トップページ | 2007年2月 »

【第4回】風林火山

これまでの大河ドラマのパターンだと、そろそろ
内容的にも息切れして来る頃なんですが・・・。

いや、今年の場合は、回が進むにつれてどんどん
加速して行くような感じですな!!(ホントに!!)

もちろん、内野聖陽さんは、最高にイイんですけど、
心配していた市川亀治郎さんの晴信も、それなりに
カッコよく見えて来ました・・・。(笑)

それにしても、千葉真一さんの殺陣は、めっちゃ凝って
いましたね~!!ガイド本では、かなりの時間を掛けて
いたようですが、これは今後の楽しみが増えました!!

あと、晴信と勘助が、こんな浅い回で出会ってしまった
ことが、意外と言えば、意外なんですが・・・。(笑)

井上靖の原作だと・・・板垣信方に仕官するまでも、
紆余曲折があるんですが、これだと青木大膳との
ストーリーも必要無くなってしまったような!?

で、残念なのは、我が貫地谷しほり様の出番が、今回で
終了してしまったこと・・・お色気目当ての大河ファン
にとっては、ただただ無念の一言です。(ハハハ・・・)

●第4回 「復讐の鬼」 (2007年1月28日放送)

Taiga13_1

| | コメント (0)

【第3回】風林火山

ミツ、今週も可愛かったよ、ミツ!!(笑)

そして、次週に向けて、完全に死亡フラグが立ってしまい
ましたなぁ~!!あんなトコで止めなくても!!(涙)

しかし、千葉真一の板垣信方は、ホント泣かせますなぁ~!!
晴信を諫言するシーンは、早くも序盤の山場だったような!?

何か、今回が、大河初出演ということで、以前にも出ていた
ような気もするんですが、彼の重厚感は凄いの一言です!!

あと、近習達との歌会の場で、晴信と、駒井政武(高白斎)
とのやり取りが、細かいセリフ回しで面白かったです。

「夜明しをしたこの身に朝の風が染みるようじゃ、のう駒井」
「はっ、さぞや染みましょう」とか・・・。(笑)

ここら辺は、今回の脚本のレベルの高さなんでしょうかね!?

で、武田家臣団に関しても、いろいろ渋い面々が揃っていて
見ていて安定感もあり、田辺誠一の小山田信有とかも、今後
重要な場面で活躍しそうですな・・・。

問題は、来週で、序盤のヒロイン的存在のミツが死んでしまい
萌え要素が無くなってしまう、ということ・・・。(涙)

出来ることなら、もう一度、貫地谷しほりが、何らかの形で
登場して欲しいというのが本音なんですけど(無理ですか!?)

●第3回 「摩利支天の妻」 (2007年1月21日放送)

Taiga11

| | コメント (0)

松浦亜弥DVD

松浦亜弥コンサートツアー2006秋
『進化ノ季節・・・』

某友人(Mさん)の強力なプッシュにより、早速買って
来て、ひと通り見たんですけど・・・。(フフフ・・・)

いや、たぶん、あやや単独コンの映像を見たのは、
2003年春の「松リングPINK」以来だったので、
そのあまりの進化具合にビックリした次第です!!(笑)

自分の考えでは、まだ水の中にいるユーステノプテロン
ぐらいの進化と思っていたんですが、←意味不明!!(笑)

もう完全に陸に上がって、アイドルとしての殻を脱ぎ捨てて
しまった感じじゃないですか!?>これは!!(大汗)

もちろん、今回はブラスセクションや、バックバンドが入って
ステージにも厚みが増したんですけど、個人的には、生ギター
での「可能性の道」と「ハピネス」が良かったですなぁ~!!

あ、「渡良瀬橋」の途中で、あやや自身が演奏したピアニカを
トチったのはご愛嬌ですか!?(ハハハ・・・)

しかし、ちょっと本音を言うと、脱アイドル感を出している
ステージを見て・・・何となく、寂しさもあるような!?

あと、個人的な感想として・・・大人のステージ内容に
今までのような、お馴染みのサイリウムを振っての応援は、
ちょっと、この雰囲気に合わないような気がしたこと・・・。

あややだけが、進化をしてしまって、ファンが付いて行けない
ような感じがしたんですけど・・・どうですかね!?(笑)

※友人のMさんに言わせると、アムロの反応にガンダムが
 付いて行けないような感じ、とのことですが・・・。(爆)

Musume34

| | コメント (0)

貫地谷しほり

いや、「大奥~華の乱~」や、「信長の棺」、そして、
「スウィングガールズ」も、一応見ていたんですけど、

これまで、全くスルー状態だったのが不思議なくらい、
今回の「風林火山」での存在感は、凄かった訳で!!(笑)

ハッキリ言って、昨年の長澤まさみなんかより、ケタ違い
に「萌え要素」満載だったような!?(ホントに・・・)

当初、公式サイトや、ガイド本などの写真では、あまり
これと言って、目を引かなかったんですが、ドラマでの
躍動感ある映像見て、完全にハマりました!!(笑)

いい意味で、これだけ泥臭い農民の娘役が似合う女優さん
もいないような!?甲斐の方言に関しても、自然な感じで
一瞬、一瞬のしぐさにも、完全に見入ってしまいました!!

まあ、残念ながら、あと数回で、もう出番は無いんですけど
久々に大河での「神キャスティング」ではなかったかと!!

これは本当に、これから出てくる女優陣、特に由布姫役の
柴本幸にはプレッシャーが掛かって来るような予感も!?(笑)

Taiga03

| | コメント (0)

華麗なる一族

ロボット鯉、カッコイイよ、ロボット鯉!!(笑)

いや、途中までいい感じのドラマだったんですけど、
あの肖像画と、ロボット鯉の登場でズッコケました!!(爆)

ホントに、池から龍でも出てきそうな勢いでしたからね~!!
思わず、お茶を吹きそうになりましたよ!!(ハハハ!!)

しかし、北大路欣也の重厚感は、流石と言ったところ!!
やはり、この役は、彼にしか出来なかったような!?(納得です)

あと、キムタクと西田敏行の関係は、「白い巨塔」の財前と、
義父の又一を連想させてしまうのは、制作サイドの狙いか!?(笑)

それにしても・・・山崎豊子作品という最高の素材があれば、
これだけスケールの大きなTVドラマを作れるんだなぁ~と、
感心した次第です・・・TBSも、やれば出来るじゃん!!(笑)

ちょっと、暇があれば、原作も一度読んでみたいですなぁ~!!
↑山崎豊子センセイ&出版社の思う壺ですか!?(フフフ・・・)

Karei01

| | コメント (2)

【第2回】風林火山

早くも、第2回目にして、自分の中での大河NO.1の
位置へと駆け上ってしまいました!!(ハハハ・・・)

ハッキリ言って、これはマジで面白すぎだろう!!(笑)
久しぶりに、濃密な時代劇を堪能した感じですなぁ~!!

山本勘助の兄弟と、武田信玄の兄弟との対決が、シンクロ
して描かれていく様は、脚本の妙じゃないですかね~!!

故郷を追われた勘助と、父に疎まれた勝千代(後の信玄)
が、いずれ主従関係を結ぶ・・・まあ、かなり、見え見えの
伏線ではあるんですけど、そこがまたイイような!?(笑)

それにしても、勘助のあまりにも過酷な運命は、ちょっと
凄いですな!!養父に裏切られ、実兄に殺されそうになる。
でも、なぜか陰惨な感じがしないのが不思議なトコ!?(笑)

あと、千葉真一の板垣信方は、完全に当たり役ですかね!?
ちょっと、カッコよすぎの感もありますが、これから勘助と
どのように絡んで行くのか、期待感が膨らみますよね~!!

ということで、このクオリティのままで1年間はキツイような
気もしますが、今回ぐらいの内容なら、受信料2倍でもOKと
思ってしまった、日曜日の宵でした・・・。(笑)

●第2回 「さらば故郷」 (2007年1月14日放送)

Taiga09

| | コメント (0)

【第1回】風林火山

個人的には、めっちゃ面白かったんですけど、
一般ファミリー&女性層の反応がどうなのか!?

いや、かなりのエロ&グロシーンも多かっただけに
引いてなければいいなぁ~と思った次第・・・。(笑)

それにしても、主演の内野聖陽さんが、こんなにイイとは
ちょっとビックリしていますけど!!(ハハハ・・・)

あと、農民の娘ミツ役の貫地谷しほりさんのエロさ加減が
たまりませんでした!!(笑)今週のMVP決定でしょう!!

それから、寺島のアニキは、悪役をやらせると最高に
輝きますよね~!!(笑)いや、この役は、彼にしか
出来なかったような!?(お見事でした・・・)

勘助が、馬に乗って矢を放ち、ミツを助けに行く場面は、
かなり劇画チックな感じでしたけど、男の匂いがプンプン
するような硬派の時代劇は大歓迎ですなぁ~!!

とりあえず、期待以上の出来だったと言うよりも、
ここ数年の大河ドラマの中では、ちょっとレベルが
違うくらい最高傑作のような気も!?(誉め過ぎか!?)

あと問題は、このレベルの高さをこれからどのように
維持して行くのか・・・役者陣&脚本スタッフのお手並み
拝見と言ったところでしょうかね!?(笑)

●第1回 「隻眼の男」 (2007年1月7日放送)

Taiga07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »