と小松
帯刀(瑛太)との再会が大きな目玉だったんですけど、

最初から見ているものとしては、ストーリー的に、よく
ここまで、二人の関係を引っ張って来たなぁ~と、感心
している部分ではあります・・・。(笑)

囲碁を打つシーンで、もう一度再会を誓い合うところは、
今週の泣かせ所かと思いますが、宮崎あおいが流す一粒
の涙は、もう、お約束の「上手さ」ですよね~!!(笑)

そして、ストーリー本を先読みした限りでは、10月に
入っての第40回あたりで、京の芸妓で、後に小松帯刀
の側室となるお琴(原田夏希)が登場するようですが、

ここら辺の描き方は、かなり難しいのではないかと!?
いや、今まで爽やか系だった帯刀(瑛太)に愛人という
ことで、女性層の反応がどうなのか・・・。(笑)

たぶん、今年の大河の「主力視聴者層」にもなっている
F2層(35~49歳の女性)や、F3層(50歳以上の女性)の
反感を買うと、ちょっとヤバイと思うので・・・。(笑)

まあ、勝海舟と小松帯刀との関係から、後に、坂本龍馬
(玉木宏)へと繋がり、そこからお龍(市川実日子)や
お琴へと展開して行くような気もしますが・・・。

このあたりの物語の進め方は、脚本家・田渕久美子さん
の腕の見せ所のような気もするので、興味深く見守って
行こうと思っております・・・。(笑)

Taiga94

それから、毎度おなじみの今週の視聴率ですが・・・。
【26.1%】ということで・・・3連休の中日で在宅率が
低かったに関わらず、高値安定は続いている模様です。

最近の大河ドラマで、幕末モノと言えば、「徳川慶喜」
(1998年)と、「新選組!」(2004年)なんですけど、
その視聴率を比べてみたら・・・。

・徳川慶喜(1998年)
 第35回 【19.9%】
 第36回 【19.5%】
 第37回 【17.1%】

・新選組!(2004年)
 第35回 【18.7%】
 第36回 【16.0%】
 第37回 【15.9%】

・篤姫(2008年)
 第35回 【23.3%】
 第36回 【27.7%】
 第37回 【26.1%】

まあ、考えてみれば、慶喜も新選組も、それなりの数字
を取っているんですが、やはり、篤姫の異常な高さが、
よ~く、分かりますよね~!!(驚)

何か、幕末モノ大河が当たらない説は、北大路欣也主演
の「竜馬がゆく」(1968年)で、ジンクスとなったようなん
ですけど・・・。(笑)

今年の「篤姫」と「竜馬がゆく」のことも含め、再来年の
「龍馬伝」(2010年予定)の動向が、ますます楽しみに
なって来ました!!(フフフ・・・)

●第37回 「友情と決別」 2008年9月14日放送

Taiga95

| | コメント (0)

【第36回】篤姫

今週のMVPは、薩摩パートの有馬新七(的場浩司)
で決定かと思っていたんですけど・・・。

最後の天璋院(宮崎あおい)が、薩摩の思い出の品
を火の中に投じるシーンで、全てを持って行かれて
しまったような!?(ハハハ・・・)

「これは薩摩から持って来た書物じゃ・・・」

「これは生家の父、忠剛が愛した白薩摩・・・」

「父、斉彬公より賜りし薩摩切子・・・」

「重野、次じゃ」

「これは幾島様よりの・・・」

「構わぬ・・・」

ここで、毎度おなじみ、吉俣良さんの切ないBGMが
流れる展開で、最近の数話では、一番の泣かせ所
だったような気も!?(笑)

そして、この後、すぐに家茂(松田翔太)が登場して、
天璋院を少しでも疑ったことを謝罪・・・。

う~ん、やはり、ここら辺の宮崎あおいの顔の表情は、
上手いというか、もはや、自分自身の“得意技”として
完全に手の内に入れてしまった感じですかね!?(笑)

いや、それでも、改めて22歳という若さで、ここまで
視聴者を泣かせる演技が出来るのは、凄いの一言
なんですが・・・。

このぐらいのレベルにまで来ると、技術論とか以前に
何か、見えないものに取り憑かれていると考えてOK
なんですかね!?(笑)

Taiga89

そして、少し早いですが、そろそろ来年の大河ドラマ
「天地人」に関して、軽く予習でも始めたいなぁ~と、
思っている今日この頃なんですけど・・・。(笑)

何か、先日、新たに追加の出演者&スタッフが発表に
なったようですが、これはどうなんですかね!?(笑)

・石田三成 : 小栗旬
・淀殿 : 深田恭子
・真田幸村 : 城田優
・小早川秀秋 : 上地雄輔
・語り : 宮本信子
・音楽 : 大島ミチル

個人的には、語り:宮本信子、音楽:大島ミチルという
名前だけで、かなり、物語の全体像が見えて来たような
気もするんですけどね~!!(ハハハ・・・)

あと、石田三成:小栗旬と、淀殿:深田恭子に関しては、
なかなか、思い切ったキャスティングだなぁ~と!!

なるほど、三成は、主演の直江兼続とは、史実的にも
同じ年なんですね・・・これには納得です!!(笑)

・石田三成 : 江守徹 → 小栗旬
・淀殿 : 小川真由美 → 深田恭子

いや、デフォとなっていた、「葵徳川三代」(2000年)
の重厚キャスティング(※悪く言えば、加齢臭キャス
ティング)とは、だいぶ違うので、ちょっと違和感が
あったのも事実なんですが・・・。(ハハハ・・・)

新キャストに関しての解説を見ると、三成は、真田幸村
の妹・初音(長澤まさみ)に心惹かれて行くようですが、

ここら辺のドラマ設定には、やや危険な香りがするのは
私だけでしょうか!?←大丈夫なんですかね!?(笑)

小早川秀秋役の上地雄輔については、彼自身が「いい人
キャラ」で出来上っているので、逆に、悪役で出た方が
印象は強いような気もするんですけど・・・。(笑)

とにかく、まずは、原作「天地人」(火坂雅志・著)でも
読みながら、来年に備えようと思っております・・・。

Taiga90

それから、今週の視聴率に関しては、【27.7%】という
ことで、これまでの最高タイを記録した模様です!!

まあ、先週の「24時間テレビ」のような、裏に特別な
イベントが無ければ、このような凄い数字を取ってしま
うんだなぁ~と、改めて驚いております・・・。(汗)

ここまで来ると、あとは、いつ夢の【30.0%】を超える
のかに、注目が集まっていると思いますけど・・・。

ある意味、「時代劇」それも「幕末モノ」で【30.0%】
超えを記録すれば、もう、歴史に残る「大河ドラマ」と
言っても、決して過言ではないでしょう・・・。

・第37回 「友情と決別」 (9月14日)
・第38回 「姑の心、嫁の心」 (9月21日)
・第39回 「薩摩燃ゆ」 (9月28日)
・第40回 「息子の出陣」 (10月5日)
・第41回 「薩長同盟」 (10月12日)
・第42回 「息子の死」 (10月19日)
・第43回 「嫁の決心」 (10月26日)

今後のスケジュールは、こんな感じですが、タイトル的
には、どうなんでしょうかね!?(笑)

やはり、【30.0%】超え達成には、余程のインパクトが
ないと無理かと思うんですけど、個人的な予想としては、
最終回あたりに出して大団円のような予感も!?(笑)

●第36回 「薩摩か徳川か」 2008年9月7日放送

Taiga91

| | コメント (0)

【第35回】篤姫

和宮 (堀北真希)
「公武合体は、この国に平和をもたらすのですか」

徳川家茂 (松田翔太)
「私は、そう信じております」

和宮 (堀北真希)
「ならば、私はその証として生きてまいります」
「それより他に、もはや道はござりません・・・」

徳川家茂 (松田翔太)
「それだけではない、私はそなたを大切にしたい」
「いえ、幸せにします・・・」

和宮 (堀北真希)
「幸せ・・・」

徳川家茂 (松田翔太)
「何よりも、妻として・・・」

もちろん、ここのシーンは、脚本家・田渕久美子さんの
毎度おなじみ「スイーツ(笑)フィルター」が、かなり
掛かっていたと思いますが・・・。(ハハハ・・・)

いや、それでも、寝所の場面だけで、ここまで魅せる
手法は、篤姫&家定バージョンで、培っているだけの
ことはあるなぁ~と、感心しながら見ていました。

まあ、史実的にも、家茂と和宮の夫婦仲は、それなりに
良好だった模様ですけど、(一応、表向きには・・・)
ここまでの会話があったのかは、謎ですよね!?(笑)

Taiga78

そして、今回の演出は、オープニングのクレジットを
見ると、上杉忠嗣D(?)ということで、これまで、
演出助手だった人が、昇進したんですかね!?(笑)

公式サイトの方には、今回の演出に関して、いろいろと
「director's voice」として載っていましたけど・・・。

堀北真希の“例の演技”に関しては、「幸せにして
ください」では決してなく「幸せになる!」という、

和宮の強い意志をこめた感情でお願いしたと、書いて
ありましたね・・・。(なるほど・・・)

いや、ここら辺の細かい演出などについては、マニア
としては、もう少し知りたい部分もあるので、定期的
に載せてもらえると、有り難いなぁ~と!!(笑)

あと今回は、天璋院と滝山の絆が深まった、ある意味
とても重要な回だったと思うんですが・・・。

滝山役の稲森いずみは、やはり、だんだんと役が板に
付いて来て、初出の頃とは違って、格段に良くなって
いるような気がするのは、私だけでしょうか!?

初期の頃は、大奥特有のメイクに慣れていないことも
あって、「義経」(2005年)の常盤役と比べて、変な
違和感があったのも事実なんですけど・・・。(笑)

あのビーチボーイズ(1997年)も、既に11年前という
ことで、彼女自身も、今年で36歳ですか!?(驚)

やはり、今回の滝山に関しては、女優としても、今後の
ターニングポイントになるような気がしています・・・。

Taiga79

それから、今週の視聴率ですけど、【23.3%】という
ことで・・・裏に強力な「24時間テレビ」があった
割には、大健闘だったのでは!?(笑)

何か、例のマラソンに挑戦したエド・はるみがゴール
した直後の午後8:46の瞬間視聴率は、【41.1%】
(関東地区)だった模様ですが・・・。(驚)

これは、完全に、篤姫組が、ドラマが終わった瞬間に
日テレにチャンネルを替えたと思ってOK!?(笑)

いや、逆に、日テレサイドが、「篤姫」が終わる時間に
合わせて無理やりゴールさせたと考えた方が自然の
ような気も!?(フフフ・・・)

ということで、今年に関しては、もう重大なイベント
関連は、ほぼ終了ということで、これで、夢の視聴率
全話20%超えも、現実味を帯びて来ましたかね!?

あとは、某首相の突然の辞任で、年内の総選挙ぐらい
が心配の種なんですけど、昨年の参議院選挙の場合は、

大河ドラマ「風林火山」は、午後7:15~8:00に
時間帯をスライドさせて、視聴率的には、3~4%
落としてましたね・・・。

ここら辺の数字に関しては、いろいろな意味で、興味
深いところですが、現時点では、何が来ても大丈夫な
ような気もするんですけど・・・。(笑)

●第35回 「疑惑の懐剣」 2008年8月31日放送

Taiga80

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »