« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

【第30回】風林火山

やはり、毎回お約束のように、何度も書いていること
ですが・・・前回の「武田信玄」と比べてしまうのは、
もう仕方がないことなんですかね!?(ハハハ・・・)

いや、これから勘助が、鉄砲商人に化けて越後に潜入
するストーリーは、西田敏行バージョンでも、かなり
印象に残り、かつ、メッチャ面白かったので!!(笑)

個人的には、信玄&謙信のイメージは、新田次郎原作の
「武田信玄」に影響されている部分も多いんですけど、

その中でも、長尾景虎に対面した勘助が、その印象を
晴信に話す場面は、鮮明な記憶として残っています。

青白き天才で、頭脳明晰、独特の方法で瞬時に計算を
解く件なども、自分の中での謙信像を作り上げて行く
ものでした・・・。

で、そのような長尾景虎を演じるGacktに関してですが、
心配していた本格的なセリフ部分も無難にこなしていて
逆に、ベテラン級の力を発揮していたような!?(驚)

夜伽を申し出た直江実綱の娘(浪)を叱責するシーンは
なかなか良かったと思いますけど・・・いや、決して
ルックスで拒否した訳ではないですよね!?(ハハハ!!)

あとは、緒形拳の存在感は、やはり、想像以上に凄かった
ですなぁ~!!「毛利元就」の時も、出番はそんなに多く
なかったんですけど、常に圧倒的でしたからね~!!

これから、OPの最後のクレジットは、彼の定位置かと
思いますが・・・今後に向けて、勘助との軍師としての
頭脳対決に期待は膨らみます・・・。

【今週のMVP】
今週は、出演者もたくさんいて、1人に絞りにくい状況
かと思いますが・・・夜伽役の浪(占部房子)ということ
で手を打ちましょうか!?(笑)

●第30回 「天下への道」 2007年7月29日放送

Taiga05

| | コメント (0)

【第29回】風林火山

以前、千葉真一&竜雷太の両巨塔が、ストーリーから
離れて行くのは、思っている以上に、影響が大きいと
書いたんですが・・・。

次週予告で、宇佐美定満(長尾家軍師)役の緒形拳を
見たら、そのような心配が吹っ飛びました!!(笑)

いや、たった数秒間の予告映像UPだったんですけど、
その存在感は、半端でなく凄いものでした!!(驚)

これからは、本格的に、武田家VS長尾(上杉)家の
対決へと移って行くんですけど、その俳優陣の絶妙な
配分バランスに、思わず感心している次第です・・・。

【武田家】

・武田信玄(市川亀治郎)
・山本勘助(内野聖陽)
・武田信繁(嘉島典俊)
・飯富虎昌(金田明夫)
・諸角虎定(加藤武)
・馬場信春(高橋和也)
・真田幸隆(佐々木蔵之介)

 VS

【長尾(上杉)家】

・上杉謙信(Gackt)
・宇佐美定満(緒形拳)
・直江実綱(西岡徳馬)
・柿崎景家(金田賢一)
・大熊朝秀(大橋吾郎)
・村上義清(永島敏行)
・上杉憲政(市川左團次)

個人的には、内野・亀よりも、ガクト・緒形コンビの
方が、確実に【HP】、【MP】ともに強いような気が
するんですけど・・・どうなんですかね!?(笑)

それから、上杉謙信の姉にあたる桃姫(西田尚美)
の登場も気になるところですが、これが妙にガクトに
似ている感じで、キャスティングしたNHKがGJ!!

あと、様々なネット上にも、数多く書いてありましたが、
小笠原長時(今井朋彦)と、高遠頼継(上杉祥三)の
小物っぷりは、本当に凄いですよね~!!(ハハハ!!)

「おのれ!」の7連発は、大河ドラマ史に残る迷ゼリフ
だったのでは!?しかし、いい味を出してるよなぁ~!!

それから、完全に「顔芸」が板に付いてきたお屋形さま
ですが・・・某所に「海亀の産卵」と書いてあり、思わず
笑ってしまったのは、私だけですか!?(自爆)

いや、今週、一番泣かせるシーンだったのに、ホントに
カンベンしてもらいたいよなぁ~!!(ガックリ・・・)

人は城  人は石垣  人は堀
情けは味方  仇は敵なり

●第29回 「逆襲!武田軍」 2007年7月22日放送

Taiga02_4

| | コメント (2)

【第28回】風林火山

しかし、板垣サニー千葉ちゃんの殺陣のアクションが
凄過ぎて、他の役者がショボく見えるのは仕方がない
ことなんでしょうか!?(ハハハ・・・)

いや、ホントに、馬から落とされて、徒歩になったとき
からの素早さは、1人だけアニメなんだよなぁ~!!(笑)

たぶん、馬上での殺陣も、凄く難しいと思うんですが、
サニー千葉ちゃんだけ、ケタ違いにカッコ良かったのは、
やはり、経験が為せる神業なんでしょうかね!?(感心)

あと、ここで、若き頃の戦国自衛隊の千葉ちゃんが登場
すれば・・・さらに盛り上がると思ったのは、私だけでは
ないハズ!?←もし、やったら、歴史に残った!?(爆)

それにしても・・・今回の亀治郎@お屋形さまの演技は、
完全に歌舞伎そのものだったような!?眉や目の動きで
隈取までも見えるような感じでしたよね~!!(驚)

これは、NHKサイドの演出だったのか、市川亀治郎さん
サイドからの働きかけだったのか、気になるところでは
ありますが・・・なかなか画期的なことだった!?(笑)

ただ、考えてみれば、ここまで神アクションでの最期を
演じた千葉ちゃんに対して、主演の内野@勘助の川中島
でのラストシーンをどう描くのか!?

何か、ハードルがムチャクチャ上がってしまったような
感じがするんですけど・・・大丈夫なんでしょうかね!?

どう考えても、また平蔵(佐藤隆太)が絡んで来るのは
間違いないと思いますが(笑)・・・井上靖の原作では
名も無い、若い武士に討ち取られる結末なので・・・。

さてと、これからいつものローテ、NHK総合→BS2
→録画ループで、楽しもうと思っております!!(笑)

飽かなくも なほ木のもとの 夕映えに
月影やどせ 花も色そふ

●第28回 「両雄死す」 2007年7月15日放送

Taiga05_2

| | コメント (2)

【第27回】風林火山

しかし、サニー千葉ちゃんと、ゴリさんに、死亡フラグが
立ってしまったのは・・・初回からガン見しているファン
にとっては、辛いことですなぁ~!!(ホントに・・・)

あと、小山田“好色一代男”信有にも、寝首掻かれフラグが
立ってしまったのが、悲しい事実・・・。(ハハハ・・・)

でも、ここで、千葉真一&竜雷太の両巨塔が、ストーリーから
離れて行くのは、思っている以上に、影響が大きいような!?

何か、チャーシュー抜きのチャーシューメンとか、うなぎ抜き
のうな丼になってしまう悪寒も!?大丈夫ですかね!?(笑)

まあ、「太陽にほえろ!」でも、殉職シーンは、一番の見せ場
でしたから・・・次回予告を見た限りでは、サニー千葉ちゃんの
独壇場か!?刀と槍の二刀流!?←有り得ね~!!(笑)

ちょっと、【ネタバレ】を書くと、死んだ板垣信方が、晴信と
語り合う場面があるんですけど・・・ここは、ストーリー本を
読んだだけで、泣けてくるので、必見かもしれません・・・。

とにかく、来週は、中盤の山場、ある意味ではクライマックス
なので、心して迎えようと思っております!!(ワクワク!!)

それから・・・NHKの大河とは、直接は関係ないんですけど、
現在のドラマと比べるために、1969年に公開された映画版
「風林火山」の主なキャスティングを書いておきます。(笑)

●風林火山
(1969年 東宝 三船プロ 上映時間165分)

【山本勘助】 三船敏郎
【武田信玄】 中村錦之助

【由布姫】 佐久間良子
【於琴姫】 大空真弓
【三条氏】 久我美子

【武田勝頼】 中村勘九郎(現・勘三郎)
【板垣信方】 中村翫右衛門
【武田信繁】 田村正和
【飯富虎昌】 志村喬

【上杉謙信】 石原裕次郎

確か、昨年あたりに、CSの日本映画専門チャンネルで見たと
思うんですけど・・・ポッチャリとした子役時代の中村勘九郎
しか記憶にないのは、何故なんでしょうか!?(ハハハ・・・)

いや、ここまで豪華な俳優陣なのに、後から、田村正和とかも
出演していたんだなぁ~と、思ったくらいでした・・・。(笑)

まあ、機会があれば、もう一度、キチンとチェックしたいと
考えておりますが・・・上映時間がちょっと長いですかね!?

●第27回 「最強の敵」 2007年7月8日放送

Taiga05_1

| | コメント (0)

【第26回】風林火山

ついに、海ノ口城攻めから、時間を越えて、美瑠姫の
再登場だった訳ですが・・・想像以上に、その妖艶な
感じが、なかなか良かったと思いますけど・・・。(笑)

いや、頭の中で勝手に、「菅野莉央」→「真木よう子」への
成長過程を思い描き、ニヤニヤしていたのは、私だけでは
ないハズ!!←え、自分だけですか!?(ハハハ・・・)

勘助が差し出した水を振り払った「ドS仕様」は、今後の
波乱を予感させる一場面でしたけど、それ以上に、勘助の
方が、「ドM仕様」とのウワサもありますが・・・。(笑)

しかし、お屋形さま(市川亀治郎)が、ダークサイドに
落ちてから、彼の台詞回しが、さらに濃く、物凄いモノに
仕上がってますよね~!!←少しやり過ぎ感も!?(笑)

【勘助】
「お忘れにござりまするか、戦とは力をもって百戦百勝
 したとて最善の策とは言えませぬ」
「戦わずして勝つは最善の策なり・・・」

【晴信】
「何を~~~得意げに~~~申しておる~~~」
「それゆえ武田に刃向かう者が後を絶たぬのじゃ!!」
↑ここら辺の言い回しが最高でしたよね~!!(笑)

そして、この場面を受けて、最後のシーンで、由布姫を
抱きしめ・・・「今は負けることが恐ろしい・・・」と、
言わしめた脚本は、間違いなく神レベルでしょう!!

で、今週発売された「大河ドラマストーリー・後編」を
我慢出来ずに、速攻で買ってしまった自分ですが・・・。

その中でも、由布姫(柴本幸)の写真が、確変している
のがビックリ!!え~こんなに綺麗だったのか、と!!
(特に、P15~17の全カットで・・・)

あとは・・・於琴姫(紺野まひる)、桃姫(西田尚美)、
そして、勘助を慕う原虎胤の娘「リツ」の存在が気になる
ところですが、ネタバレになるのでこの辺で・・・。(笑)

※それから、テーマ曲前の最初のシーンで流れたBGMが、
 完全に帝国のマーチ(ダースベイダーのテーマ)だった
 ような!?←これは気のせいか!?(ハハハ・・・)

●第26回 「苦い勝利」 2007年7月1日放送

Taiga01_4

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »