【第33回】おんな城主 直虎

●第33回 「嫌われ政次の一生」 2017年8月20日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ なつ (山口紗弥加)
注 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 力也 (真壁刀義)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、もちろん、誰が見ても、小野政次役の
高橋一生さんを選ぶしかないと思うんですが・・・。(笑)

いや、今回の、高橋@政次の最期のシーンは、長年の
大河ドラマの中でも、ある意味、エポックメイキング的な
衝撃的なラストだったような気もしますけどね~!!

まあ、自分としては、処刑される高橋@政次を、陰から
直虎(柴咲コウ)が、涙をこらえて、お経をあげるような
軽いイメージで見ていたんですけど・・・。(フフフ・・・)

いや~!!まさかの、柴咲@直虎自らが、槍を取って、
高橋@政次に最期のとどめを刺す展開とは、想像すら
していなかったですからね~!!(ホントに・・・)

「地獄へ落ちろ、小野但馬、地獄へ」
「ようも、ようも、ここまで、我を欺いてくれたな」
「遠江一、日本一の卑怯者と、未来永劫、
  語り伝えてやるわっ!!」

何か、制作統括の岡本幸江プロデューサーのコメント
によると、お互いを罵り合っているように見えて、実は
「誓いの言葉」になっている、究極のラブシーンだった
ということなんですが・・・。(なるほど・・・)

ここら辺は、脚本担当の森下佳子さんも、一か八かの
思い切った、賭けをしたなぁ~と、その手腕を高く評価
しているのは、私だけではないんでしょうなぁ~!!

Taiga216

Taiga218

Taiga217

しかし、柴咲@直虎に刺された直後、全てを悟り切って、
穏やかに微笑むところなどは、やはり、高橋一生さんの
俳優としてのポテンシャルの高さを、十二分に物語って
いると思うんですが・・・。(凄いですよね・・・)

いや、これだけ、リアルな磔のシーンを見せ付けられて
しまったら、もしも、子供の頃なら、相当なトラウマとして
残ってしまったんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

まあ、今週の放送回が、終了してしまうと、間違いなく
「高橋一生ロス」問題が発生すると、ネット上などでも、
早くから、指摘されていたんですけど・・・。(笑)

この最期の凄い展開を見てしまったら、そんな小さな
問題などは、遙かに超えてしまって、何か、別次元の
領域まで行ってしまった感覚なんでしょうかね!?

個人的には、現在の高橋一生さんが36歳ということで、
たぶん、40歳前後(?)ぐらいで、今度は、大河ドラマの
主役のオファーが必ずあると予想しているんですが・・・。

今から、高橋一生さんに似合う歴史上の人物は、一体
誰なんだろうと思いを巡らせているのは、ファン以外の
方でも、結構、多いような気もしますけどね~!!(笑)

とにかく、今回の小野政次役に関しては、最高の演技を
長いスパンで、たっぷりと見せて頂いたので、また次の
ドラマ(出来ることなら時代劇)での出会いを、楽しみに
待ちたいとは思っております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga219

Taiga221

Taiga222

それから、来年2018年の正月時代劇が、三谷幸喜さん
脚本の「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」に
決まったということですが・・・。

何か、前野良沢や、杉田玄白らによる、「解体新書」の
出版の経緯を描く、いわゆる「蘭学事始」のドラマという
ことで、これは、新春から、かなり期待出来るような気も
しますけどね~!!(ホントに・・・)

・ 前野良沢 (片岡愛之助)
・ 杉田玄白 (新納慎也)
・ 平賀源内 (山本耕史)
・ 田沼意次 (草刈正雄)

ちなみに、主なキャストは、このような感じになっている
ようですが、もちろん、昨年の「真田丸」ファミリーという
ことで、三谷ファンとしても、間違いなく、たまらないもの
があるんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

特に、個人的には、「真田丸」では、あの豊臣秀次役を
大熱演した、新納慎也さんバージョンの杉田玄白役が、
めっちゃ、楽しみなんですけど・・・。

ご本人の公式ブログでも、喜びが伝わって来て、今回の
ドラマを宣伝するために、先週からTwitterも、始められた
そうですからね~!!(フフフ・・・)

あと、正月時代劇の中で、というよりも、三谷作品の中
でも、ある意味、最高傑作と思っているのが、「新選組!!
土方歳三 最期の一日」(2006年)なんですけど・・・。

今回は、その時の、山本耕史&片岡愛之助の名コンビも
入っているので、何となく、「神ドラマ」の匂いがプンプンと
するのは、まあ、当然のことなんでしょうなぁ~!!(笑)

Taiga227

Taiga226

Taiga223

| | コメント (0)

【第32回】おんな城主 直虎

●第32回 「復活の火」 2017年8月13日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ なつ (山口紗弥加)
注 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 虎松 (寺田心)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 本多忠勝 (髙嶋政宏)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 武田信玄 (松平健)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、やはり、小野政次役の高橋一生さんを
選ぶしかないと思っているんですが・・・。

これで、3週連続ということで、ここら辺は、視聴者サイド
としても、想定内の展開というか、いよいよ、脚本的にも
高橋@政次の最高の見せ場がやって来たと思った方が
イイんでしょうかね!?(フフフ・・・)

何か、最新のインタビュー記事によると、約10カ月間に
及ぶ撮影の終盤では、次第に政次と同化して行く感覚が
あったそうですが・・・。(凄いことですな・・・)

いや、お芝居をしながら、「今が、最高だ!」と思う瞬間も
何回もあったということで、本当に素晴らしい現場を経験
していたんだなぁ~と、見ている側としても、嬉しくなって
しまうような、「神コメント」でしたかね!?(ハハハ・・・)

まあ、小野政次に関しても、井伊谷を乗っ取った悪人とも
言われている中、高橋さんご自身としても、別の視点から
分析されていたようですが・・・。

小野家代々の墓が、直虎と同じ井伊家の菩提寺・龍潭寺
にあることからも、これまでの定説とは、また違った見方も
出来ると語っていましたからね・・・。(なるほど・・・)

もちろん、このようなグレーゾーンの部分を、どのようにして
演じるかが、役者としての真骨頂かと思うんですが・・・。

今回の小野政次役は、脚本的にも、想像していた以上に
見事にハマった配役だったと言えるんでしょうかね!?

Taiga193

Taiga201

Taiga195

また、今週は、その高橋@政次を陰から支える、山口
紗弥加さん演じる、義妹のなつも、なかなか、イイ味を
出していたと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

高橋@政次から、「俺と一緒にならぬか」と言われた後、
ジャストタイミングで、ポロっと流した涙が、妙に印象に
残った人も、多かったのではないかと!?(笑)

何か、山口さんは、台本を読んで、政次という人物は、
無意識のうちに母性本能を刺激する、女性からすると
危険な男性だと思っていたそうで・・・。(ハハハ・・・)

いろいろな意味で、人たらしというか、罪な男ということで、
「悔し~」と思いながら演じていたそうですからね~!!

個人的に、山口紗弥加さんは、今回のなつ役を通して、
また、女優として、新たな魅力が倍増したような感じも
するんですが・・・。(フフフ・・・)

毎年、何本もオファーが来る、各ドラマには欠かすことが
出来ない、名バイプレーヤーということも、十分に納得の
名演技だったなぁ~と、高く評価している次第です・・・。

もちろん、また次回以降の大河ドラマや、別のドラマでも
ぜひ見たいなぁ~と、期待しているファンの方も、たくさん
いると思うんですが・・・。

いや、これだけ、色っぽい雰囲気を出せる女優さんなので、
思い切って、もう一皮剥けてもイイいような気もするんです
けど・・・ここら辺は、どうなんでしょうかね!?(笑)

Taiga190

Taiga191

Taiga192

それから、今週から登場した、本多忠勝役の髙嶋政宏
さんも、気になる存在だったんですが・・・。

今回は、顔見せ程度(?)ということで、もう少し、出番が
あっても、良かったような気もしますけどね~!!(笑)

●大河ドラマでの髙嶋政宏さんの配役

・ 「独眼竜政宗」 (1987年) : 片倉小十郎重綱 役
・ 「毛利元就」 (1997年) : 尼子晴久 役
・ 「利家とまつ」 (2002年) : 徳川家康 役
・ 「八重の桜」 (2013年) : 槇村正直 役

・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : 本多忠勝 役

ちなみに、髙嶋政宏さんの過去の大河ドラマの配役は、
このような感じになっているんですけど・・・。

いや、どれもインパクトが強い役どころで、それぞれの
名シーンが脳裏に焼き付いている人も、かなり、多いと
思いますけどね~!!(ホントに・・・)

個人的には、「毛利元就」の尼子晴久役などは、最高に
良かったと、高く評価しているんですが・・・。(フフフ・・・)

最期のシーンで、正室のみつ(岩崎ひろみ)に、毒を盛ら
れて、絞め殺されるところなどは、長年の大河ドラマファン
としても、ちょっと、衝撃的過ぎましたからね~!!(汗)

まあ、今回の本多忠勝役の場合は、昨年の「真田丸」の
藤岡弘、さんバージョンと、比べられてしまうこともあると
思うんですが・・・。

また違った、豪快な忠勝役を見ることが出来るような気も
するので、何とか、少しでも、多くの場面で活躍することを
一応、期待はしております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga187

Taiga188

Taiga196

| | コメント (0)

【第31回】おんな城主 直虎

●第31回 「虎松の首」 2017年8月6日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 奥山六左衛門 (田中美央)
注 中野直之 (矢本悠馬)
△ 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 虎松 (寺田心)
△ 祐椿尼 (財前直見)
△ 高瀬 (髙橋ひかる)
△ なつ (山口紗弥加)
△ 亥之助 (荒井雄斗)
△ 中野直久 (山田瑛瑠)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 福蔵 (木下隆行)
△ 富介 (木本武宏)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、先週に引き続き、小野政次役の高橋
一生さんに、差し上げようと思っているんですが・・・。

やはり、井伊家と今川家の間で、大変、難しい演技力が
要求される中、素人目でも、いとも簡単に、こなしている
ように見えるのが、流石の一言なんでしょうかね!?

まあ、今川家の目付役としての表向きの顔と、井伊家の
家臣としての、裏の顔を使い分けをして、視聴者サイドと
しても、ハラハラしている部分もあると思うんですが・・・。

ちょっとした、顔の表情の変化や、微妙な仕草によって、
ここら辺の、細かなニュアンスを伝えて行くのは、俳優と
しても、相当に、難易度が高い演技力が必要とされるん
でしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

いや、先週も書いたように、最近では、その小野政次に
対する評価も、様々な視点からの検証により、いろいろ
と変わって来ているようですが・・・。

当時、武田信玄の駿河侵攻や、徳川家康の遠江侵攻が
始まる危機的な状況下の中で、井伊家を専横することが、
時間的にも、また、物理的にも可能だったのかどうかは、
もう少し、状況証拠を積み上げて行くことも、必要なんで
しょうかね!?(フフフ・・・)

Taiga176

Taiga179

Taiga178

まあ、このような永禄年間後半の遠江周辺の出来事を
語るには、井伊谷三人衆の行動も、大きく関わって来る
とは思うんですが・・・。

当時、今川家の傘下に入っていた彼らが、どのような
タイミングで離反して、その後、徳川家に付き従ったの
かは、大変、興味深いところですからね~!!

もちろん、目まぐるしく情勢が変化する中、地方の領主
たちも、生き残りを掛けて、厳しい選択を迫られて行く
訳なんですが・・・。

やはり、地政学的にも、有力大名が激突する要衝の地
でもあり、浜名湖沿岸という、経済的にも、重要な地域
の領主たちだったというのは、一応、理解しておくべき
ポイントなんでしょうかね!?(フフフ・・・)

個人的には、この井伊谷三人衆と、小野政次の微妙な
関係性などは、ドラマを展開する上でも、大変、難しい
ハンドリングが必要になって来ると思うんですが・・・。

まあ、これから、小野政次の最期の描写なども含めて、
脚本家・森下佳子さんの、一番の腕の見せどころでは
ないかと期待しております・・・。(ハハハ・・・)

Taiga181

Taiga182

Taiga186

それから、NHKの公式サイトで募集していた、中野直之
(矢本悠馬)と、奥山六左衛門(田中美央)のコンビ名が、
「ユキロック」に決まったということですが・・・。(笑)

何か、田中美央さんのブログによると、かなり、悩みに
悩んで、本人たちが選んだそうですね・・・。(フフフ・・・)

いや、この二人に関しては、自分も含めて、今回の大河
ドラマで初めて知ったという方も多いと思うんですが・・・。

特に、田中美央さんの、あの味のある演技については、
もう、ドラマには、欠かすことが出来ない存在と言っても
過言ではないんでしょうなぁ~!!(ハハハ・・・)

まあ、今週の場合は、虎松(寺田心)を守って、鳳来寺へ
旅立つシーンなどが、印象に残ったんですけど・・・。

鎖帷子を付けた、完全装備(?)ということで、今までとは
違った凜々しい感じに仕上がっていて、たぶん、メイク的
にも、戦闘仕様になっていたんでしょうかね!?(笑)

Taiga175

Taiga183

Taiga184

| | コメント (0)

【第30回】おんな城主 直虎

●第30回 「潰されざる者」 2017年7月30日放送

◎ 小野但馬守政次 (高橋一生)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
注 龍雲丸 (柳楽優弥)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 鈴木重時 (菅原大吉)
△ 近藤康用 (橋本じゅん)
△ 菅沼忠久 (阪田マサノブ)
△ モグラ (マキタスポーツ)
△ カジ (吉田健悟)
△ 福蔵 (木下隆行)
△ 富介 (木本武宏)
△ 八助 (山中崇)
△ 角太郎 (前原滉)
△ 甚兵衛 (山本學)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 今川氏真 (尾上松也)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPは、いろいろと、迷ったんですが、やはり、
重要なシーンでの存在感が目立った、小野政次役の
高橋一生さんに差し上げることにしました・・・。

まあ、ラストでの、「俺を信じろ、信じろ、おとわ」からの
次回予告での、「地獄へは、俺が行く」のセリフ回しで
シビれてしまった人も、多かったと思うんですが・・・。

これは、もしも、高橋@政次が、退場してしまった時の
いわゆる、「高橋一生ロス」は、我々が、想像している
以上に、間違いなく、大きなものになってしまうような
気もしますからね~!!(ホントに・・・)

何か、今年の上半期ブレイク俳優ランキングなどでも、
各世代で、ダントツの第1位ということなんですが・・・。

これから、10月からの朝ドラや、フジの月9などにも
出演が決まっているそうなので、とりあえず、ファンの
皆さんとしても、ホッとしているところもあるんでしょう
かね!?(フフフ・・・)

いや、小野政次に対する、奸臣の通説も、最近では
様々な検証から、見直されているようなので、最期の
描き方なども、大変に興味深い部分なんですが・・・。

まあ、NHKサイドとしても、これぞ、高橋一生という
最高の見せ場を作っていると思うので、ハードルは
超高目で期待している次第です・・・。(ハハハ・・・)

Taiga166

Taiga167

Taiga168

あと、来週、8月4日(金)放送の、「あさイチ」プレミアム
トークコーナーに、その高橋一生さんの出演が決まった
ということですが・・・。(なるほど・・・)

これは、熱烈なファン以外の方でも、とりあえず、録画を
して、チェックしておく必要があるんでしょうかね!?(笑)

いや、自分としては、以前、「スタジオパーク」に出演した
時の印象が強かったので、今回も、密かに期待している
一人なんですが・・・。(フフフ・・・)

この時に、あの「耳をすませば」(1995年)の天沢聖司役の
裏話をしていて、録音が終わった、1週間後に声変わりが
始まって、2週間後には、ガラガラ声になっていたそうです
からね~!!(凄いことですよね・・・)

もちろん、この当時の高橋一生さんは、まだ中学3年生の
14歳だったということで、まさに、間一髪の「奇跡の録音」
だった訳なんですが・・・。

結果的に、「耳をすませば」の出演が、俳優になる一つの
キッカケにもなったそうなので、ある意味、人生の重要な
岐路だったということなんでしょうなぁ~!!(ホントに・・・)

・第31回 「虎松の首」 (8月6日)
・第32回 「復活の火」 (8月13日)
・第33回 「嫌われ政次の一生」 (8月20日)

ちなみに、今後の「おんな城主 直虎」のサブタイトルに
ついては、このような感じになっているんですけど・・・。

たぶん、これを見る限りでは、高橋一生さんの出演は、
ラスト3回ということなので、十二分に、噛みしめながら
堪能したいとは思っております・・・。(フフフ・・・)

Taiga164

Taiga174

Taiga165

また、今週から始まった、海外ドラマ、「女王ヴィクトリア
愛に生きる」も気になっていたので、とりあえず録画して
見ていたんですけど・・・。(フフフ・・・)

これが、ほとんど、予備知識が皆無だったにも関わらず、
なかなか面白い内容で、最後まで、ガン見してしまった
というのが、本音でしょうかね!?(ハハハ・・・)

まあ、大まかなストーリーに関しては、あの大英帝国を
長きに渡って治めた、ヴィクトリア女王の若き日の愛と
孤独を描いた歴史ドラマということなんですが・・・。

ヴィクトリア女王役の、女優さん(ジェナ・コールマン)も、
かなり、良い感じに仕上がっているので、それだけでも
見る価値があるような気もするんですが・・・どうなんで
しょうかね!?(ハハハ・・・)

いや、確か、あの「映像の世紀」では、ヴィクトリア女王
の葬儀の映像が流れて、当時イギリスに留学していた
若き日の夏目漱石が、その葬列を見物したことも紹介
されていたんですが・・・。

やはり、ヨーロッパ王室の要とも言われていた、女王が
亡くなったことで、戦争の世紀に突入する歴史の大きな
曲がり角だったんだなぁ~と、改めて、納得してしまった
今日この頃です・・・。

まあ、その女王が、どのように、運命の男性と出会って、
周囲の反対を押し切って結婚に至るまでが、主な内容
かと思うんですが・・・。(フフフ・・・)

たぶん、ここら辺の19世紀の「ヴィクトリア朝」時代に
興味がある方には、必見のドラマかと思うので、一応、
お薦めだけはしておきます・・・。(笑)

Taiga159

Taiga161

Taiga162

| | コメント (0)

【第29回】おんな城主 直虎

●第29回 「女たちの挽歌」 2017年7月23日放送

◎ しの (貫地谷しほり)
○ 井伊直虎 (柴咲コウ)
▲ 小野但馬守政次 (高橋一生)
注 虎松 (寺田心)
△ あやめ (光浦靖子)
△ 瀬戸方久 (ムロツヨシ)
△ 奥山六左衛門 (田中美央)
△ 中野直之 (矢本悠馬)
△ 傑山 (市原隼人)
△ 昊天 (小松和重)
△ 松下常慶 (和田正人)
△ 酒井忠次 (みのすけ)
△ 山県昌景 (山本龍二)
△ 朝比奈泰勝 (ヨシダ朝)
△ 関口氏経 (矢島健一)
△ 瀬名 (菜々緒)
△ 徳川家康 (阿部サダヲ)
△ 今川氏真 (尾上松也)
△ 武田信玄 (松平健)
△ 寿桂尼 (浅丘ルリ子)
★ 南渓和尚 (小林薫)

今週のMVPに関しては、徳川と、井伊との同盟の証に
松下家に嫁ぐことになった、しの(貫地谷しほり)を選ぶ
ことにした訳なんですけど・・・。

やはり、大事な跡継ぎでもある、虎松(寺田心)との母子
関係や、直虎(柴咲コウ)との関わりなど、心情の変化を
見事に演じていたと高く評価をしております・・・。

いや、虎松役を演じている、寺田心くんも、相変わらず、
流石の一言だったんですけど、2008年生まれの9歳に
して、ここまでの演技が出来ることも、ちょっと信じられ
ないことですからね~!!(ホントに・・・)

何か、公式サイトの中で、貫地谷しほりさんが、見た目は
子供で、頭脳は大人のような「名探偵コナン」を見ている
ような感じと答えているんですが・・・。(ハハハ・・・)

今回、改めて、母親役を演じてみて、芸達者なところを
ヒシヒシと感じているんでしょうなぁ~!!(笑)

あと、演出についても、貫地谷@しのが、柴咲@直虎の
おでこを、ピタっと止めるシーンなど、なかなか、面白い
仕草だなぁ~と、思って見ていたんですけど・・・。

ここら辺は、細かなところなんですが、貫地谷しほりさん
の女優としての可愛らしい部分を、十二分に引き出して
いたような感じもしますよね~!!(フフフ・・・)

Taiga145

Taiga144

Taiga143

それから、貫地谷しほりさんと、大河ドラマとの相性の
良さを感じている方も、多いと思うんですが・・・。

●大河ドラマでの貫地谷しほりさんの配役

・ 「風林火山」 (2007年) : ミツ 役
・ 「龍馬伝」 (2010年) : 千葉佐那 役
・ 「八重の桜」 (2013年) : 高木時尾 役
・ 「おんな城主 直虎」 (2017年) : しの 役

やはり、自分も含めて、最初は、「風林火山」のミツ役で
ドップリと、ハマってしまった感じなんでしょうかね!?

いや、考えてみれば、この時の、貫地谷しほりさんは、
まだ22歳で、同年の秋から、朝ドラ「ちりとてちん」の
主役に抜擢される訳なんですが・・・。

ある意味、ミツ役が、結果的に、公開オーディションの
ような形になっていたんでしょうなぁ~!!(フフフ・・・)

まあ、今回が、幼い子供の母親役ということで、次回の
大河ドラマで、果たして、どのような役が回って来るのか
今から、非常に楽しみなところなんですけど・・・。(笑)

たぶん、30代半ばぐらいになって、更に演技にも磨きが
掛かって来ると思うので、ここは、ファンの皆さんとともに
首を長くして待つことにしましょう・・・。(ハハハ・・・)

Taiga150

Taiga151

Taiga152

あと、今週は、あやめ役の光浦靖子さんが、ストーリー
の展開上、貫地谷@しのの、「当て馬」(?)的な感じに
なっていたんですが・・・。(フフフ・・・)

いや、この光浦さん演じる、あやめには、何とか、幸せに
なって貰いたいと思っているは、たぶん、私だけではない
ような気もしますけどね~!!(ホントに・・・)

何か、ネット上では、瀬戸方久(ムロツヨシ)を、婿として
迎える案も出ているようですが・・・。(ハハハ・・・)

まあ、ここまでフリーハンドとして描いてしまうと、完全に
コメディ・パートになってしまいますからね~!!(笑)

いや、父親の、新野左馬助(苅谷俊介)が亡くなった後、
家中を取り仕切って、二人の妹も、無事に嫁がせている
ので、最初から見ている視聴者の方にとっても、かなり
思い入れがあると思うんですが・・・。(フフフ・・・)

もしも、光浦@あやめの花嫁姿を見ることが出来れば、
思わず、感動で目頭が熱くなってしまうのは、必至かと
思うんですけど・・・まあ、ここら辺の冒険は、なかなか
難しいところなんでしょうかね!?(ハハハ・・・)

それでも、寺田心くんたちとは、仲良くなって、帰りには、
一緒に、「大判焼き」などを食べているそうですが・・・。

気持ちは、完全に、親戚のおばちゃん状態だと、ネット
記事には、書いてありましたね・・・。(フフフ・・・)

Taiga155

Taiga156

Taiga158

| | コメント (0)

«【第28回】おんな城主 直虎